はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

The Free Software Foundation、「GPLバージョン3」の最初の草案を公開

The Free Software Foundationは1月16日(現地時間)、GNU GPLバージョン3の最初の草案を公開した。GPLバージョン3の草案では、ライセンスの特許やデジタル著作権管理条項の改定などが盛り込まれている。

GPLバージョン3の草案は、FSFのWebサイトから取得可能。FSFのWebサイトによると、
○デジタル著作権管理機構によるソフトウェアの自由剥奪の阻止
○ソフトウェアを再配布する者による特許権の明示的付与
○GPLに則ったソフトウェアに対する新たなライセンス供与条件の追加を著作権所有者に認める
○特許に関する、更に厳しい罰則
などの条項について、変更が加えられている。

今回発表されたものは「草案」であり、これ以降、議論が重ねられ改定されていく。これまでのGPLは「バージョン2」であるが、GPLバージョン2は、1991年に定められたものであり、15年の時間が経過していることから、随所を現状に合わせる必要性が出てきた。今後、GPLバージョン3については討議を重ねた上、2007年1月の完成を目指すという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GPLバージョン3
GPLバージョン3ドラフト(草案)

Berry OS Japan、サン・マイクロシステムズとのOEM契約を締結、Solaris 10搭載ノートPCを発売

デル、NRIデータサービスのeXsenjuと連携した「システム運用管理ソリューション」の提供を開始

「eXsenju」は、メールサーバやデータベースなどの業務アプリケーションの監視や、サービスレベル管理、ジョブ管理といった、高度な運用要件に対応できる、堅牢な運用基盤を実現するツール。

「システム運用管理ソリューション」では、同社の「PowerEdge」サーバに標準添付される「Dell OpenManage」と、統合運用管理ツール「eXsenju」の連携により、効率的なシステム統合運用管理を実現する。また、同社の技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス(DPS)」が窓口となり、同ソリューションを用いた運用管理コンサルティングを行う。

ハードウェアの監視機能やリモートコントロール機能を備えたOpenManageと、アプリケーションの監視機能やジョブ管理などの機能を持つeXsenjuを連携することにより、高度なシステム運用管理が可能になる。ハードウェアからアプリケーションまで、システム全体を監視できるため、ハードウェアの障害につながる予兆を検知でき、突発的な障害に備えることもできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
eXsenju

IDGジャパン、「STORAGE NETWORKING WORLD/Tokyo」と「コンプライアンス&ITフォーラム−日本版 SOX法にそなえる」を1月末に開催

コンプライアンス&ITフォーラム−日本版 SOX法にそなえる」では、2006年に金融庁が施行を目指す通称「日本版SOX法」への対処を焦点に当てたフォーラムとなる。「日本版SOX法」の施行に伴い、企業はどのような方策を立てる必要があるのか、などを焦点としたフォーラムとなる。

開催日時は1/24(火)、25(水)の10:00〜18:00、開催場所は新宿NSビル「NSイベントホール」。参加費用は5000円だが、事前登録((川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
STORAGE NETWORKING WORLD/Tokyo 2006
コンプライアンス&ITフォーラム−日本版 SOX法にそなえる

三井住友銀行がワンタイムパスワード認証方式を導入、RSAセキュリティが開発したパスワード生成機を採用

米Mozilla Corporation、メールクライアント「Thunderbird 1.5」をリリース

Mozilla Corporationは1月11日(現地時間)、E-メール/RSS/ニュースグループクライアントの最新版、「Thunderbird 1.5」を発表した。

Thunderbirdは、柔軟なカスタマイズ性を持つメールクライアント。POPとIMAP双方のプロトコルをサポートし、HTML形式のメールにも対応している。RSS リーダー、ニュースグループリーダーも兼ね備えており、迷惑メールフィルタ、フィッシング詐欺対策など様々な機能を持っている。

今回、新たに追加された主な機能は次の通り。

○メール送信回数に応じたアドレス補完リストの自動ソート
○検索フォルダで複数アカウントを対象とした検索が可能に
○メッセージ作成中のスペルチェック機能
○フィッシング詐欺判別・警告機能
○ポッドキャスティング対応などのRSS リーダーの改良
○メッセージから添付ファイルの削除が可能に
○サーバサイドスパムフィルタとの統合
○Kerberos 認証
○メッセージ作成中の下書き自動保存
○メッセージフィルタが共通受信トレイに対応
○ユーザビリティの向上(オプションウィンドウの再設計、SMTPサーバ管理など)
○セキュリティ面の向上

今回リリースされたThunderbird 1.5は、Windows版、Linux版、Mac OS X版の3つ。いずれも、Webサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Mozilla Thunderbird(英語)
リリースノート(mozilla-japan.org)

エイムラック、グループウェアAipo2のLinux環境向けパッケージを発売開始

エイムラックは2006年1月5日、Linux 環境向けポータル型グループウェアパッケージ製品「Aipo 2」のダウンロード販売を開始したと発表した。

「Aipo 2」は、PC利用の経験が少ない企業でも活用できるグループウェアで、ダウンロードしてすぐに利用できる。インストールはスクリプトを実行するだけで環境が構築できる。「Aipo 2」はWebサーバ、データベースなども同梱しており、インストールにあたって特別なソフトウェアを必要としない。管理も容易な管理用スクリプトが用意されている。

「Aipo 2」 は、一般的なWebブラウザだけでなく、携帯電話(i-mode、vodafone、EZweb)からもスケジュールやタスクなどの管理ができるところが大きな特徴だ。外出が多いユーザでも、携帯電話を利用して、スケジュールの確認や調整、タスクの管理ができる。

「Aipo 2」は既にサーバにWindowsを利用するWindows版が出ているが、今回Linux対応版がリリースされたことにより、ユーザは利用できるプラットフォームの幅が広がった。

「Aipo」の想定している利用対象は、5〜10人前後の小規模SOHOから30〜200人前後の企業、もしくは社内の部署やグループであり、価格を29,800円から(5ユーザの場合)と低価格に設定している。販売形態はダウンロード形態であり、同社の「Aipo 2」のWebページからダウンロードできる。また、60日間無償で試用することもできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Aipo 製品情報ページ
ニュースリリース

米Apple、Macworld 2006にてIntelベースのiMacとMacBook Proを発表、日本国内でも発売開始へ

アップルストアのWebサイトによると、日本国内での価格は「iMac 1.83 GHz 17インチモデル」が159,800円、「iMac 2.0 GHz 20インチモデル」が209,900円、「MacBook Pro 1.67GHzモデル」が249,800円、「MacBook Pro 1.83GHzモデル」が309,800円(いずれも税込)となっている。また、iMac、MacBook Pro共に受注は開始されており、iMacは既に出荷開始、MacBook Proは2月に出荷開始予定だという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
米Apple
アップルコンピュータ
ニュースリリース

ワイズノットとオープンソース総合研究所、資格認定制度「LAMP Expert」を共同開発

Webページから行うことができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
「LAMP Expert」詳細

日本Linux協会、Fedora Project創設者Warren Togami氏を招きセミナーを開催

日本Linux協会は1月6日、Fedora Project創設者であるWarren Togami氏を講師に迎え、「The Future of Open Source Software in Japan」と題し、日本のオープンソースソフトウェアの未来像やFedora Coreなどについての講演を行うと発表した。また、講師とのオープンディスカッション、懇親会も予定している。

講演の内容は、今年リリースされる予定のFedora Core 5に関する話題、Togami氏から見た日本のLinux発展の方向性・日本のLinuxの発展に必要なこと、など。

日時は、2006年2月2日(木)。セミナーは午後2時15分〜4時30分 (受付開始 午後2時)、懇親会は午後4時45分〜午後6時となっている。定員は50名。会場は、(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
日本Linux協会
セミナーのアナウンス

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress