はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

PCパーツブランド挑戦者、Debian/GNU Linuxで動作するNAS組立キット「GLAN Tank」を発売

同ブランドのトップページによると、初期不良交換以外のサポートサービスを一切行わず、またユーザからの問い合わせに対する応答も一切行わない、としている。同ブランドのWebサイトは、これに同意したユーザのみ閲覧することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
挑戦者 トップページ

エルゴソフト、Intelプロセッサ搭載Macで動作する「EGBRIDGE15 Universal パブリックβ版」を無償公開

NEC、Itanium2搭載サーバが「TPC-Cベンチマーク」で8プロセッサ LinuxのIAサーバ世界最高性能記録を達成

の「Red Hat Enterprise Linux AS 4 for Itanium Processor Family」、[url=http://www.oracle.co.jp/]オラクルの「Oracle Database 10g Enterprise Edition」、[url=http://www.beasys.co.jp/”>BEAシステムズ「BEA Tuxedo 8.1」を搭載している。

NECは、この成果を踏まえ、エンタープライズ領域向け基幹業務サーバの強化・拡大を進めていく。また、「Oracle Database 10g」を活用した基幹業務システムをはじめ、オープンミッションクリティカルシステムの提供を拡大し、64bit Linuxを活用したソリューションビジネスを強化していく構え。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

IT総合展「NET&COM 2006」、2月1日〜3日に開催

HDEと日本IBM、中堅企業向け電子メールのセキュリティ強化ソリューションを発表

ダイワボウ情報システムから販売される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(HDE)

ロート製薬、リアルタイム花粉飛散予測ウェブサービス「アルガード花粉情報」を2月1日より開始

ターボリナックス、インターネット放送局で情報番組「ペンギンちゃんねる」を放送開始

The Free Software Foundation、「GPLバージョン3」の最初の草案を公開

The Free Software Foundationは1月16日(現地時間)、GNU GPLバージョン3の最初の草案を公開した。GPLバージョン3の草案では、ライセンスの特許やデジタル著作権管理条項の改定などが盛り込まれている。

GPLバージョン3の草案は、FSFのWebサイトから取得可能。FSFのWebサイトによると、
○デジタル著作権管理機構によるソフトウェアの自由剥奪の阻止
○ソフトウェアを再配布する者による特許権の明示的付与
○GPLに則ったソフトウェアに対する新たなライセンス供与条件の追加を著作権所有者に認める
○特許に関する、更に厳しい罰則
などの条項について、変更が加えられている。

今回発表されたものは「草案」であり、これ以降、議論が重ねられ改定されていく。これまでのGPLは「バージョン2」であるが、GPLバージョン2は、1991年に定められたものであり、15年の時間が経過していることから、随所を現状に合わせる必要性が出てきた。今後、GPLバージョン3については討議を重ねた上、2007年1月の完成を目指すという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GPLバージョン3
GPLバージョン3ドラフト(草案)

Berry OS Japan、サン・マイクロシステムズとのOEM契約を締結、Solaris 10搭載ノートPCを発売

デル、NRIデータサービスのeXsenjuと連携した「システム運用管理ソリューション」の提供を開始

「eXsenju」は、メールサーバやデータベースなどの業務アプリケーションの監視や、サービスレベル管理、ジョブ管理といった、高度な運用要件に対応できる、堅牢な運用基盤を実現するツール。

「システム運用管理ソリューション」では、同社の「PowerEdge」サーバに標準添付される「Dell OpenManage」と、統合運用管理ツール「eXsenju」の連携により、効率的なシステム統合運用管理を実現する。また、同社の技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス(DPS)」が窓口となり、同ソリューションを用いた運用管理コンサルティングを行う。

ハードウェアの監視機能やリモートコントロール機能を備えたOpenManageと、アプリケーションの監視機能やジョブ管理などの機能を持つeXsenjuを連携することにより、高度なシステム運用管理が可能になる。ハードウェアからアプリケーションまで、システム全体を監視できるため、ハードウェアの障害につながる予兆を検知でき、突発的な障害に備えることもできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
eXsenju

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress