はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

仮想マシン作成・実行ソフト「VirtualBox 2.1」リリース

Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Change Log

サン・マイクロシステムズ、Sun xVM VirtualBox 2.0の法人向けサブスクリプション型サービスを販売開始

サン・マイクロシステムズは10月9日、デスクトップ仮想環境「Sun xVM VirtualBox 2.0」の法人向けサブスクリプション型サービスの販売開始を発表した。

xVM VirtualBoxは、30MBのモジュールで多くのOSをサポートし、xVM VirtualBoxは、x86システムにインストールされているほぼすべてのOS上で複数のゲストOSを実行できる仮想化ハイパーバイザ。従来からの主要ホストOSに加え、新たに64ビット版のWindows VistaやRed Hat Enterprise Linuxをサポートしている。今回販売開始された法人向けサブスクリプション型サービスを購入したユーザは、任意のソフトウェア運用ツールを使ってxVM VirtualBoxを運用することが可能となる。

Virtualboxは、独Innotecにより開発が進められていた仮想化ハイパーバイザ。Sunの、Innotecの買収により、同製品をSunのxVMの一部として「Sun xVM VirtualBox」が提供される。開発者は、「Sun xVM VirtualBox」を使用して、仮想化アプリケーションが作成できる。これを使用することで、開発者は最適な環境で開発を行うことができ、ひとつの開発マシン上で複数のオペレーティングシステムを稼働させてアプリケーションを検証することができる。アプリケーションを開発した後は、「xVM Ops Center」に管理された「Sun xVM Server」を使用し、より精巧な運用テストが実施できる。テスト終了後、「Sun xVM Server」を使用して本格稼働させることができる。配備後の運用ステータスを「Sun xVM Ops Center」によって監視し、管理できる。

法人向けサブスクリプション型サービスの価格は、1ユーザにつき年間4,176円からで、100ユーザ分以上からの販売となる。個人目的、教育目的、評価目的の場合は無償で利用できる。xVM VirtualBoxのダウンロードはWebサイトから行うことができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

サン、仮想化ハイパーバイザ「xVM Server」のソースコードを公開、管理コンソールもリリース

米Sun Microsystemsは9月10日(現地時間)、「xVM Server」のソースコードをGPLv3ライセンスの下で公開すると発表した。また同日、管理コンソール「xVM Ops Center 2.0」のリリースも発表した。

「xVM Server」は、SunやHP、IBMなどが提供するx86ハードウェア上でWindowsやLinux、Solarisを仮想化して動作させることができる仮想化ハイパーバイザ。仮想化ハイパーバイザ「Xen」の技術をベースとし、OpenSolarisの技術を採り入れて開発されている。xVM Serverは、従来はベータ版として限定的に提供されてきた。今回、xVM ServerのソースコードはGPLv3の下で公開されており、オープンソースソフトウェアとして公開されたことになる。

「xVM Ops Center 2.0」は、仮想マシンの作成、管理、xVMの動的マイグレーションなどが実現する管理コンソール。xVM Serverにもこれらの機能はあるが、xVM Ops Centerを利用すると、これらの機能を簡単に利用できるようになる。

xVM Serverのソースコードは、xVMserver.orgにて公開されており、無償で入手できる。「xVM Server」については、10月にサポートやアップデートなどの有償サービスがついた商用版がリリースされる予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
xVMserver.org
xVM製品情報
openxvm.org

マイクロソフトとノベル、WindowsとLinuxの混在環境に最適化した仮想化ソリューションに関する提携関係を強化

「Windows Server 2008 Hyper-V」に対し、このソリューションのゲストOSとして「SUSE Linux」を組み合わせ、最適化した上で提供する、というもの。これにより、WindowsとLinuxの混在環境に最適化された環境を提供することになるという。

マイクロソフトとノベルは、2006年11月に提携を発表しており、今回の発表はこの提携の一環と位置づけられる。今回発表されたソリューションは、両社が共同で設立したInteroperability Lab.によって共同開発された技術が採用されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(英語)
Interoperability Lab.

米RedHat、仮想化機能KVMの開発元Qumranetの買収を発表

米RedHatは9月4日(現地時間)、仮想化機能KVMの開発元であるイスラエルのQumranetの買収を発表した。

Qumranetは、デスクトップ仮想化技術であるSolidICEや、Linuxのカーネル上で別のLinux仮想マシンを常駐させることができる仮想化技術KVMFront_Page(Kernel-based Virtual Machine)の開発元。SolidICEにはサーバ・クライアント間の通信を行う接続プロトコルが含まれている。RedHatは、SolidICEの機能を応用し、サーバ上に構築された仮想マシンでデスクトップ環境を動作させる仕組みを構築していくという。また、同社は今後長期的に、OSに組み込まれた仮想化技術を、サーバ・デスクトップの両用途向けに浸透させることを目指すという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース(英語)

日商エレクトロニクス、消費電力最適化機能を備えたサーバ仮想化ソフトウエア「Virtual Iron4.4」を発表

Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Virtual Iron製品情報

ノベル、Xenによるサーバ仮想化スターターキットの販売を開始

ノベルは8月7日、中小企業を対象に「Xen仮想化スターターキット」の販売開始を発表した。

同キットは、Windowsサーバ仮想化を手早く行うソリューション構成。キットの構成は、日本IBMのx86サーバ「IBM System x シリーズ」と、オープンソース仮想化ソフトウェアXenを標準搭載したノベルの「SUSE Linux Enterprise Server 10」、および仮想化されたWindowsを高速に動作させるドライバ「SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack」、およびソリューションを構築するための「構築ガイド」となっている。キットの販売問合せ、サポート及び窓口はサイオスが提供する。

「Xen仮想化スターターキット」は、あらかじめサンプル構成されているサーバ1台で完結し、これまで仮想化で必要とされていた共有ストレージを必要としない構成になっており、ライセンス価格を必要としないなど価格も抑えてあり、中小企業に向けた構成になっているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

米VMware、仮想ハードディスク操作ソフトの開発キット「VMware Virtual Disk Development Kit 1.0」リリース

米VMwareは4月11日(現地時間)、VMwareの仮想ハードディスクを操作するソフトウェアの開発キット「VMware Virtual Disk Development Kit 1.0」を公開した。

「VMware Virtual Disk Development Kit」は、仮想ハードディスクファイル(VMDK)を操作するためのCライブラリ、コードサンプル、ユーティリティ、ドキュメントから構成されている。その他、仮想ディスクをWindowsまたはLinuxから編集およびマウントできるユーティリティなども含まれる。

「VMware Virtual Disk Development Kit 1.0」は、Webサイトからダウンロードできる(ダウンロードにはユーザ登録が必要)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
VMware Virtual Disk Development Kit

筑波大学、高セキュリティを実現する仮想マシンOS「セキュアVM」を実現するソフトウェア「BitVisor」の開発初期版を公開

筑波大学セキュアVM開発室は3月19日、高セキュリティ機能を持つ次世代OS環境「セキュアVM」を実現するソフトウェア「BitVisor」の開発初期版の公開を3 月19 日より開始しま

セキュアVMとは、セキュアVMプロジェクトが開発に当たっているセキュリティ対策のための仮想マシンOS。「BitVisor」は、セキュアVMを実現する仮想マシンモニタ(VMM)。BitVisor では、クライアントPC における情報漏洩を防止するために、仮想マシン(VM)の技術を利用して、WindowsやLinuxなどのOSから独立した形でセキュリティ機能を実現する。具体的には,ストレージやネットワークの暗号化、ID 管理などの機能を仮想マシンで実現することにより、PCやUSBメモリの盗難や紛失、ウィルス感染などによる情報漏洩を防ぐ。

セキュアVM プロジェクトは現在、文部科学省の科学技術振興調整費で採択された研究課題として実施されている。

BitVisor の開発初期版は、オープンソースソフトウェアとしてバイナリ・ソースコード・VPNクライアントが公式Webサイトにて公開される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
セキュアVM公式サイト
プレスリリース(pdf)

プロトン、トレーニングDVDつき仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0 for Mac トレーニングDVD バンドル版」を3月14日より販売

20 / 21« 先頭...10...1718192021
 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress