はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

レッドハット、Linuxでの仮想化技術習得を目的とした新規トレーニングコースを開講

レッドハットは12月12日、「Red Hat Enterprise Linux 5」に搭載されている仮想化技術を習得する新しいトレーニングコース「Red Hat Enterprise Linux Virtualization コース」の開講を発表した。

同コースは、仮想化の概要からインストール、設定、管理まで、講義とハンズオン形式の演習を通じて2日間のトレーニングで学ぶ。対象は、既に「Red Hat Enterprise Linux」の設定や管理などの基本的な技術を習得しており、今後仮想化環境の構築や運用を求められるシステム管理者など。

受講価格は、2日間のコースで102,900円(税込)です。第1回目のトレーニングは2008年1月28日に開講予定。会場は東京。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Red Hat Enterprise Linux Virtualizationコース詳細

ネットワールド、VMware向けのバックアップソフト「NetVault Backup for VMware Infrastructure」を販売

仮想マシン作成・実行ソフト「VirtualBox 1.4.0」リリース

Webサイトから入手できる(バイナリ版は個人利用・評価目的に限り無償利用可能)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
VirtualBox
User Manual(pdf、英語)

XenSource、SCS、CTCの3社、商用の「XenSource」のサーバ仮想化製品を日本市場に投入

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress