はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

サンディスク、世界最小サイズで最大64GBの新型SSD製品「iSSD」を発表

サンディスクは8月19日、切手より小型でありながら既存のストレージソリューションを上回る性能と容量を提供する、新カテゴリー「組み込みSSD」として最初の製品「iSSD」を発表した。

「iSSD (integrated SSD)」は、世界最小サイズでありながら、4GBから64GBまでさまざまな容量がとり揃っており、タブレットPCや超薄型ノートPCなど、急成長を続けるモバイルコンピューティングプラットフォーム向けに設計されている。特徴は、切手より小型サイズで重さは1g以下であり、モバイルに理想的な高速性能と信頼性を実現している、4GBから64GBまで幅広い容量を提供、などとなっている。なお、携帯性の高い家電機器用のストレージカテゴリとなる「組み込みSSD」カテゴリーは、市場調査会社のIDCにより、新カテゴリーとして認定された。

「iSSD」は、OEM向けにサンプル提供されており、現在主要なメーカーが評価を行っている。サイズは16mm x 20mm x 1.85mm、重量は1グラム以下で、BGAの形状とSATAインターフェースを採用しており、主要なOSとの互換性がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

東芝、搭載機器から取りはずすと記録データを無効化するハードディスクを開発

東芝は8月10日、搭載機器から取り外すと、瞬時に記録データを無効化するハードディスクの開発を発表した。データの盗み出しを防止する機能として開発された。

このハードディスクドライブは、暗号化技術を応用した新技術で、取りはずしたときなどに記録データを自動的に無効化する、世界で初めての技術になるという。今後、同社の暗号化機能付きHDDにオプションとして搭載し、パソコンやOA機器からのHDD盗難による情報漏えい防止、機器のリース期間終了時や廃却時などのデータ消去を簡単に行う方法として提案していくという。

開発した技術は、ディスクに記録された暗号化データを解読するための「暗号鍵」について、搭載機器から取りはずすなど、HDDへの電源供給が断たれた時に自動で消去し、記録データを瞬時に解読不能とすることで無効化する技術。本技術では、HDD内の記録領域を複数に分割し、各領域について「電源オフ時にデータを無効化する」、「電源オフでもデータは無効化せず暗号化状態で保護する」などの属性設定が可能。新しいHDDの情報セキュリティ技術として提供していくという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress