はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Fortinet、Androidに感染する「BianLian」の亜種について注意喚起

Fortinetは7月3日(現地時間)、Androidに感染する「BianLian」の亜種を発見したと発表した。

今回発見された「BianLian」の亜種は、従来型と比べ新しいモジュールが加わっており、機能が増加している。また、簡単な処理で検出することが難しくなっており、より注意が必要となっている。追加されている機能はサイバー攻撃に悪用するために効果的なものであり、危険性が上がっているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

プログラミング言語「Rust 1.36」リリース

Mozillaは7月4日(現地時間)、プログラミング言語Rustの最新版、「Rust 1.36」をリリースした。

Rustは、並列計算・関数型かつマルチパラダイムのプログラミング言語。C/C++ライクな文法を持つ。純関数型、並列計算モデル、手続き型、オブジェクト指向をサポートしており、安全性、速度、並列性にフォーカスしている。

「Rust 1.36」では、Future traitが安定版となったほか、alloc crateも安定版となった。そのほかいくつかのライブラリの強化、APIの改善など、多数の機能強化および安定性向上、機能変更が加わっている、

対応プラットフォームは、Windows、Linux、Mac OS X、FreeBSD。ライセンスはMITライセンス。「Rust 1.36」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
rust-lang.org

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular 8.1.0」リリース

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular」の最新版、「Angular 8.1.0」が7月3日(現地時間)、公開された。

「Angular」は、Webアプリケーション、スマートフォン・PC向けアプリケーションの開発を行うことができるオープンソースのJavaScriptアプリケーションフレームワーク。「Angular 8.1.0」では、テストヘルパーテストヘルパー「createAngularJSTestingModule」および「createAngularTestingModule」が利用できるようになったほか、「definitionAndBoundSpan」も利用できるようになった。その他にも複数の変更が加わっている。

「Angular 8.1.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log(GitHub)

東京工業大学の研究グループがパブリックブロックチェーンのシミュレータ「SimBlockouter」を発表

東京工業大学は6月27日、同大学の情報理工学院 数理・計算科学系の研究グループがブロックチェーンネットワークをPC上で模擬することで性能や安全性を検証できるパブリックブロックチェーンのシミュレータ「SimBlockouter」を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開したと発表した。

「SimBlock」は、インターネット上の多数のノード(サーバ)から成るブロックチェーンネットワークを模擬するソフトウェア。ブロックチェーンネットワークを構成するノードの挙動を簡単に変えることができ、改良や新手法がブロックチェーンにどのような影響を与えるのかをPC上で調べることができる。これによって、Bitcoinといった既存ブロックチェーンの改良や、独自に考案したブロックチェーンを手元のPC上で実験し、その性能や安全性を検証することができる。

また、「SimBlock」は可視化機能を備えており、ノード間通信とブロック高を地図上でアニメーション表示できる。技術者・研究者はこの表示から、何が起きているかを直観的に確認できる。

「SimBlock」は、github.ioからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
SimBlock(github.io)
プレスリリース

Linuxディストリビューション「Mageia 7」リリース

 mageia.orgは7月1日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Mageia 7」をリリースした。

 「Mageia」は、Mandriva Linux派生のLinuxディストリビューション。「Mageia 7」では、ARMサポートが強化されており、また実験的サポートではあるがaarch64とARMv7にも対応した。また、DNFが「DNF 4.2.6」となり、PythonからC++に書き換えられている。ソフトウェアリポジトリのAppStreamにも強化が加わっている。デスクトップ環境は、「PlasmaDesktop 5.15.4」、「GNOME 3.32」、「Xfce 4.13.4」が搭載されている。

 「Mageia 7」はWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
mageia.org日本語サイト

Canonical、今後のUbuntuのi386 32bit版サポートについて方針転換を発表

Canonicalは6月24日(現地時間)、Ubuntuのi386 32bit版のサポートについて、パッケージを限定したものを提供すると発表した。「Ubuntu 19.10」からの提供となる。

同社は当初、i386 32bit版について、「Ubuntu 19.10」からは提供を打ち切るとしてきたが、方針を転換した形になる。なお、このサポートについて、どのパッケージを提供するかは今後決定するとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

分散データストリーミングシステム「Apache Kafka 2.3」リリース

分散データストリーミングシステム「Apache Kafka」の最新版「Apache Kafka 2.3」が11月20日(現地時間)リリースされた。

 「Apache Kafka」は、LinkedInによって開発が開始されたオープンソースの分散データストリーミングシステム。Webサイトなどから発信される大容量のデータを高スループット・低レイテンシーに収集、配信することを目的にしている。大量のメッセージを扱うことができること、シングルクラスタで動作しダウンタイムなしで透過的にスケールできること、レプリカが作成されデータの損失を防ぐことができること、Distributed by Design クラスタが耐障害性のある設計になっていることが特徴になっている。

 「Apache Kafka 2.3」では、データ保全のためのレプリケーション生成機能において、複製が失われたときのパーティションモニタリングの挙動が改善されたほか、シャットダウンが正常に行われなかったときの挙動も改善された。

 「Apache Kafka 2.3」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Documentation

SUSE、「SUSE Linux Enterprise 15 SP1」リリース

 SUSEは6月24日(現地時間)、「SUSE Linux Enterprise 15 SP1」をリリースした。

 「SUSE Linux Enterprise 15 SP1」は、2018年7月にリリースされた「SUSE Linux Enterprise 15」のサービスパックに当たる。このサービスパックでは、ArmなどでサポートされるSoCが増強されたほか、ハードウェアベースのセキュリティも強化されるなど、複数の機能改善や安定性の強化が施されている。
 
 「SUSE Linux Enterprise」は、評価版をWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

JPCERT/CC、ひかり電話ルータ/ホームゲートウェイに存在する複数の脆弱性に注意喚起

JPCERT/CCは6月27日、ひかり電話ルータ/ホームゲートウェイに存在する脆弱性について注意喚起した。

今回発表された脆弱性は、悪用されるとWebブラウザで任意のスクリプトを実行されたり、ユーザが意図しない操作を強制的に行われる危険がある。NTT東日本またはNTT西日本のひかり電話ルータ/ホームゲートウェイを利用している場合、該当するプロダクトを利用しているか否かを確認し、ファームウェアのアップデートを行うことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNによるアラート

Gitリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab 12.0」リリース

Eclipse Foundationは6月19日(現地時間)、統合開発環境「Eclipse IDE 2019-06」をリリースした。

「Eclipse」は、Javaで実装されたオープンソースの統合開発環境。プラグインによる機能追加が容易で、組み込み用途やWebアプリケーション開発まで幅広い開発が可能。

「Eclipse」は、2018年にナンバリングの規則が変更され、「Eclipse IDE (Year)-(Month)」という名前でリリースされるようになっている。「Eclipse IDE 2019-06」では、「Java 12」がビルトインサポートされたほか、Javaエディタの強化など、複数の機能強化が施されている。

「Eclipse IDE 2019-06」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Eclipse IDE 2019-06 Wiki

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress