はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ソフトバンク、「5G×IoT Studio」をリニューアル

 ソフトバンクは11月30日、第5世代移動通信システム(5G)の実験機器や周辺機器、エッジコンピューティングを想定した高性能サーバなどを設置した屋内トライアル環境として、2018年5月18日にオープンした「5G×IoT Studio」のお台場ラボを、11月30日にリニューアルしたと発表した。

 今回リニューアルオープンした「お台場ラボ」では、5Gのネットワーク環境を、4.5GHz帯から28GHz帯の周波数を使用したノンスタンドアローン標準仕様に構成を変更して再構築した。5Gを活用したサービスの導入を検討する法人のユーザは、今回構築した5Gのネットワーク環境で、5Gの技術検証や5Gと高性能サーバを組み合わせたサービス、アプリケーションの検証などを実施することができる。ソフトバンクは、法人のお客さまとの実証実験を通してノウハウを蓄積し、5Gネットワークの商用展開時に安定したサービスの実現を目指す。

 また、製造業や建設業など、業種別の5Gのユースケースをイメージしたデモンストレーションを新たに用意した。今回、京都の大江能楽堂で上演された「土蜘蛛」を撮影して、5Gの実験用VRコンテンツを制作した。このコンテンツは、舞台に向かって正面、左、左奥、2階席の4カ所から360度カメラで撮影した高精細な8K映像で構成されており、立体音響技術を採用したことで、ユーザーが見る方向に合わせて音が追随し、舞台の奥行きを感じることができる。高速大容量・低遅延でデータ通信が可能な5Gを活用して、ユーザはこのコンテンツを遅延なくスムーズに視聴できるとともに、違う視点の映像に瞬時に切り替えることが可能なため、遠隔地にいながらでもその場にいるかのような臨場感が得られるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

レッドハット、ハイブリッドクラウドのデータ管理強化のためNooBaaを買収

Red Hatは11月27日(現地時間)、ハイブリッドクラウドのデータ管理強化のため、NooBaaを買収したと発表した。

「NooBaa」は、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)に取り組む企業。Noobaaの主要プラットフォームは、分散環境にある非構造化データの可視性を向上させる機能などを提供し、管理しやすくできるよう設計されている。「Red Hat」が「NooBaa」を買収することによって、ユーザは複数のプラットフォームについて詳細を把握することに囚われることなく、ストレージを管理することができるようになるとしている。

 プライベートクラウドと複数のクラウドにまたがって構築、デプロイしている場合に、データポータビリティは不可欠となる。NooBaaの持つ技術によって、Red Hatのポートフォリオを強化し、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドへの対応を推進する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

AWS、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」への機能追加を発表

Amazon Web Servicesは11月29日(現地時間)、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」に「Lambda Runtime API」と「Lambda Layers」を追加したと発表した。

「AWS Lambda」は、サーバレスコンピューティングを可能にするサービス。このサービスを利用することによって、自前のサーバを運用することなくクラウドを利用したコンピューティングが可能になる。

「Lambda Runtime API」は、、現在サポートされていないプログラミング言語に対応させるAPI。今回は、C++とRustが利用できるようになった。今後、ほかのプログラミング言語に対してもランタイムが提供される。「Lambda Layers」はLambdaにおいて独自のライブラリを利用できるようにするもので、コードの共有および管理を支援する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
AWS Lambda

テキストエディタ「Atom 1.33.0」リリース

GitHubは11月28日(現地時間)、オープンソースのテキストエディタ「Atom」の最新版、「Atom 1.33.0」をリリースした。

Atomは、Mac OS X用にGitHubの内部で開発が進められてきたプログラミング向けテキストエディタ。CSS、HTML、JavaScriptなどのWeb技術が応用されて構成されたエディタとなっている。また、ビルドシステムやワークスペースなど、開発に当たって有用なツールも同梱されている。現在では、Mac OS X版のほか、Windows版、Linux版が開発されている。

「Atom 1.33.0」では、構文解析ライブラリ「tree-sitter」に「Rust」のパーサーが追加されたほか、スニペット無効化が可能となるなど、いくつかの機能強化、改善が図られている。

「Atom 1.33.0」は、公式サイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

エクセルソフト、Javaアプリケーションの最適化を行う「Excelsior JET 15.3」を発売開始

エクセルソフトは11月30日、Javaアプリケーションの高速化・最適化などを行うソリューション「Excelsior JET 15.3」を発売開始する。

「Excelsior JET」は、Java アプリケーションの高速化、保護および配布のためのソリューション。ソースコードの変更やハードウェアのアップグレードを行うことなく、Javaアプリケーションを高速化するほか、性能を損なうことなくJavaコードをリバース エンジニアリングから保護する。また、Javaアプリケーション用に、JREに依存しないインストーラを作成することもできる。日本語インストーラも作成できる。

「Excelsior JET 15.3」では、商用ライセンスのOracle実装に代えて標準の「Java SE API」のOpenJDK実装を導入した。また、Spring Bootアプリケーションの専用サポートも組み込まれた。その他にもいくつかの機能強化が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 2.6.5」リリース

Wireshark Foundationは11月18日(現地時間)、ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 2.6.5」をリリースした。

Wiresharkは、Ethrealを前身とするネットワークプロトコルアナライザ。パケットキャプチャやプロトコル解析により、ネットワークの解析を行うことができるオープンソースのソフトウェア。

「Wireshark 2.6.5」は、最新安定版「2.6」系列のアップデートリリース。「Wireshark 2.6.5」では、Qtが「Qt 5.9.7」へアップデートされたほか、7件の不具合修正が施されている。なお、この不具合は「2.4系列」にも存在するため、「Wireshark 2.4.11」も同日にリリースされている。

「Wireshark 2.6.5」は、Windows版、Linux版、BSD版、SolarisやHP-UXなどに対応したUNIX版、Mac OS X版パッケージが用意されている。「Wireshark」はWebサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

ビルドツール「Gradle 5.0」リリース

Gradle.orgは11月26日(現地時間)、オープンソースのビルドツール「Gradle 5.0」をリリースした。

Gradleは、Java向けのビルドツール「Ant」などの特徴を取り入れ、かつ、シンプルなビルドルールが記述できる「Groovy」「Kotlin」を同梱したソフトウェア。、Java、C++、Pythonなど、複数の言語をサポートしている。Groovyを利用することで、AntやMavenリポジトリとの互換性も保っている。

「Gradle 5.0」では、「Gradle Kotlin DSL」が正式版扱いとなり、実用的利用が可能になったほか、Java 11ランタイムのサポートの追加など、さまざまな機能改善が施されている。

「Gradle 5.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
リリースノート

AWS、サーバレスコンピューティング向け軽量仮想マシン「Firecracker」をOSSとしてリリース

Amazon Web Services(AWS)は11月27日(現地時間)、サーバレスコンピューティング向けの軽量仮想マシン「Firecracker」をオープンソースソフトウェアとしてリリースした。

 AWSは従来はサーバレスサービスを、ユーザごとに専用インスタンスを割り振って提供してきた。しかし、これらのサービスの規模拡大に伴い、収容効率やセキュリティに関して見直しが必要となっていたという。今回発表された「Firecracker」は、KVMを利用した新しい仮想化技術。仮想化されていない環境では、軽量のマイクロ仮想マシン(microVM)を数秒で起動することができ、従来のVMで提供されているセキュリティとワークロードの分離と、コンテナに伴うリソース効率性を向上する。セキュリティに関しては、複数レベルの分離と保護を使用し、攻撃を最小限に抑えることができる。

また、リリース時点で125ミリ秒 (さらに2019年に高速化予定) でmicroVMを立ち上げることができ、一時的なものや短命のものを含む多くの種類のワークロードに適している。メモリ消費はmicroVMあたり約5MiBであり、同じインスタンス上で、さまざまなvCPUとメモリ構成を持つ数千のセキュアなVMを実行できる。

Firecrackerは、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Netcraft、2018年11月時点でのWebサーバシェア調査結果を発表

Netcraftは11月26日(現地時間)、2018年11月時点でのWebサーバシェアの調査結果を発表した。

今回の調査によると、Microsoft IISがドメイン名ベースで見るとシェアを伸ばした一方、それ以外のメトリックスで見るとシェアが減少しているという。これは、Microsoft IISを利用しているGoDaddyでのドメイン増加の影響と考えられるという。

一方で、nginxがドメイン名ベースはシェアを減らしている代わりに、その他のメトリックスではシェアを伸ばしている。nginxは、今回の調査だけでなく、長期的に増加傾向にあるとしている。一方、Apacheは長期に渡って下落傾向が続いているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Web Server Survey

分散データストリーミングシステム「Apache Kafka 2.1」リリース

分散データストリーミングシステム「Apache Kafka」の最新版「Apache Kafka 2.1」が11月20日(現地時間)リリースされた。

 「Apache Kafka」は、LinkedInによって開発が開始されたオープンソースの分散データストリーミングシステム。Webサイトなどから発信される大容量のデータを高スループット・低レイテンシーに収集、配信することを目的にしている。大量のメッセージを扱うことができること、シングルクラスタで動作しダウンタイムなしで透過的にスケールできること、レプリカが作成されデータの損失を防ぐことができること、Distributed by Design クラスタが耐障害性のある設計になっていることが特徴になっている。

 「Apache Kafka 2.1」では、Java 11がサポートされたほか、圧縮アルゴリズムZStandardに対応した。また、ゾンビレプリカのフェンシングによるデータの消失への対応などの機能強化、安定性の向上などが施されている。

 「Apache Kafka 2.1」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Documentation

2 / 54212345...102030...最後 »
 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress