はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

サイバートラスト、組み込みシステム向けソリューション「EMConnect」を発表

 サイバートラストは11月9日、組み込みシステム向けソリューション「EMConnect」の提供開始を発表した。

 「EMConnect」は、組み込み向けLinux OS「EMLinux」、Armの機能を使った組み込みセキュア OS「EMTee」、Linux OS と リアルタイムOS (RTOS) の共存を実現するソフトウェア「EMDuo」、およびWebブラウザベースの組込み用GUIフレームワーク「EMBrowser(イーエム・ブラウザ)」から構成されるソフトウェア製品群の総称。

 「EMLinux」は、サイバートラストが組み込みLinuxの受託開発で培ってきた技術と、社会インフラ向けに産業グレードのオープンソースソフトウェア基盤を提供する協業プロジェクト「CIP」の成果物をベースとし、最長15年間の長期保守が可能な組み込み向けLinuxディストリビューションとして提供する。

 「EMDuo」は、軽量かつシンプルな実装で組み込みシステムでシェアの高いRTOSと、OSSの資産が豊富なLinux OSを一つのSoC上に共存させ、RTOSでリアルタイム処理をしながら、Linux OSでネットワーク接続やグラフィック処理などを可能にする。

 サイバートラストでは、Linuxディストリビュータとしての実績と経験とOSSコミュニティとの連携により、カスタマイズした組み込みLinuxをはじめとしたEMConnectの各製品のサポートを、長期間に渡って提供する体制を擁している。EM Connectを導入することで、ライフサイクルの長い組み込み機器・IoT機器の開発・製造をセキュアに実現できるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Google、Android開発者向けにアプリを強制的にアップデートさせる仕組みを提供する「In-app Updates API」を発表

Googleは11月7日(現地時間)、Android開発者に対して強制的にアプリを最新バージョンにアップデートさせる「In-app Updates API」を提供すると発表した。

「In-app Updates API」は、たとえば重大で緊急を要するセキュリティ修正が加わったとき、ユーザにアップデートを半ば強制的に要求する。具体的には、ユーザがアプリを開いたときに、アップデートが開始したことを通知するメッセージで画面全体を埋め尽くし、アップデート作業が終了するまでアプリが使えなくなる。これにより、重大な修正が加わったときに迅速にアップデートを施してもらうことを可能にする。なお、 「In-app Updates API」には、アップデート用のデータのダウンロードが終了するまでの間、アプリを使い続けることができるモードも利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

「PostgreSQL 11.1/10.6/9.6.11/9.5.15/9.4.20/9.3.25」リリース

The PostgreSQL Global Development Groupは11月8日(現地時間)、リレーショナルデータベース管理システム「PostgreSQL」のアップデートリリース、「PostgreSQL 11.1/10.6/9.6.11/9.5.15/9.4.20/9.3.25」をリリースした。

「PostgreSQL 11.1」では、「PostgreSQL 11.0」で発見されたSQLインジェクション攻撃を受ける恐れがある脆弱性など、複数のセキュリティ修正・バグフィクスが施されている。また、ここで修正された不具合は別の系列にもいくつか存在していたため、これらの不具合を修正した「PostgreSQL 10.6/9.6.11/9.5.15/9.4.20/9.3.25」もリリースされた。修正された不具合の中には危険度の高いものも存在するため、ユーザにはアップデートが強く推奨される。

「PostgreSQL 11.1/10.6/9.6.11/9.5.15/9.4.20/9.3.25」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

「Docker Enterprise Edition 2.1」リリース

docker.ioは11月8日(現地時間)、コンテナ型仮想化ソフトウェアDockerの新版「Docker Enterprise Edition 2.1」をリリースした。

Dockerは、コンテナ技術による仮想化ソフトウェア。コンテナと呼ばれる独立した空間を作り、そこで仮想マシンを動作させる。「Docker Enterprise Edition」は、エンタープライズ向けの商用リリースとなっている。

「Docker Enterprise Edition 2.1」は、「Windows Server version 1709」「Windows Server version 1803」「Windows Server 2019」をサポートしている。また、「Kubernetes 1.11」が搭載され、ポッドオートスケーリングなどの機能が利用できるようになった。その他にもいくつかの機能強化やセキュリティフィクスが施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

サイバートラスト、システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX 4.0」コミュニティ版を発表

 サイバートラストは11月7日、オープンソースの運用監視ソフト「MIRACLE ZBX 4.0」コミュニティ版を発表した。

 「MIRACLE ZBX 4.0」コミュニティ版は、オープンソース統合監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 4.0」をベースに、独自の機能拡張を加えたもの。主な機能強化点はアラートメール停止機能。「アラートメール停止機能」は、監視機器に障害が起こきたときに管理者に送られる障害内容のメッセージやメール送信について、大量に障害が発生した際に同じ内容のアクションが大量に流れてしまい本当に必要なアクションを大量に発生したアクションが実行されるまで待ち続ける必要があったものを、任意で選ぶことによって停止することができ、必要なアクションの取得を可能にするというもの。何万件も不要なアクションが発生し、情報の取得が困難になっていたデータセンタやネットワーク管理者の利用に向いている。アクション停止機能の実装により、大量に障害が発生した際でも「MIRACLE ZBX 4.0」で安定したシステム監視の継続を実現する。

 その他にも、「MIRACLE ZBX」で利用できる、様々なOSが混在する環境でもインストール後すぐに暗号化通信が使用可能なセキュリティ強化機能も引き続き利用できる。重ねて、Zabbix 3.2、3.4、4.0 のリリースで実装された「WebFrontエンドデザイン」を刷新し、タグベーストリガー機能等のパフォーマンス改善機能も使用可能となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

米Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」を発表

米Red Hatは10月30日(現地時間)、同社の企業向け Linux OSの最新版、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」の提供を開始した。最新系列「Red Hat Enterprise Linux 7」の最新版となる。

「Red Hat Enterprise Linux 7.6」は、2018年4月に提供された「Red Hat Enterprise Linux 7.5」のアップデートリリースに当たる。「Red Hat Enterprise Linux 7.6」では、Red Hat Enterprise LinuxのコンテナOS化を推進するツールキット「Podman(Pod Manager)」の導入など仮想化関係の機能に数多くの機能強化が施されている。その他にも、「eBPF(extended Berkeley Packet Filter)」が採用されモニタリングが強化されるなど、多くのアップデートが図られるなど、複数の機能強化が施されている。一方、「Red Hat Enterprise Linux 7.6」からは「KDE Plasma Workspaces (KDE)」を非推奨扱いに変更し、今後のリリースではKDEはサポートしないとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

「ReactOS 0.4.10」リリース

reactos.orgは11月6日(現地時間)、「ReactOS 0.4.10」をリリースした。

「ReactOS」は、Windows向けのソフトウェアやドライバなどを動作させることができることを目指したオープンソースのオペレーティングシステム。「ReactOS 0.4.10」は、2016年2月に10年ぶりの公開となった「ReactOS 0.4」の最新アップデートリリースとなる。

「ReactOS 0.4.10」では、BtrfsフォーマットのドライブからOSの起動が可能になったほか、フロントエンドの強化やバグ修正など、さまざまな機能強化・安定化が図られている。

「ReactOS」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

Google、人間かプログラムを判別する技術「reCAPTCHA v3」を発表

Googleは10月29日(現地時間)、「CAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)」技術の実装「reCAPTCHA v3」を発表した。

「CAPTCHA」は相手が人間がプログラムかを判別する技術。これまでは「歪んだ数字・文字を人間が認識して入力する」「表示された複数の画像から該当する画像を選択する」などの方法で人間かプログラムを判別していた。この方法は、ユーザの手間が増えるだけでなく、人間が認識がしづらいことが原因で無用の作業を繰り返さなくてはいけなくなるケースが発生するという欠点があった。

 「reCAPTCHA v3」では、ユーザが作業をすることなく、人間かプログラムかを判別することができるようになっているという。複数のWebページに「reCAPTCHA v3」を仕込むことによって、行動から人間かプログラムかを判断するためのスコアを返し、スコアに応じて対応を取ることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
reCAPTCHA v3

セキュリティに特化したLinuxディストリビューション「Parrot 4.3」リリース

Parrotsec.orgは11月3日(現地時間)、セキュリティに特化したLinuxディストリビューション「Parrot 4.3」をリリースした。

「Parrot」は、Debian GNU/Linuxをベースとし、セキュリティ施策ツールや開発ツールが搭載されたLinuxディストリビューション。セキュアなシステムに加え、プログラミング環境や専門性の高いセキュリティ研究などの用途に適したディストリビューションとなっている。公式のDockerイメージも公開されている。

 「Parrot 4.3」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

Apache Software Foundation、バージョン管理システム「Apache Subversion 1.11」をリリース

Apache Software Foundation(ASF)は10月30日(現地時間)、バージョン管理システム「Apache Subversion 1.11」をリリースした。

Apache Subversionは、オープンソースの集中型バージョン管理システム。当初は他の企業が支援するオープンソースプロジェクトとして開発が進められたが、 2010年にASFのトッププロジェクトとなった。

「Apache Subversion 1.11」は、Apache Subversionのメジャーアップデートリリースとなる。実験的ではあるが、コミットされていない変更のスナップショットを保存する「コミットチェックポイント」機能が採用されたほか、シェルビングの改善など、複数の改善が含まれている。。

「Apache Subversion 1.11」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Apache subversion

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress