はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular 8.0」リリース

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular」の最新版、「Angular 8.0」が5月28日(現地時間)、公開された。

「Angular」は、Webアプリケーション、スマートフォン・PC向けアプリケーションの開発を行うことができるオープンソースのJavaScriptアプリケーションフレームワーク。「Angular 8.0」は、レンダリングパイプラインIvyが試験的に加わったほか、モジュール遅延読み込みの設定に「Dynamic Import」が利用できるようになるなど、いくつかの修正が加わっている。

「Angular 8.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log(GitHub)

脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1c、1.1.0k、1.0.2s」リリース

OpenSSL.orgは5月29日(現地時間)、「OpenSSL 1.1.1c、1.1.0k、1.0.2s」をリリースした。

今回リリースされた「OpenSSL 1.1.1c、1.1.0k、1.0.2s」は、不具合を修正したメンテナンスリリース。「1.1.1c」および「1.1.0k」ではCVE-2019-1543などが修正されており、1.0.2sでは軽微な不具合が修正されている。ユーザはアップデートが推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ChangeLog

HHVM Project、Hack実行環境「HHVM 4.7.0」リリース

HHVM Projectは5月28日(現地時間)、Hack実行環境「HHVM 4.7.0」をリリースした。

「HHVM」は、「HipHop Virtual Machine」の略で、PHPベースのプログラミング言語Hackで作成されたコードを実行するための仮想環境。PHP Licenseの下で、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

「HHVM 4.7.0」はメジャーアップデートリリース。「HHVM 4.7.0」では型チェッカーに新しい型推論エンジンが採用されるなど、複数の機能強化および安定性強化が加わっている。

「HHVM 4.7.0」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

「PostgreSQL 12」のベータ版が提供開始

PostgreSQLグローバル開発グループは5月23日(現地時間)、次期バージョンとなる「PostgreSQL 12」のベータ版のダウンロード提供を開始したと発表した。

今回リリースされた「PostgreSQL 12」のベータ版には、「PostgreSQL 12」で採用される予定の機能がすべて盛り込まれている。ただし、今回のリリースはあくまでベータ版であり、正式リリースではないため、正式リリースでは変更が加わる可能性もあるとしている。

また、今回のリリースは安定版ではないため、あくまで開発者が新機能の試用などに利用するためのリリースと位置付けられている。実用環境での利用は推奨されない。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

プログラミング言語「Rust 1.35」リリース

Mozillaは5月23日(現地時間)、プログラミング言語Rustの最新版、「Rust 1.35」をリリースした。

Rustは、並列計算・関数型かつマルチパラダイムのプログラミング言語。C/C++ライクな文法を持つ。純関数型、並列計算モデル、手続き型、オブジェクト指向をサポートしており、安全性、速度、並列性にフォーカスしている。

「Rust 1.35」では、新しいクロシージャトレイトが複数導入されたほか、ライブラリの安定性強化、Cargoの改善など、多数の機能強化および安定性向上、機能変更が加わっている、

対応プラットフォームは、Windows、Linux、Mac OS X、FreeBSD。ライセンスはMITライセンス。「Rust 1.31」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
rust-lang.org

アプリケーション構築ツール「NativeScript 5.4」リリース

NativeScript.orgは5月15日(現地時間)、アプリケーション構築ツール「NativeScript 5.4」をリリースした。

「NativeScript」は、ネイティブのiOS・Androidアプリを作成できるツール。CocoaPodやGradleなどをサポートしており、Microsoft VS Codeの統合、Windows Universalなどもサポートされている。また、既存のUIライブラリも利用できる。さらに、クロスプラットフォームUIの抽出作成など、さまざまな機能が利用できる。

「NativeScript 5.4」では、Webpackを使ったワークフローがデフォルトで利用できるようになったほか、TypeScript ProjectにおいてUnitテストがサポートされた。その他にも複数の変更が加わっている。

「NativeScript 5.4」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

openSUSE project、「openSUSE Leap 15.1」をリリース

openSUSE projectは5月22日(現地時間)、「openSUSE Leap 15.1」のリリースを発表した。

「openSUSE Leap」は、openSUSEが開発に当たっているLinuxディストリビューションで、安定版に相当する。「openSUSE Leap 15.1」では、パッケージ管理・設定ツール「YaST」が大幅に改善されたほか、複数の変更と修正が加わっている。

対応プラットフォームは、x86/x86_64/PowerPC。インストールメディア・ライブCDは、Webサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
News(英語)
OpenSUSE 日本語公式サイト

通信経路秘匿技術「Tor」を搭載した「Tor Browser 8.5」リリース

Tor Projectは5月21日(現地時間)、通信経路の秘匿化を行う技術「Tor」を搭載したFirefoxベースのWebブラウザ、「Tor Browser 8.5」をリリースした。本バージョンから、Android版も安定版として提供されている。

「Tor Browser 8.5」は「Firefox ESR 60.7.0」がベースとなったほか、新元号「令和」がサポートされた。また、「Torbutton」、「HTTPS Everywhere」、「OpenSSL」、「Tor Launcher」などがアップデートされたほか、不具合の修正も施されている。。

「Tor Browser」はカンパウェアで、対応OSはWindows/Mac OS X/Linux/Android。「Tor Browser」は、プロジェクトのWebサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Tor Browser
Blogによる記事

パーサジェネレータ「GNU Bison 3.4」リリース

 Bison Projectは5月19日、パーサジェネレータ「GNU Bison 3.4」をリリースした。

 「Bison」は、構文解析器を生成するパーサージェネレーター。C、C++、Javaをサポートしており、LR法およびGLR法に基づいた構文解析コードを生成することができる。

 「Bison 3.4」では、診断機能でカラー表示がデフォルトとなった。なお、カラー表示は「–color」「–style」オプションで制御できる。その他、フォーマットも変更されるなど、複数の機能強化が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GNU Bison

GitHub、オープンソース開発者を資金的支援できる新たな仕組み「GitHub Sponsors」発表

GitHubは5月24日(現地時間)、支援者がオープンソースソフトウェアの開発者を資金的に支援できる新しい仕組み「GitHub Sponsors」を発表した。

プロジェクトを成功に導くには多くのユーザからのコントリビューションが不可欠となるが、それらはコードレビュー時に表に出ることはない。「GitHub Sponsors」では、コード、ドキュメンテーション、リーダーシップ、メンター、設計など、あらゆる形のコントリビューションが資金援助の対象となる。支援者は資金提供することによって、重要な仕事の実行を支援できるだけでなく、新しい仕事に参加する機会を拡大することができる。また、舞台裏で働く開発者も相応の評価を得ることができる。

「GitHub Sponsors」では、GitHubユーザであれば、ワークフローの一部としてシームレスに資金援助できる。コントリビュータが質問に答えてくれた時、問題をトリアージしてくれた時、あるいはコードをマージしてくれた時に、そのコントリビュータのプロファイルに移動するか、ユーザ名にカーソルを合わせるだけで、資金援助を行うことができる。また、支援に関しては、GitHubがビジネスを行っているすべての国の支払い方法に対応する。

「GitHub Sponsors」の開始にあたり、GitHubは最初の1年間、5000米ドルを上限として寄付に上乗せするという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
About GitHub Sponsors

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress