はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

NECフィールディング、障害が発生したHDDのデータを復旧する「HDDデータ復旧サービス」を開始

NECフィールディングは2月2日、障害が発生したハードディスクドライブ(HDD)に記録されていたデータを、正常なHDDに復旧して返却する「HDDデータ復旧サービス」を商品化し、販売を開始したと発表した。

このサービスは、従来提供していた「データリカバリーサービス」を強化したもの。従来のサービスでは、復旧したデータをCD-RやMOに記録して返却していた。このため、復旧したデータを分割して記録するといった作業が必要だったが、HDDを記録媒体とし、データ復旧の作業効率を向上した。

今回発表された「HDDデータ復旧サービス」は、物理的な障害が発生したHDDからのデータ復旧の場合で最低価格157,000千円(税別)からとなっており、同条件での従来サービスよりも低価格での提供が実現した。

新サービスでは、
○HDDの各種障害に対応
HDDの物理的な障害に加え、誤操作によるファイル削除やHDDの初期化、コンピュータの動作異常によるデータ消失などの論理的な障害にも対応、読み出し不可能となったデータを復旧できるようになった。

○事前調査結果を基にサービス購入の決定が可能
データ復旧作業を実施する前に、復旧可能なデータと必要となる費用を事前に調査する(調査費用23,000円:税別)。顧客は調査結果を基にデータ復旧を依頼するか否かを判断することができる。

○復旧データの利用が簡単
復旧データは、USBおよびIEEE1394のインターフェースで接続する外付け型HDDで返却されるため、復旧されたデータを簡単に利用可能。

本サービスでは、全てのデータが復旧できるわけではないが、事前調査によって復旧可能なデータが復旧作業前にわかるようになっている。

対象OSは、MS-DOS、Windows(3.X/95/98/98SE/Me/NT/2000/XP/2003)、UNIX/Solaris(バージョンにより対応不可)、Linux。対象媒体は、IDE/ATA及びSCSIインターフェース標準コネクタ接続対応HDD、PCMCIA/USB接続可能なHDD、RAIDシステム、NAS/SANシステムのほかに、3.5型、5.25型のフロッピーディスク、3.5型/5.25型光磁気ディスク(MO)、CD-ROM/CD-R/CD-RW/DVD-ROM/DVD±R/DVD±RW/DVD-RAM、QIC/8mm/DAT/DLT/LTOなどの磁気テープとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

情報処理推進機構、セキュリティ問題に対処する資料「安全なウェブサイトの作り方」を公表

SeaMonkey Council、Mozilla Suiteの後継となる「SeaMonkey 1.0」リリース

SeaMonkey Councilは1月30日、Mozilla Suiteの後継となる「SeaMonkey 1.0」を発表した。SeaMonkeyは、Web ブラウザ、メールクライアント、WYSIWYG の Web ページ作成機能、IRC チャットクライアントが同梱されている、インターネットスィート。Web 開発者向けののDOM インスペクタやJavaScript デバッガツールも同梱される。

SeaMonkeyは、先代の Mozilla Application Suite や Netscape Communicatorの外見・操作性を備えつつ、ドラッグ・アンド・ドロップで並び替えができるタブ、電子メールのフィッシング検出機能、複数アカウントを管理するためのグローバルボックス、Scalable Vector Graphics(SVG)のサポートなど、いくつかの新機能が搭載されている。

SeaMonkey Councilは、Mozilla Foundationがスイート製品の開発を中断した際に、Mozillaのスイートコードベースを中核にして立ち上げられた。今後も、このスイートの開発を続けていくという。

SeaMonkey 1.0は、Windows、Mac OS X(10.2以降)のほか、Red Hat Linux、Debian 3.0などのディストリビューションに対応している。SeaMonkey 1.0は、Mozilla FoundationのWebサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
ダウンロード

Namazu Project、オープンソースの全文検索システムNamazuの最新版を公開

Namazu Projectは1月29日、オープンソースの日本語全文検索システムNamazuの最新版となる「Namazu 2.0.15」を公開した。

Namazu は、手軽に利用できることを目指した日本語全文検索システム。CGIとして動作させることによって、小/中規模のWWW全文検索システムを構築できるほか、コマンドラインから利用することもできる。Linux、FreeBSD、Solaris、Mac OS X、OpenBSD、NetBSD、Win32での動作確認が取れているという。

「Namazu 2.0.15」は、Gnumeric文書、KOffice文書(KWord, KSpread, KPresenter, Kivio)、メール内の添付ファイル、MHTML文書、OpenOffice.org2.0 OpenDocumentフォーマット文書、MailMan/Pipermail文書、Microsoft Visio文書(Windows限定)、Zip文書を新たにサポートした。また、Windows環境下での動作改善や、機能強化、いくつかのバグフィクスなども施されている。

Namazu 2.0.15は、NamazuのWebサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Namazu
リリースノート

日本エフ・セキュア、NTTスマートコネクトのホスティングサービスに迷惑メール・ウィルス対策を提供開始

「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」による迷惑メール・ウィルス対策の標準提供を開始する。提供開始は2月1日。

提供される機能は、サーバ側の迷惑メール対策機能、ウィルス対策の高機能化など。

「スマートスクウェア」は、ウィルスチェック機能など、メールとWebサイト構築に必要な50機能以上を基本サービスに有し、オプションとして共用サーバでデータベース機能・ネットショップ開設支援機能なども利用できるホスティングサービス。初期料金5,250円、月額料金2,100円〜で利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

IDGジャパン、LinuxWorld Expo/Tokyo 2006の出展・セミナー募集を開始

Webページ(pdf)に掲載されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
LinuxWorld Expo/Tokyo 2006 出展要綱

経済産業省、PCユーザに対してセキュリティ対策を促す「CHECK! PCキャンペーン」を実施

経済産業省は、PCユーザに対してセキュリティ対策を促す「CHECK! PCキャンペーン」を1月24日にスタートした。キャンペーン隊長には、ブログサイトを開設しているタレントの眞鍋かをりさんを起用。眞鍋さんと1000人隊員による「パソコン救助隊」が、パンフレット、ポスター、テレビCMや新聞広告などでセキュリティ対策の重要性を説明し、対策を呼びかける。

キャンペーンでは、「コンピュータウィルス」、「不正アクセス」、「フィッシング詐欺」、「スパイウェア」の危険性をアピール。その上で、CHECK PC!キャンペーン公式ページで対策法を分かり易く解説している。

このキャンペーンは、一般のPCユーザに、セキュリティの重要性を訴えかけるもの。セキュリティの重要性をいまひとつ認知していない企業・ユーザに対して、様々な方法でPRを行い、セキュリティの重要性を浸透させるのが狙い。

キャンペーン期間は、開始の1月24日から1ヶ月間となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
「CHECK PC!キャンペーン」公式ページ
経済産業省

NTTコムウェア、性能を向上させた小型Linuxサーバ「L-Box」を2月1日に発売

NTTコムウェアは1月25日、同社が提供してきた小型Linuxサーバ「L-Box」の性能を向上させ、2月1日から発売開始すると発表した。

L-Boxは、2003年7月に発売開始した小型のLinuxサーバ。汎用性の高さから多方面から利用されてきたが、新たなニーズにも応えるため、ハードウェアを中心に性能の向上を図り、今回の発売となった。

L-Boxのサイズは大きさ119mm×68mm×98mm、重さ267gと超小型ながら、Ethernet、RS-232C、PCMCIAカード、CFカードなど多くのインターフェース端子を備えている。

今回の性能向上の内容は、
○CPUクロック:200MHzから240MHzへ
○メモリ:32MBから64MB へ
○内蔵ストレージ(CF):32MBから128MBへ
○内蔵時計バックアップ:電源供給が断たれた後も時刻データを48時間以上保持するよう改善
○ACアダプタ:更なる省スペース化を実現
○Linux kernel:2.4.18から2.4.28へ
○スロットの汎用化:無線LANカード専用スロットを、モデムカードやCF(ストレージ) でも利用可能に

OSにはオープンソースのLinuxを採用し、利用者自身で周辺環境にあわせたOSの拡張やアプリケーションソフト開発が可能。単体でも、ファイアウォールを備えたブロードバンドルータやプログラム制御可能な各種ネットワーク装置として利用可能。

価格はオープン。NTTコムウェア及び同社販売代理店を通しての販売となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
L-Box製品情報

産総研、ネットワークからOSをダウンロードして起動するXenoppix、「HTTP-FUSE Xenoppix試験版」を公開

産総研は1月24日、ネットワークからOSをダウンロードして起動するHTTP-FUSE KNOPPIXと、仮想マシンXenを組み合わせた「HTTP-FUSE Xenoppix試験版」を公開した。これを利用すると、6.5MBの起動CD-ROMを利用するだけで、Xenoppixを利用することができる。

従来のXenoppixはサイズが大きかったためDVDによる提供となっていた。CD-ROMサイズのXenoppixも提供されていたが、ゲストOSが限られるという難点があったため、ゲストOSとしてPlan9やNetBSDなどを利用するためには、DVDドライブ搭載のコンピュータが必要であった。今回公開されたHTTP-FUSE xenoppixを利用すれば、ネットワーク経由でHTTPを利用してOSをダウンロードし、OSを起動するため、CD-ROMドライブを搭載したコンピュータでXenoppixが利用できる。

Xenoppixは、ワンCD LinuxであるKNOPPIXと仮想マシンXenを組合わせたもので、ゲストOSをあたかもスタンドアロンで起動したかのように利用できるのが特徴。今回のHTTP-FUSE Xenoppixを利用すれば、仮想マシン上でゲストOSとしてNetBSD、Plan9が利用できる。

HTTP-FUSE Xenoppixの起動CD-ROMのイメージは、産総研のWebサイトから入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
HTTP-FUSE Xenoppix

PCパーツブランド挑戦者、Debian/GNU Linuxで動作するNAS組立キット「GLAN Tank」を発売

同ブランドのトップページによると、初期不良交換以外のサポートサービスを一切行わず、またユーザからの問い合わせに対する応答も一切行わない、としている。同ブランドのWebサイトは、これに同意したユーザのみ閲覧することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
挑戦者 トップページ

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress