はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ヴイエムウェア、「VMware vSphere 4.1」を発表、中堅・中小企業向け仮想化製品を強化

ヴイエムウェアは7月14日、中堅・中小企業 (SMB企業) 向け「VMware vSphere 4.1ソリューション」を発売開始したと発表した。VMwareプラットフォームをSMB企業向けに提供することで、ユーザは1CPU当たり約1万円で仮想環境を迅速に導入できるという。

「VMware vSphere 4.1」のリリースに伴い、同社はSMB企業向けの仮想化製品を拡充し、価格設定も新たに、同市場向けに提供していく。今回追加された「VMware vMotion」が実現するライブマイグレーション機能により、業務を中断することなく仮想マシンを移行できるほか、ワークロードを最適な環境に移動することで物理システムを効果的に統合し、リソースプールを利用することが可能になるという。また、VMware vSphere製品群と同じ基盤のハイパーバイザアーキテクチャで構成されている「VMware vSphere Hypervisor」を無償提供。企業は本番の仮想化環境を迅速に実装・展開し、サーバ統合、コスト削減、消費電力の低減を実現する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
小規模企業向けvSphereエディションの比較

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress