はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

富士通、理化学研究所にスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始

富士通は12月2日、理化学研究所と共同で開発したスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始した。

今回出荷される第一号機は、スーパーコンピュータシステムである「富岳」を成すコンピュータラックの1つ。同社は今後も順次、兵庫県神戸市にある理化学研究所の計算科学研究センターに向け出荷・納入し、設置・調整を行う。

スーパーコンピュータ「富岳」は、富士通がArm命令セットアーキテクチャを採用して開発した高性能CPU「A64FX」15万個以上を高速ネットワーク「TofuインターコネクトD」で接続する超大規模システム。「富岳」は、「京」と比較し、最大で100倍のアプリケーション実効性能を、約3倍程度の消費電力で実現することを目指して開発されている。そのプロトタイプは、11月17日から11月22日まで米国デンバーで開催されたハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議「SC19」において、優れた消費電力性能を示す「Green500」で世界1位を獲得している。

同社は、2021年から2022年頃を目指す共用開始に向け、順次「富岳」の出荷および設置と調整を行う。また、同社は「富岳」の技術を活用した商用スーパーコンピュータ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」および「PRIMEHPC FX700」をグローバルに提供していくことで、新薬の開発、防災・減災などの安心安全な社会の実現など、社会的課題の解決や最先端研究の推進をするとともに、様々な業種のユーザに提供していく。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Canonical、2020年リリースの「Ubuntu 20.04 LTS」についてリリース前アンケート実施、幅広い参加を呼び掛け

Canonicalは12月9日(現地時間)、2020年にリリースされる「Ubuntu 20.04 LTS」について、リリース前アンケートを実施すると発表した。

 このアンケートは、Ubuntuの次期リリースである20.04についてのもの。20.04はLTS(長期サポート版)としてリリースされ、2年間サポートが継続される。Canonicalは、アンケートの結果を基に「Ubuntu 20.04 LTS」の機能を調整していくという。より多くの回答を集めるため、多くのユーザにアンケートへの参加を呼び掛けている。

 アンケートの回答を行うには、Webページに移動した後、移動先の下部「The Ubuntu 20.04 LTS Survey」に移動し、ここに回答を入力すればよい。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Ubuntu 20.04 LTS Pre-release Survey

Preferred Networks、深層学習の研究開発基盤をPyTorchに移行、Chainerはメンテナンスフェイズへ

Preferred Networks(PFN)は12月5日、研究開発の基盤技術である深層学習フレームワークを、同社開発のChainerからPyTorchに移行すると発表した。また同時に、PyTorchの開発コミュニティと連携し、PyTorchの開発に参加することも発表した。

PFNが開発・提供するChainerは、2015年6月にオープンソース化されて以来、PFNの研究開発を支える基盤技術として利用されてきた
しかし近年、深層学習フレームワークが成熟したことで、深層学習フレームワークの差異による差別化競争を継続するよりも、深層学習技術のさらなる進化に向け、ユーザが選ぶ深層学習フレームワークにおいてコミュニティを継続的に発展させ、健全なエコシステムを築いていくことが重要と判断した。この判断に基づき、PFNは深層学習の研究開発基盤をChainerの開発思想に最も近い「PyTorch」に移行するという。

これに伴い、Chainerは同日公開されたメジャーバージョンアップとなる「Chainer 7」をもってメンテナンスフェーズに移行する。Chainerユーザ向けには、PyTorchへの移行を支援するドキュメントおよびライブラリが提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

ラック、マルチクラウドにおける基盤構築・管理の自動化を支援する「Terraform Enterprise」の取り扱いを開始

ラックは12月9日、HashiCorpの「Terraform Enterprise」の取り扱いを開始すると発表した。

「Terraform Enterprise」は、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境に向けて提供されるIaC(Infrastructure as Code)製品。複雑化したクラウド環境に構築された情報システムを運用するために必要な機能が提供されている。

ユーザは、テキスト形式のファイル上に「どこのクラウドサービスのデータセンタで」「どのようなスペックを持つ仮想マシンやリソースを使うのか」といったインフラの状態をプログラムコードとして記述し、各クラウドへ反映する。クラウドが数千台に及ぶような場合でも、GUIを通した手作業による設定を行うことなくインフラ環境の構築、変更を自動で行うことができ、人為的なミスを防ぐことができる。またコードでインフラの状態を記述することにより、プログラムのバージョン管理を行うGitHubなどのソースコード管理ツールを用いてインフラの状態のレビュー、バージョン管理、テスト、デバッグなどが可能となり、再現や複製も容易になるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

オープンソースのコンテナ管理ツール「Kubernetes 1.17」リリース

Googleは12月9日(現地時間)、オープンソースのコンテナ管理ツール「Kubernetes 1.17」をリリースした。

「Kubernetes」は、Dockerコンテナの作成、レプリケーション、管理機能などを搭載し、運用を自動化するツール。複数のコンテナを1つのシステムとして扱うことができる。

「Kubernetes」の技術は、Googleで既に採用されており、Googleのプログラムを実行すると、プログラムはGoogleのコンテナ技術「lmctfy」によって実行される。「Kubernetes」は、その際に、複数のコンテナを作成し、管理を行うツールでもある。

「Kubernetes 1.17」では、クラウドプロバイダラベルが安定扱いとなったほか、Kubernetes Volume Snapshotがbeta扱いとなった。また、CSIマイグレーションにも変更が加わるなど、さまざまな機能強化・拡充が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
GitHub

Python向けWebアプリケーションフレームワーク「Django 3.0」リリース

 Python向けWebアプリケーションフレームワーク「Django 3.0」が12月2日、リリースされた。

9年ぶりのメジャーリリースとなる「Django 3.0」を発表した。サポートするPythonのバージョンが3.4~3.6となり、Python 2系のサポートは終了した。また、後方互換性のない変更も加わっている。

 「Django」は、Pythonで実装され、Pythonに向けたWebアプリケーションフレームワーク。MVCアーキテクチャを採用しており、Webアプリケーションの作成に必要なコンポーネントとセキュリティ機能を提供する。

 「Django 3.0」は、メジャーアップデートリリース。サポートするPythonのバージョンが3.6~3.8となり、MariaDBは10.1以降が必要となる。また、非同期処理のフルサポートを目指すための変更が多数施されている。この他にも、新しい関数の追加、機能の強化、コマンドなど、様々な強化が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Webデザイナ・開発者向けエディタ「Brackets 1.14.1」リリース

Brackets.ioは12月5日(現地時間)、開発者・Webデザイナ・開発者向けエディタ「Brackets 1.14.1」をリリースした。

「Brackets」は、Adobe Systemsが主導となって開発しているテキストエディタ。HTMLやCSS、JavaScriptなどの編集を行うために適しており、Webデザイナや開発者向けのエディタとなっている。別のファイルに記述されたCSSやJavaScriptをHTMLタグから呼び出して編集を行うことのできる「クイック編集」機能や、Google Chromeをデバッグモードで起動してライブプレビューを行う機能などを備えている。対応OSはWindows、Mac OS X、Linux。

「Brackets 1.14.1」では、セキュリティ上の問題(DNSリバインディングの恐れ)から、「Chromium Embedded Framework(CEF)」のデバッガをデフォルトで無効とし、CEFを有効化するためにはコマンドを実行するように改められた。

Bracketsは、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性

OpenSSL.orgは12月6日(現地時間)、「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性が発見されたと発表された(CVE-2019-1551)。

今回発表された脆弱性はMontgomery squaring procedureのバグによるもので、悪用されるとバッファオーバーフローの恐れがある。なお、重要度は「Low」となっており、修正版はリリースされていない。ただし、Linuxベンダーにより手が加えられているケースもあり、ユーザは情報を確認の上、アップデートなどを施すことが推奨される。

この脆弱性の影響を受ける可能性があるバージョンは「1.1.1-1.1.1d」「1.0.2-1.0.2t」となっている(1.0.1およびそれ以前のバージョンはサポート終了)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Security Advisory

オープンソースのCMS「Drupal 8.8.0」リリース

drupal.orgは12月4日(現地時間)、オープンソースのCMS「Drupal 8.8.0」をリリースした。

「Drupal」は、当初はBBSシステムとして開発されたシステム。PHPで実装されており、ApacheやIISで動作する。動作にはMySQL、PostgreSQL、MongoDBなどのRDBMSが必要。Drupalはユーザ管理、レイアウトカスタマイズ、ブログ作成システム、フォーラムなどCMSの基本的な機能をカバーしている。

「Drupal 8.8.0」では、Media Libraryが安定扱いとなったほか、管理テーマClaroがに実験的に搭載された。この他にも複数の機能強化、バグフィクスなどが施されている。

「Drupal 8.8.0」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

情報処理推進機構(IPA)、7テーマ、22種類からなる情報セキュリティ・モラルに関する指導者向け教材を公開

情報処理推進機構(IPA)は11月28日、7テーマ、22種類からなる情報セキュリティ・モラルに関する指導者向け教材を公開した。

この教材は、「小学校低学年」「小学校高学年」「中学生・高校生」「保護者・一般」の対象者別に、「SNSとのつきあい方」「知っておきたい情報セキュリティ」など、7つのテーマで構成されている。教材の主な特徴としては、「①講義要領やパワーポイントのノート機能を充実させ、事象や用語に精通していない指導者でも講義が可能なこと」「② 受講対象者の理解度に合わせた単語や表現を用いていること」「③ 対象、テーマ、実施時間に合わせ、22種類の資料を組み合わせて使用することが可能なこと」が挙げられている。

教材は、Webサイトに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress