はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ファイル暗号化ツール「アタッシェケース 3.5.0」リリース

Windows向けファイル暗号化ツール「アタッシェケース」の最新版、「アタッシェケース 3.5.0」が7月11日にリリースされた。

「アタッシェケース」は、パスワードだけでなく、任意のファイルを解除キーとしてファイルやフォルダを暗号化・復号できるツール。解除キーとして使用するファイルをドラッグ&ドロップして[暗号化]ボタンを押せば暗号化できる。ファイルを復号するときには、暗号化されたファイルをアタッシェケースのアイコンにドラッグ&ドロップした後、解除キーのファイルをドラッグ&ドロップすればよい。常に同じファイルを解除キーとして用いる設定も可能で、メモリカードなどに復号用ファイルを保存しておけば、ハードウェアキーのようにファイルを復号できる。

「アタッシェケース 3.5.0」では、期限切れとなった証明書に代わり新しいコードサイニング証明書が実行ファイルに付与されたほか、パスワードの強度を「脆弱/弱い/やや弱い/安全/高安全」で表示する機能が追加されるなど、いくつかの新しい機能が追加されている。

「アタッシェケース 3.5.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アタッシェケース

「VirtualBox 6.0.10/5.2.32」リリース

VirtualBoxの最新版、「VirtualBox 6.0.10/5.2.32」が7月16日(現地時間)リリースされた。

VirtualBoxは、ホスト上に仮想マシンを作成し、その上で別のOSを実行することができるソフトウェア。Windows版、Linux版、 BSD版などが用意されており、個人利用または評価目的の場合は無償で利用可能。また、ソースコードがOSE版としてGPLの下で公開されている。

VirtualBoxでは、仮想マシンからUSB機器を利用したり、Windowsのリモートデスクトップ接続を仮想マシンへ接続する、などが可能。3Dアクセラレーションをサポートしており、64ビットゲストにも対応している。

「VirtualBox 6.0.10/5.2.32」では、Oracleが四半期ごとに実施する定例セキュリティアップデートも施されている。このアップデートにより、重要な脆弱性の修正も施されているため、ユーザはアップデートが強く推奨される。

VirtualBoxはWebサイトから入手できる。非オープンソースのバイナリが含まれる「Extension Pack」は、個人利用に限り無償で利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log

サイバートラスト、AWS環境対応の仮想アプライアンス型の統合システム監視モジュール「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」を提供開始

サイバートラストは7月11日、「Amazon Web Service(AWS)」環境向けのシステム監視バーチャルアプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V4.0 for AWS」を提供開始すると発表した。

「MIRACLE ZBX Virtual Appliance」は、オープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとし、サイバートラストが独自に開発した統合システム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」シリーズの1つ。VMware仮想化基盤を活用している企業を主な対象に、仮想化環境での監視ニーズに応える製品として、VMware環境への監視サーバのインストールおよび構築の実現の煩雑さを解消する。「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」は、AWS上のシステムだけでなく、AWSとオンプレミスのハイブリッドクラウド環境を監視することで市場のニーズに対応する。

AWS 独自の監視ソフトウェア「Amazon CloudWatch」はAWS が主な監視対象だが「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」 を導入すると、AWS 上のシステムとオンプレミスのシステムを1つのソフトウェアで一元的に監視することが容易になり、監視の簡素化と優れたコストメリットが期待できる。また、「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」は監視項目のカスタマイズや、 CloudWatch では容易に利用できない機能を補完することも可能です。

「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」の標準価格は、MIRACLE ZBX サポートインシデント込み・監視対象 1〜99 台、年間インシデント数5件で年間600,000 円から(税別)、年間インシデント数無制限で年間1,200,000円から(税別)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

オープンソースのアプリケーション開発フレームワーク「Flutter 1.7」リリース

 Flutter.devは7月10日(現地時間)、オープンソースのアプリケーション開発フレームワーク「Flutter 1.7」をリリースした。

オープンソースのAndroidライブラリ「AndroidX」のサポートといった新機能が加わっている

 「Flutter」は、クロスプラットフォームのアプリケーション開発フレームワーク。モバイルアプリケーション(iOSおよびAndroid対応)開発環境として開発が始まり、現在ではWebアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどさまざまなアプリケーションの開発に対応している。コードを記述している間にビルドを行い変更を反映する「ホットビルド」などの機能を持つ。

 「Flutter 1.7」では、新しいAndroidのライブラリ「AndroidX」のサポートが加わったほか、一つのサブミッションから64bitと32bitの両方をターゲットにできる「Android App Bundles」に対応した。その他にもさまざまな変更が加わっている。

 「Flutter 1.7」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

Check Point、2019年6月のマルウェアランキングおよび「Emotet」の動向について注意喚起

Check Pointは7月9日(現地時間)、2019年6月のマルウェアランキングおよびバンキングトロジャン「Emotet」の動向について注意喚起を発表した。

PCマルウェアとしてのランキングは1位「XMRig」、2位「Jsecoin」、3位「Cryptoloot」、4位「Dorkbot」となっており、「Emotet」は5位まで下がっている。「Emotet」はこれまで数か月続いていたアクティビティが下がっている。一方、以前にもトロイの木馬が沈黙ののちに猛威を振るった前例はいくつかあり、「Emotet」もメンテナンス・アップデートのために活動が低下している可能性が高く、今後新しい脅威となる可能性が高いとしている。

なお、モバイルマルウェアのランキングは1位「Lotoor」、2位「Triada」、3位「Ztorg」となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

「FreeBSD 12.0-RELEASE」リリース

FreeBSD Projectは7月9日(現地時間)、FreeBSD RELEASEバージョンの最新版、「FreeBSD 11.3-RELEASE」をリリースした。amd64、i386、powerpc、powerpc64、armv6、aarch64などをサポートしている。

「FreeBSD 11.3-RELEASE」は、「FreeBSD 11系列」の最新のアップデートリリースとなる(FreeBSDの最新系列は「FreeBSD 12」)。「FreeBSD 11.3-RELEASE」では、収録パッケージがアップデートされているほか、プロセス終了記録時に「jail ID」が記録されるようになった。また、RFC 8221で非推奨扱いとなったIPSecアルゴリズムについての警告が追加されるなど、複数の改善が施されている。

「FreeBSD 11.3-RELEASEは、ミラーサイトなどから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
リリースノート

日立ソリューションズ、画像認識人工知能を活用した「類似図面検索AIソフトウェア」を発表

日立ソリューションズは7月8日、画像認識人工知能(AI)を活用し、大量の図面から類似率の高い順に図面検索できる「類似図面検索AIソフトウェア」を発表した。

 「類似図面検索AIソフトウェア」では、日立ソリューションズの独自技術によりAIが図面の特徴を学習することにより、10万件を超える図面から類似する図面と図面内の部品を数秒で検索できる。同製品を利用することで、技術者は既存の図面を再利用して設計するなど、業務の効率向上を図ることも期待できるほか、不良が発生した部品の類似品を見つけ出すことで、早期に対策を打てるようになり、不良の再発生のリスクを抑止することも可能になるという。同製品の導入については、Web APIによって既存の業務システムとシームレスに連携することで、既存環境を大幅に変更する必要がないことも特徴。

 日立ソリューションズは、同製品を「画像判定ソリューション」のラインナップに追加し、製造業などを中心に図面を扱うさまざまな業界に提供していく。

 販売価格は個別見積り。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Cisco Systems、同社が実施する認定試験に大幅な変更

Cisco Systemsは6月17日(現地時間)、同社が実施する認定試験に大幅な変更を加えると発表した。変更は2020年2月24日。

変更の内容は、
○CCENT (Cisco Certified Entry Networking Technician)とCCNA(Cisco Certified Network Associate)を、2020年2月24日にCCNA(200-301)試験に統一

○以下の認定試験を廃止
「CCDA」「CCNA Cloud」「CCNA Collaboration」「CCNA Cyber Ops」「CCNA Data Center」「CCNA Industrial」「CCNA Routing & Switching」「CCNA Security」「CCNA Service Provider」「CCNA Wireless」

○新しい資格試験の実施
「Cisco Certified DevNet Associate」「Cisco Certified DevNet Specialist」「Cisco Certified DevNet Professional」を新たに実施
DevNetはソフトウェア開発者、DevOpsのエンジニア、オートメーションスペシャリストなどの専門家としてのスキルを検証する

○CCNP資格を以下の5種類に変更
「CCNP Enterprise」「CCNP Data Center」「CCNP Security」「CCNP Service Provider」「CCNP Collaboration」「Cisco Certified DevNet Professional」

○CCIE試験の変更

となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

サイバートラスト、製造業向けIoT 用Linuxおよび製品の長期利用支援サービス「EM+PLS」を発表

サイバートラストは7月9日、IoT機器の長期使用を実現するサービス「EM+PLS」を2019年秋より提供すると発表した。また、同サービスを構成する要素として、組み込み向けLinux OS「EMLinux」の試用版を提供開始する。

「EM+PLS」は、3つの要素を長期にわたって提供し、IoT 製品の長期間・継続的な提供を支援するサービス。

○長期的にファームウェアアップデートができソフトウェアの脆弱性対応が可能な組み込みLinux とその仕組み
○国際機関認定の認証局が運営するIoT認証基盤で信頼の起点を担保し、IoT機器が本物であることを担保するトラストサービス
○IoT 関連の法改正や変化するコンプライアンスに対応し、製造から廃棄までのサプライチェーンをトラストチェーンに変えるツール群

EM+PLS はコア機能であるEMLinux 試用版をWebサイトに公開している。同社はEMLinuxについて、パートナーや企業ユーザーに対して使用感などのフィールドテストを行い、2019年秋のサービス提供開始を目指すとしている。また、提供開始後も機能拡張を含め段階的にアップグレードを実施する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

PingCap、オープンソースの分散型データベース「TiDB 3.0」をリリース

 PingCapは7月1日(現地時間)、オープンソースの分散型データベース「TiDB 3.0」をリリースした。

 「TiDB」は、PingCapが開発したオープンソースの分散型データベース。MySQLプロトコルと互換性を持ち、クラウドネイティブであり、OLTPとOLAP両方の性質を持つことを目標としている。「TiDB 3.0」では、ストレージレイヤとしてTiFLASHを採用したほか、hotRegionスケジュールの設定におけるパラメータの充実化、分散ガベージコレクタの改善など、さまざまな機能改善が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress