はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「VirtualBox 3.2.6」リリース

VirtualBoxの最新版、「VirtualBox 3.2.6」が6月25日(現地時間)リリースされた。

VirtualBoxは、ホスト上に仮想マシンを作成し、その上で別のOSを実行することができるソフトウェア。Windows版、Linux版、 BSD版などが用意されており、個人利用または評価目的の場合は無償で利用可能。また、ソースコードがOSE版としてGPLの下で公開されている。

VirtualBoxでは、仮想マシンからUSB機器を利用したり、Windowsのリモートデスクトップ接続を仮想マシンへ接続する、などが可能。3Dアクセラレーションをサポートしており、64ビットゲストにも対応している。

「VirtualBox 3.2」系列は、ゲストOSとしてMac OS Xをサポートしている。今回の「VirtualBox 3.2.6」では、32bitホストにおいて64bit SMPゲストに対応。また、32bitホストで64bitゲストを動作させようとするとクラッシュしてしまう問題も修正されている。Mac OS Xゲストに関する不具合も修正されている。

VirtualBoxにはバイナリ版とOSE版があり、共にWebサイトから入手できる。OSE版(Open Source Edition)はGPLライセンスの下で配布されているため無償で利用可能、バイナリ版は個人利用・評価目的に限り無償利用可能となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ChangeLog

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress