はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

NTTデータ、オフィス環境をトータルでクラウド提供する「BizXaaS Office」を発表

NTTデータは5月27日、クラウドサービス「BizXaaS プラットフォームサービスSaaSサービス」のオフィス向けサービス、「BizXaaS Office」を5月30日より開始すると発表した。

「BizXaaS Office」は、社員のPC環境をクラウドで提供する「デスクトップサービス (DaaS: Desktop as a Service)」と、Microsoft製品を利用したファイルサーバーサービス、メールサービス、文書管理サービスを提供するクラウドサービス。

このサービスは、企業の節電協力が求められている状況の中、サーバの自社保有が不要となることや、シンクライアント活用による在宅勤務を推進できることなどにより、オフィスの省電力化に貢献する。また、社内のファイルサーバやメールサーバもクラウド上に集約・統合でき、さらなる省電力化が図れるという。

また、端末、サーバ、オフィスコミュニケーションシステム、サーバ運用まで安価なサービスとして提供されるため、ユーザの運用コストを軽減するほか、PCをシンクライアント環境に移行し、シンクライアント専用端末に置き換えることで、端末からの情報漏えいを確実に防止する。また、ユーザごとに個別の環境が用意されるため、情報の漏洩などの心配も少ない。

今後、「BizXaaS Office」は、東日本-西日本間でのディザスタリカバリ(DR:災害時のデータ復旧)の提供や、アジア諸国などグローバルでのサービス展開も視野に入れ、サービスの拡充に取り組んでいくという。

参考価格は、デスクトップサービス (DaaS) 仮想PC型が月額3,400円~/ユーザ(1,000ユーザ利用の場合)、デスクトップサービス (DaaS) サーバ共有型が月額2,125円~/ユーザ(1,000ユーザ利用、同時利用率40%の場合)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

ヒューレットパッカード、ハイブリッド環境におけるクラウドサービスの構築、管理を自動化する「HP Cloud Service Automation 2.0」を発表

日本ヒューレット・パッカードは5月26日、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在するハイブリッド環境におけるクラウドサービスの構築、管理を自動化するソリューション「HP Cloud Service Automation2.0」を発表、その中核となる「HP CSA Foundation Server software」を6月1日から販売開始する。

同製品は、パブリッククラウドとプライベートクラウドのハイブリッド環境におけるクラウドサービスの構築、管理を自動化するソリューション。プライベートクラウドにおけるリソース不足や非効率な活用や、パブリッククラウドの際限ないサービス導入の必要性を緩和する。

同製品は、マルチベンダー環境でのネットワーク、サーバ、ストレージ、アプリケーションのプロビジョニングを行うことができることに加え、ハイブリッドクラウド環境におけるITリソースの管理、制御を通じて最適なリソース調達を可能にする。利用者からのITリソース要求は、CSA2.0のサービスポータルから一元的に管理することができ、パブリック、プライベートクラウドにまたがった複数のITリソースのオーケストレーションを自動で行うことにより、低コストでのサービス提供を可能にする。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

富士通、OSSを活用したクラウド環境の構築・運用支援サービスを提供開始

富士通は4月22日、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したクラウド環境(OSSクラウド)の構築・運用を支援するサービスの販売開始を発表した。

同サービスは、OSSでプライベートクラウド環境を構築・運用する企業や団体、OSSでクラウドサービスを提供する事業者が対象。ハードウェアとOSSの適切な組み合わせを事前に検証したテンプレートを活用し、最短2週間程度でOSSクラウドを構築することができる。また、同社のクラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」上にも同テンプレートを展開することで、システム災害時のバックアップや負荷集中時の追加資源などの用途で利用することも可能。

同社では、同社のPCサーバ「PRIMERGY」、ストレージシステム「ETERNUS」などのハードウェアとOSSの組み合わせを事前に検証したOSSクラウド基盤、およびOSSクラウドテンプレート18種を整備した。今回提供されるサービスは、これらのテンプレートを元に、「OSSクラウド基盤構築サービス」「OSSクラウドテンプレート構築サービス」「OSSクラウドシステム構築サービス」、導入後の運用支援を行う「OSSクラウド基盤運用支援サービス」「OSSクラウドテンプレート運用支援サービス」「OSSクラウドシステム運用支援サービス」の6種のサービスを提供する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

伊藤忠テクノソリューションズ、東北地方太平洋沖地震の被災地支援を目的とした特別サービスの提供を開始

伊藤忠テクノソリューションズは3月28日、東北地方太平洋沖地震で被災した顧客向けに、保守サポート、仮想化ホスティングサービス、グループウェアASPの特別サービスを提供すると発表した。

内容は以下の通り。

1.保守サポートサービス特別プラン

保守契約期間中及びワランティ期間中の機器に対しての保守サポートを提供する。その際、エンジニアの技術料と交通費は無料。部品費は、メーカーによって特別価格を適用する。本サービスは、同社との保守契約があるシステムが対象。また、災害救助適用地域に限定される(東京都を除く)。

2.仮想化ホスティングサービス特別プラン

仮想化ホスティングサービス「cloudage CUVIC OnDemand」を提供。顧客専用のポータルサイトからサーバ、ネットワークなどのITリソースを必要に応じて自由に増減することが可能なパブリッククラウド型のIaaS。被災地情報発信用Webサイト、自治体の窓口Webサイトなど、復興支援のための仮想サーバシステムを180日間無償提供する。

3.グループウェアASP特別プラン

グループウェアASPとして「EarthDomain」を180日間提供する。スケジュールやワークフローの管理、Webメールの機能を備えたグループウェア。モバイル環境にも対応しており、柔軟な情報共有が実現できる。対象は、災害救助法適用地域のユーザ、被災者に向けた情報発信を必要とする地方自治体、大学、法人企業など。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

日本ラドウェア、新しい仮想アプライアンスとして動作する「Alteon VA」と、アプリケーションデリバリコントローラを発表

日本ラドウェアは2月16日、仮想アプライアンスとして動作する「Alteon VA」とアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)管理ツール向けプラグイン「vDirect」をリリースすると発表した。

ラドウェアは、アプリケーションデリバリーのソリューションに対して、仮想化による機動性と効率性を最大限もたらす「VADI」を提唱している。このアーキテクチャは、アプリケーションデリバリーと仮想化されたサービスを、一つの統合された仮想化インフラへ統合することが可能。特に現在VMwareベースの仮想化システムを運用しているユーザは、Alteon VAおよびvDirectを使用することで、システムの機動性と効率性を高めることができるという。

「Alteon VA」は、ラドウェアのADC製品「Alteon」をソフトウェアとして提供し、仮想インフラストラクチャ上で実行される仮想アプライアンス製品でありながら、ADC専用筐体で提供される従来のAlteon製品と同じレイヤ4-7負荷分散機能、およびアプリケーションの高速化機能を提供する。同製品は、ADCのエリアにおいても最大の機動性が実現するよう設計されており、仮想インフラストラクチャの動的なプロビジョニング、割り当ての解除など、ビジネスにおいて機動性を必要とされる場面で活用できる。

「Alteon VA」はラドウェアの“Pay-as-you-grow”モデルに則った、ライセンスの投入によるオンデマンドなスループットの拡張が実現できるため、過剰な初期投資の必要がなく、必要なパフォーマンスに対応した費用のみで利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

プレスリリース
「VADI」

新日鉄ソリューションズ、プライベートIaaS構築ソフト「Hypercell」を提供開始

新日鉄ソリューションズは2月14日、クラウド上で動作するシステムの再利用性を向上させたIaaSクラウドシステム「Hypercell」を開発・提供開始した。

Hypercellは、システム全体のスナップショット取得/エクスポート/インポートを可能としたIaaSクラウドシステムで、これはOSSのハイパーバイザ(仮想化OS)を利用したクラウドシステムとしては世界初だという。これにより、「複数のVM(仮想マシン)に加え、ネットワーク、ストレージを含めたシステム全体のスナップショットをとることができ、スナップショットに修正を加えることなく新システムとして動作させることが可能になる」「スナップショットを単一のファイルとしてエクスポート/インポートすることができ、別のHypercellクラウドシステムへ容易に移動させ、動作させることを実現した」という。

「Hypercell」は、システム全体を一つの仮想アプライアンスとして捉えることで、従来別々に設定する必要があった仮想マシン、ネットワーク、ストレージを、一体のものとして取り扱うことで、環境を複製する際の設定が不要になり、クラウド上のシステムの再利用性を向上させたという。

Hypercellを利用したIaaSは、顧客のデータセンターもしくは新日鉄ソリューションズのデータセンターに構築される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

NECビッグローブ、セキュアなシステム基盤をオンデマンドで提供する「BIGLOBEクラウドホスティング」を提供開始

NECビッグローブは1月19日、ECサイトやソーシャルサービスなど、BtoCサービスを提供する企業向けに、ニーズに応じてフレキシブルにリソースが利用できるIaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」を提供開始すると発表した。

同サービスは、VMwareの仮想化技術を採用し、BIGLOBEデータセンター上のシステムリソースやネットワークリソースを仮想化することにより、必要な時に必要な分だけ利用可能なIaaS型クラウドサービス。独立したセキュアなネットワーク環境を構築できるプライベートLANを提供し、ファイアウォール・侵入検知サービスなどのセキュリティ関連サービスと組み合わせて、ビジネスに適したプラットフォームを提供する。

「BIGLOBEクラウドホスティング」を利用すると、BIGLOBEデータセンタ上で仮想化されたシステム基盤を、Web上から申し込んだ後、最短5分で構築できる。1時間単位で利用できる「従量料金」と、月額固定で利用できる「月額料金」の、2種類の料金プランから選択可能。LinuxやWindowsといったOS別にパッケージされたベースモデルを基に、CPU、メモリ、ディスクなどのリソースを追加したり、ロードバランサやシステム監視などの豊富なオプションを自由に選択できる。必要なときに必要なリソースが利用可能となるため、企業は変化の早いビジネスにも対応でき、システム投資を最低限に抑えることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
「BIGLOBEクラウドホスティング」サービス情報

富士通、クラウドコンピューティング環境やネットワークのトラブル予兆を検知するソフトウェア「ProactnesII SM V01」を販売開始

富士通は12月20日、ネットワークを監視するサービス管理ソフトウェア「ProactnesII SM V01」を販売開始すると発表した。

「ProactnesII SM」は、クラウドサービスを提供する大規模なデータセンター内のネットワークや、クラウドサービスとその利用者をつなぐインターネットなどのネットワークに対し、通信レスポンスやデータ量(パケット)を監視・分析する。これにより、クラウドコンピューティングにおける障害発生箇所の特定、トラブル予兆の検知を実現する。

同製品は、クラウドコンピューティングのための障害検出技術が活用されおり、大きく分けて「1.障害発生箇所のリアルタイムな切り分け」「2.システムトラブル予兆の検知」「3.クラウドサービス利用者に対する仮想システムの見える化」の3つの技術からなっている。一般にクラウドコンピューティングでは、利用者の仮想サーバがどの物理サーバ上で実行されているかを把握するのが困難だが、ネットワーク機器の設定情報などから、利用者の仮想システムの構成を「見える化」する。これにより、運用者の構成管理の煩雑さを解消する。

価格は、「ProactnesII SM サービス可視化 基本ライセンス1 V01」が30万円から、「ProactnesⅡ SM サーバ構成情報収集 基本ライセンス1 V01」が15万円から、「ProactnesⅡ SM 故障検知 基本ライセンス1 V01」が15万円から(いずれも税別)となっている。出荷時期は2011年1月下旬の予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
「ProactnesII SM」

「VirtualBox 4.0.0」リリース

Oracleは12月22日、VirtualBoxの最新版「VirtualBox 4.0.0」をリリースした。

VirtualBoxは、ホスト上に仮想マシンを作成し、その上で別のOSを実行することができるソフトウェア。Windows版、Linux版、 BSD版などが用意されている。

VirtualBoxでは、仮想マシンからUSB機器を利用したり、Windowsのリモートデスクトップ接続を仮想マシンへ接続する、などが可能。3Dアクセラレーションをサポートしており、64ビットゲストにも対応している。

「VirtualBox 4.0.0」は、メジャーアップデートリリース。GUIの改善や新しい仮想ハードウェアの対応、非同期I/Oのサポート、VDIおよびVHD形式のイメージ取り扱いの機能向上など、さまざまな新機能が追加されている。また、本リリースではライセンスも変更になっており、従来はGPL版と、クローズな部分を含んだPUEL(Personal Use and Evaluation License)版が提供されていたが、VirtualBox 4.0.0ではソースコードとバイナリ共にGPLで公開され、USB 2.0サポートやリモートデスクトッププロトコルなどの機能は拡張機能としてPUELで提供されるようになった。

VirtualBoxは、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
Change Log

シスコシステムズ、包括的なデスクトップ仮想化システムとソリューションを発表

シスコシステムズは11月24日、同社のパートナーとの技術を連携させた包括的なデスクトップ仮想化システムとソリューションを発表した。

「Cisco Virtualization Experience Infrastructure (VXI)」システムは、断片化されたソリューションによって仮想デスクトップの導入が複雑化している現状に対処するとともに、リッチメディアとビデオにおいて、従来のデスクトップ仮想化を強化する。仮想デスクトップ環境用の新しい端末「Cisco VXC 2100」/「Cisco VXC 2200」も同時に発表、更なる仮想デスクトップの導入簡素化を図る。

VXIは、デスクトップ仮想化ソフトウェアとして「VMware View 4.5」と「Citrix XenDesktop 5」を実装。このほか、管理・セキュリティ アプリケーション、EMCと NetAppのストレージ システム、および多数のMicrosoftアプリケーションもサポートしている。

「Cisco VXC 2100」と「Cisco VXC 2200」は、VXI用の仮想デスクトップ端末。VXC 2100はコンパクトタイプのデバイスで、Cisco Unified IP Phone 8900または9900シリーズに組み込まれているため、デスク上のスペースを取らない省スペース型の端末。VXC 2200はスタンドアロン型の端末で、省スペースのゼロクライアント デバイスであり、仮想デスクトップおよび仮想デスクトップ環境で稼働するビジネスアプリケーションにアクセスできるようになっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
シスコの仮想化ストラテジー

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress