はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ターボリナックス、”David”搭載のデスクトップ向けOS「Turbolinux FUJI」発表、11月に発売開始

ターボリナックスは10月20日、ノートパソコンやデスクトップパソコン向けデスクトップOS、「Turbolinux FUJI (version 11)」を発表した。11月25日に発売開始となる。

同製品は、2003年10月にリリースされ、ターボリナックスの基幹デスクトップ製品「Turbolinux 10 Desktop」の後継製品にあたる。Turbolinux 10 Desktopは、日本語環境に定評があり、Turbolinux FUJIにもこの日本語環境は受け継がれるという。

Turbolinux Fujiの売りは、従来から提唱していたWindowsとの互換性の強化にある。オフィスソフトとして「StarSuite」の最新バージョン8を収録したほか、9月に日本市場独占販売権を発表したWindowsアプリケーションを動作させるWindows互換ミドルウェア「David」を搭載しており、Windows環境で作成したMS OfficeファイルなどをFUJI上で開き、編集などを行うことができる。これにより、100%のファイル互換を要求するユーザーの要望に応える。

また、Windows用ウィルスを検出/駆除するために、ロシア・カスペルスキー社のエンジンを搭載した「Turboアンチウィルス」の収録、暗号化フォルダ機能の実装など安全面での強化や、Active DirectoryにおけるLinux PCの認証管理を実現し、Windows/Linux混在環境において懸念事項となっていたユーザー管理の負荷を軽減するなど、企業への本格導入を見据えた実装を行っているという。

Turbolinux FUJIでは、OS本体とプラグインという新しいビジネスモデルを展開する。これにより、ユーザーは基幹OSであるFUJIを入手すれば、用途に応じてプラグインを足すことによって、自分だけに特化したOSを利用することが可能となる。Turbolinux FUJI発売と同時にプラグイン第一弾としてサイバーリンク社の「PowerDVD for Linux」の提供が決定している。

製品ラインは、「Turbolinux FUJI」および基本機能のみを搭載した「Turbolinux FUJI Basic」の2製品。Basicには、David、StarSuite 8、ATOK for Linux、Turboアンチウィルス、リコー製TrueTypeフォントTLゴシック第三/第四水準などが収録されない。販売価格はTurbolinux FUJIが16,800円(税込)、Turbolinux FUJI Basicが5,800円(税込)となっている。発売開始は2005年11月25日(金)の予定。11月11日(金)から11月24日(木)まで、Turbolinuxオンラインショップにて先行予約を受けつけ、先着1,000名にターボリナックスロゴ入りグッズがプレゼントされる(Basicは対象外)。また、Turbolinux既存ユーザーに対しては、Turbolinux FUJIが優待価格で提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

ニュースリリース
製品イメージ

日本エフ・セキュア、Linuxサーバ向け統合ソリューション、「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表

日本エフ・セキュアは10月18日、Linux向けセキュリティソリューション、「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表した。11月1日よりオーダーを受付し、11月15日より出荷開始する。

「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」は、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション。
○リアルタイムのウィルス検査
○ファイアウォール機能
○不正侵入防止機能(IDS)
の機能を実装しており、Linuxサーバに対して高度なセキュリティを実現する。また、無償オプションの「F-Secureポリシーマネージャ」を利用すると、10,000システム以上のWindowsおよびLinuxのサーバ、PCを集中管理することができる。

また、日本語GUIによる設定、管理が可能で、操作しやすいWebベースのGUIインターフェイスが利用できる。Linuxに詳しくないユーザでも、ローカル及びリモートから容易に設定、管理が可能だという。

対応ディストリビューションは、RedHat AS/ES 2.1、3.0、4.0・MiracleLinux 2.x、3.0・Debian 3.1・SuSE 8、9となっている。

価格は、1サーバ8万8000円(初年度、税別)、数量割引により10サーバで7万円/サーバ、100サーバで3万5000円/サーバとなる。Windows、Linuxの集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」は無償提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

アルファシステムズ、KNOPPIX利用のシンクライアント端末構築サービス「あんしんモバイル」を提供開始

アルファシステムズは10月17日、企業・自治体向けに1CD Linux「KNOPPIX」を利用したシンクライアント端末の構築サービス、「あんしんモバイル」の提供を開始した。

シンクライアント方式は、顧客情報などのデータを全てサーバに起き、クライアント側はサーバの操作結果のみを画面に映し出す方式。このような方式をとることにより、モバイルPCにデータを持ち出すことなく作業を行うことができる。この方式をとることにより、データを社外に持ち出すことなく作業を行うことが可能になる。これによって、データの機密性が高まり、ノートPCの盗難などによる情報漏えいを防ぐことができる。

これまでのシンクライアント方式は、常時接続を前提としており、接続が切れると使えなくなるというデメリットがあった。今回、1CD Linuxである「KNOPPIX」を利用することにより、OSとアプリケーションはCD-ROMから起動することができるため、接続が切れても作業を続行することができるというところが大きな特長。この方式のメリットは、携帯電話などを利用した、短時間の接続であっても、シンクライアント方式が利用できるということにある。

今回提供する「あんしんモバイル」では、企業や自治体の要望に応じて、KNOPPIXの設定や収録アプリケーションなどをカスタマイズする。また、様々な認証方式に対応するなど、セキュリティ面も強く意識した作りとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース(pdf版)
「あんしんモバイル」情報

Ubuntu Team、サーバ向けディストリビューション「Ubuntu 5.10」を公開

 Ubuntu Teamは10月13日、サーバ向けLinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 5.10 “Breezy Badger”」をリリースしたと発表した。
 
 「Ubuntu」は、主にサーバ向けに開発されたLinuxディストリビューション。今回発表された「Ubuntu 5.10 “Breezy Badger”」は、最新の各種アプリケーションのほか、デスクトップ環境も充実。デスクトップ用途にも利用しやすくなっている。

 また、Ubuntuの日本における普及活動を行うUbuntu-jaプロジェクトは、このリリースにあわせ、「日本語版Ubuntu 5.10 インストールCD isoイメージ」を公開した。このisoイメージは、同プロジェクトのWebページで公開されており、ダウンロードすることができる。「日本語版Ubuntu 5.10」では、日本語表示環境、入力環境などが整備されている。また、今後は、、ライブCDイメージ、coLinux用イメージなども順次リリースされる予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Ubuntu Team
Ubuntu-jaプロジェクト

ミラクルリナックス、Asianux2.0を同梱した「MIRACLE LINUX V4.0」を11月7日から発売

ミラクルリナックスは10月6日、カーネル2.6採用の「Asianux2.0」を同梱したLinux サーバOSの最新版、「MIRACLE LINUX V4.0 – Asianux Inside」を、11月7日より出荷開始すると発表した。

「Asianux2.0」は、中国(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報
ミラクルリナックス
中国レッドフラッグ
韓国ハーンソフト

MCJとターボリナックス、デスクトップPCとSkype対応USBハンドセットのパッケージ製品を低価格で販売

ネットワーク応用通信研究所、オープンソースCRM「SalesLabor」を収録したKNOPPIXを公開

SalesLaborの公式サイトから、isoイメージとして入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ネットワーク応用通信研究所
SalesLabor
KNOPPIX日本語版

Berry Japan、シンクライアント専用 Linux OS 「Berry OS Enterprise」を販売

Berry Japanは9月28日、シンクライアント専用 OS「Berry OS Enterprise」と、「Berry OS Enterprise Mobile」(ノートPC向け)を製品化し、販売を開始したと発表した。

シンクライアントとは、ハードディスクなどデータの保存領域をもたないクライアント。情報漏えいなどの恐れが少なく、セキュリティへの重要性が増している昨今、大きな注目を浴びている。この情勢を受けて、同社はシンクライアント専用OS「Berry OS Enterprise」ならびに「Berry OS Enterprise Mobile」を製品化した。基本構成は、ブラウザ、メールソフト、オフィスソフト、PHS接続ツール(Berry OS Enterprise Mobileのみ)とシンプルな構成となっている。USBメモリ、コンパクトフラッシュに同製品を搭載すれば、既存の資産を改変することなく利用できる。

同製品の特徴として、『カスタマイズが可能なOS』である、ということが挙げられる。起動画面にロゴを付け付加価値を加える、希望のアプリケーションの追加や削除を行なった上で納入するといったことが可能で、例えばブラウザのみを搭載したOSを実現することもできる。

現在、開発をすすめている案件は、
・SSLでクライアントとサーバーを結び、WebDAVを用いてユーザー認証した上で、社内サーバーにファイルを保存。クライアント側にはデータを保存できない仕様にカスタマイズする
・VPNクライアントを搭載し、エンドユーザー開発の自社アプリケーション用いてWebブラウザでファイル操作。メーラー、オフィスソフトは搭載しない
・IP-VPN接続でエンドユーザー開発の自社システムにのみネットワーク接続。エンドユーザー開発のクライアント証明書を搭載し認証に用いる。IP-VPN接続以外の端末からの接続は制限する
などがある。

価格は、基本価格「Berry OS Enterprise」が7,980円、「Berry OS Enterprise Mobile」が9,980円。これに、搭載するメディア代金やオプションなどが加算される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Berry OS Enterprise紹介ページ
ニュースリリース

ノベル、「Novell SUSE Linux 10.0 日本語版」を発表

ノベルは9月28日、同社がリリースするNovell SUSE Linuxの最新版「Novell SUSE Linux 10.0日本語版」を10月7日より販売開始すると発表した。

SUSE Linuxは個人ユーザ向けLinux製品であり、Linuxと多彩なアプリケーションをワンパッケージで提供する。

SUSE Linux 10.0は、ノベルが今年8月上旬に発足させたopenSUSEプロジェクトが開発および検証に参加した初めてのリリースとなる。

SUSE Linux 10.0は、kernel 2.6.13を搭載し、「OpenOffice 2.0」など1,500本以上のオープンソースおよびプロプライエタリのアプリケーションを同梱している。 また、「Xen 3.0」による仮想化技術、64ビットへの対応、クラスタリングの簡素化、「Novell AppArmor lite」による内外の攻撃やウィルスからLinux OSとアプリケーションの双方の保護、Kontactと統合化されたVoIPソリューション、などがある。

価格はオープン(市場推定価格は税込\9,240)で、店頭およびノベル販売パートナを通じて販売される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

ターボリナックス、デュアルコア対応64ビットサーバーOS「Turbolinux 10 Server x64 Edition」を10月に発売

ターボリナックスは、デュアルコア対応の64ビットサーバーOS「Turbolinux 10 Server x64 Edition」を発売した。

「Turbolinux 10 Server x64 Edition」は、AMD Opteronプロセッサ、AMD Athlon 64プロセッサ、Intel社の64ビット インテル Xeon プロセッサ、エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(EM64T)対応のインテルプロセッサ、および両社の各デュアルコアに対応している。

「Turbolinux 10 Server x64 Edition」は、「Turbolinux 10 Server」をベースに、カーネルおよびユーザー空間で動作するアプリケーションが64ビットCPU上で最適化されている。これにより、64ビットアーキテクチャの長所を余すところなく活用できるようになり、処理速度や信頼性が飛躍的に向上する。

販売価格は59,800円(税別)で、2005年10月14日(金)より全国の販売店ならびに(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress