はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

SRA OSS、PostgreSQLベースの「PowerGres on Linux」最新版 Ver 3.0 を販売開始

SRA OSS, Inc.日本支社 は2月16日、オープンソースデータベースソフトウェア「PostgreSQL」バージョン8.0.6をベースとした「PowerGres on Linux」の最新版 Ver 3.0を2月28日に販売開始すると発表した。

「PowerGres on Linux Ver 3.0」は、高性能なオープンソースデータベースとして定評ある「PostgreSQL」バージョン 8.0.6を、Linux環境向けに製品化したもの。PostgreSQLに、独自開発のGUI管理ツールを同梱し、製品サポートを付加し、商用版としたもの。

PowerGres on Linux Ver 2.0ではPostgreSQL 7.4 系列をベースとしていたが、今回のPowerGres on Linux Ver 3.0ではベースをPostgreSQL バージョン 8.0系列した。これにより、信頼性が向上し、アクセス分散によるパフォーマンス改善を図ることが可能となった。また、大規模データを取り扱う環境においても、より安心して利用できるようになった。

PowerGres on Linux Ver 3.0 の標準価格は、本体のみ50,400円、「本体 + 初年度年間サポート」134,400円、「本体 + 初年度年間サポート + ODBC サポートオプション」155,400円となっている。なお、従来の PowerGres on Linux Ver 1.0、2.0 の年間サポート登録ユーザは、無償でVer 3.0へのアップグレードが可能となる。また、60日間の試用が可能な無償評価版のダウンロードサービスが先行開始されている。評価版の入手は、PowerGresのWebサイトから行うことができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
PowerGres

Mozilla Japan、3月2日にMozilla、Firefox、Thunderbirdに関するセミナーを開催

Mozilla Japanは、3月2日(木)に、Mozilla、Firefox、Thunderbirdに関するセミナーを開催する。このセミナーは、米国 Mozilla Corporation幹部のJohn Lilly氏と Mike Schroepfer氏が来日し、Firefox 普及への取り組みや Mozilla テクノロジーの最新情報などについての講演が行われる。

本セミナーは、FirefoxとMozillaの技術に関わる最新情報、Firefox普及への取り組みおよび今後の製品展開、FirefoxおよびThunderbird用拡張機能の開発ノウハウについての講演が行われる。また、同日夜18:30より、開発者向けのMozilla Developer Meetingも開催される。こちらは、John Lilly氏とMike Schroepfer氏を囲み、Mozilla の現状や最新動向、Mozilla 開発での問題点、国際化の現状などについて、日本のOSS開発者と討論する。

日時は2006年3日2日 (木) 13:15〜17:00。会場は都市センターホテル5Fオリオン。定員は200名、参加費用は無料。参加申し込みはWeb上で受け付ける。申込締切は2月28日。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
セミナー情報
参加申込フォーム

メールクライアント「Sylpheed 2.2.0安定版」リリース

国産のメールクライアント&ニュースリーダ「Sylpheed」の最新安定版、2.2.0がリリースされた。このバージョンから、Sylpheedは正式にWindows (2000/XP)対応となった。また、検索機能、安定性の向上などの機能強化が施されている。

Sylpheedは、GNU GPL (ライブラリ部分は GNU LGPL) に従って配布されており、ライセンスに従って自由に利用・改変・再配布が可能。GUIツールキットにGTK2を使用することで、フォントのアンチエイリアス表示や、αブレンディングを利用したアイコンの表示など、美しい表示を実現している。

Sylpheedの新バージョンの新機能は多数あるが、一例として
○Windows対応となった
○検索フォルダ(仮想フォルダ)を実装
○クイックサーチ(サマリの絞りこみ検索)を実装した
○スペルチェック機能を実装(GtkSpellが必要)
○HTMLメッセージの文字実体参照の対応を強化
○SMTP、POP3セッション時のメモリ消費量を大幅に削減
などがあげられる。

なお、コア部分がライブラリとして分離され、そのライセンスがLGPLに変更されている。

「Sylpheed」は、Webページから無償でダウンロード・利用可能。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Sylpheed-ニュース

レッドハット、RHCEの上位の技術認定資格「RHCA」のトレーニング及び認定試験を開始

レッドハットは2月15日、同社の最上位の技術認定資格プログラムRHCE(Red Hat Certified Engineer)のさらに上位に位置づけられる認定資格、「RHCA(Red Hat Certified Architect)」を新たに設定し、トレーニングコースを2006年3月から提供すると発表した。

RHCAは、Red Hat Enterprise Linuxでより高度なシステム運用・管理技術を身につけたい技術者を対象にした、大規模システム管理技術認定資格プログラム。すでに提供されているRHCEの上位に位置づけられ、RHCEのスキルレベルをさらに上回る複雑かつ高度な運用・管理、障害解析、およびセキュリティ対策技術を獲得できる。また、レッドハットが提供しているサービスソリューションソフトウェア( Global File System, Cluster Suite, Directory Server, Red Hat Network Proxy/Satellite)連携していることも特徴。

RHCAは、5つのサブ試験(エンドースメント試験)により構成され、すべてのサブ試験に合格して、はじめてRHCAを取得することができる。すべての試験およびトレーニングコースはRed Hat Enterprise Linux 4で行われ、RHCEと同様に「実技・実習形式」にて提供される。

受講に際しては、RHCE取得が前提条件ではないが、RHCEレベルの技術/知識が要求される。

新規に開始されるコースと認定試験は次の通り(価格はいずれも税込)。

○トレーニングコース(いずれも4日間)
・エンタープライズ セキュリティネットワークサービスコース (315,000円)
・エンタープライズシステムの導入・運用コース(420,000円)
・エンタープライズディレクトリサービスおよび認証コース(346,500円)
・エンタープライズストレージ管理コース(504,000円)
・エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニングコース(420,000円)

○RHCA試験(いずれも1日)
・エンタープライズ セキュリティネットワークサービス試験(94,500円)
・エンタープライズシステムの導入・運用試験(94,500円)
・エンタープライズディレクトリサービスおよび認証試験(94,500円)
・エンタープライズストレージ管理試験(94,500円)
・エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニング試験(94,500円)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
RHCA取得コース

ターボリナックス、低価格なIP電話環境構築ソフトウェア「InfiniTalk」を発売

エレコム、スティックタイプの無線LAN探知機「LD-WIFIDSC/BG」を発表

エレコムは、無線LANスポットなど、周囲100mの無線アクセスポイントを検索できる、USBフラッシュメモリと同形のスティックタイプ無線LAN探知機「LD-WIFIDSC/BG」を、3月上旬より発売する。

ノートPCやPDAなどに標準で無線LAN機能が搭載されるようになり、公衆無線LANサービスも増えてきている。しかし、現状ではプロバイダごとにアクセスポイントが異なり、また電波状況が常に変化するため、いざ利用と思った場所でサービスが利用できるかどうかがわからない。この製品は、電源ボタンを押すだけで、サービスを利用できるかどうかがすぐに確認できる。

「LD-WIFIDSC/BG」は、周囲100mの広範囲にある無線アクセスポイント(IEEE802.11bおよびIEEE802.11gに対応)を、最大16台まで検知可能。充電済みであれば、PCに接続することなく本製品単体で利用できる。液晶画面が搭載されており、液晶画面には検知したアクセスポイント数や電波強度周波数帯など、公衆無線LANサービスを利用するのに必要な9つの情報がひと目でわかるように表示される。バッテリーは、PCのUSBポートに接続するだけで充電できる。

ただし、この製品に無線LANアダプタとしての機能は搭載していない。

標準価格は12,600円(税込)。発売開始は3月上旬。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

日本Linux協会、Linux Conference 2006の発表論文を募集

日本Linux協会は2月8日、5月31日(水)〜6月2日(金)に開催されるLinux Conference 2006の開催にあたって、カンファレンスで発表する論文の募集開始を発表した。

Linux Conference は、同協会が主催するオープンソースソフトウェア、自由ソフトウェアに関する話題を討議するカンファレンス。ソースコードレベルでの議論を自由に行える場として例年開催されてきた。今回募集する論文は、オープンソースソフトウェア・自由ソフトウェアの技術に関するもの、ソフトウェアと社会に関する提言など。テーマの例として、Linux、uClinux、GCC、Apache、Zope、Kahua、LL (Gauche, Ruby, Perl, Python等)、GTK+、Qt、FreeType、GNOME、KDE、DirectFBなど(テーマはこれに限らない)が挙げられている。

応募要綱は、
○応募締切: 2006年4月4日(火) 00:00:00 +0900
○提出形式: フルペーパ、A4 6〜10ページ程度 (フォーマットはPDF)
○提出先: 同協会宛E-mailにて
○採否通知: 2006年4月21日(金)
○カメラレディ提出期限: 2006年5月8日(月)
○言語: 日本語または英語

となっている。さらに、会期終了までにEメールでPDFフォーマットのプレゼンテーション資料を提出する必要がある。また、採用された論文の応募者は、カンファレンスで論文の発表を行う。投稿された論文の著作権は著者に帰属するが、採択された論文の各著作権者は、日本Linux協会による当該論文の再配布(論文集やWebへの掲載など)を許諾するものとする。

優秀論文 (1 論文) には、副賞 (賞金 20 万円) が授与される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

日本PostgreSQLユーザ会、2月17・18日に東京・品川にて「PostgreSQL Conference 2006」を開催

日本PostgreSQLユーザ会は、2月17日(金)、2月18日(土)の2日間、「PostgreSQL Conference 2006」を開催する。協賛はNTTデータ (プラチナスポンサー)、サン・マイクロシステムズ (ゴールドスポンサー)。時間は2日間ともに10:00〜17:00 (9:30受付開始)。

会場は東京・PostgreSQL Conference 2006のWebページを参照。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
PostgreSQL Conference 2006
日本PostgreSQLユーザ会

日本SGI、OSにLinuxを採用したスーパーコンピュータ級ブレードサーバを発表

米VMware、仮想マシン作成/実行ソフト「VMware Server」のベータ版を無償で公開

米VMwareは2月6日(現地時間)、仮想マシン作成/実行ソフト、「VMware Server」のベータ版を無償で公開した。なお、後に正式版も無償で公開される予定。

「VMware Server」は、1つのPCで実行したソフト上に仮想的なPCを作成し、仮想PC内で別のOSを動作させることが可能な仮想PC作成・実行ソフト。WindowsやLinuxなどのOSを仮想PC上で実行することができ、CD-ROMドライブやUSBデバイスなど、PC上のハードウェアを仮想PC内から利用することもできる。また、先日無償公開された仮想PC実行専用ソフト「VMware Player」でも、「VMware Server」で作成した仮想PCを実行することができる。

「VMware Server」は、「VMware GSX Server」の後継版と位置付けられており、「VMware GSX Server」に仮想マシン内で64ビットOSを動作させる機能や、2つのCPUを利用する機能、Intelの仮想化技術「Virtualization Technology」を利用する機能が追加された。

対応OSはWindows 2000 Server/2003 Serverとなっているが、非公式ながらWindows XPでも動作するようだ。「VMware Server」のベータ版は、米VMwareのWebページからダウンロードできる(ダウンロードにはアカウントの登録が必要)。

VMwareは、長らく有償でVMwareシリーズを公開していたが、「Xen」などライバルとも言える仮想マシンソフトウェアのほとんどが無償で利用できるため、これに対抗するために「VMware Player」「VMware Server」の無償公開に踏み切ったものと思われる。なお、「VMware GSX Server」の上位版と位置付けられている「VMware ESX Server」は有料のまま提供されるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
VMware Server製品情報
VMware Server(英語)

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress