はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

シトリックス、仮想化プラットフォームの最新版「Citrix XenServer 5.6」を発表

シトリックスシステムズジャパンは6月15日、Citrix XenServerの最新版「Citrix XenServer 5.6」の提供開始を発表した。

「Citrix XenServer 5.6」は、オープンソースのハイパーバイザ「Xen 3.4」を基に、エンタープライズクラスの仮想化プラットフォームを、仮想インフラの構築・管理に必要な機能と共に、無償もしくは手頃な価格で提供する。また、同社は新しい低価格の「Citrix XenServer Advanced Edition」を導入し、無償版を運用している企業やクラウド顧客が、より先進的な高可用性や管理機能を安価かつ容易に追加できるようになっている。

「Citrix XenServer 5.6」は、仮想化環境の管理において、IT管理者が直面する問題の解決に役立つ新機能を追加している。「無償版」では、任意の台数のサーバを使用したエンタープライズクラスの仮想化環境の配備と、一元管理するための機能をコスト無しで提供する。「Advanced Edition」では、無償版に含まれている全機能に加え、動的メモリ制御、高可用性、詳細なレポートおよびアラート機能が含まれている。本版は、企業顧客やクラウドサービスプロバイダが、自社の仮想インフラを使用して高可用性を持つアプリケーションサービスを提供するためソリューションを提供することを目的としている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Citrix XenServer製品情報

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress