はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

HHVM Project、Hack実行環境「HHVM 4.9.1」リリース

HHVM Projectは6月13日(現地時間)、Hack実行環境「HHVM 4.9.1」をリリースした。

「HHVM」は、「HipHop Virtual Machine」の略で、PHPベースのプログラミング言語Hackで作成されたコードを実行するための仮想環境。PHP Licenseの下で、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

「HHVM 4.9.1」はマイナーアップデートリリースだが、6月10日にリリースされた「HHVM 4.9.0」のセキュリティアップデートリリースとなっている。「HHVM 4.9.0」はメジャーアップデートリリースだが、いくつかの新しい機能が加わっているほかは脆弱性の修正が主となっている。

「HHVM 4.9.1」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

GNUグラフィック編集ソフト「GIMP 2.10.12」リリース

The GIMP Teamは6月12日(現地時間)、GNUのグラフィック編集ソフトウェアGIMPの最新版「GIMP 2.10.12」のリリースを発表した。

GIMPは、Linuxなどに広く採用されているグラフィック編集・加工ソフトウェア。GNU GPLライセンスの下で公開されており、無償で利用できる。なお、対応OSとして、UNIX系OS向けソースコードのほか、Windows版パッケージもリリースされている(Mac OS X版は2.4は未公開)。

「GIMP 2.10.12」では、高速なペイント機能が搭載されたほか、Windowsでユーザインストールフォントがサポートされるなど、複数の機能改善および不具合修正が施されている。

「GIMP 2.10.12」は、同チームのWebサイトからソースコード・パッケージを無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

Linuxカーネル「Linux 5.1.10」リリース

Linux kernelの最新版、「Linux 5.1.10」が6月15日付(現地時間)でリリースされた。

今回のリリースはマイナーアップデートリリースに相当しており、NULLポインタ参照によるDoS攻撃の危険性や、mwifiex_uap_parse_tail_ies()関数に存在するメモリ破壊の危険性のある脆弱性の修正などが加わっている。ユーザはアップデートが強く推奨される。

「Linux 5.1.10」は、gitもしくはkernel.orgからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
kernel.org

FTPクライアント「Cyberduck 7.0」リリース

FTPクライアント「Cyberduck 7.0」が6月5日(現地時間)リリースされた。

Cyberduckは、Mac OS XおよびWindowsに対応したFTPクライアント。SFTPやWebDAVなどのプロトコルをサポートしており、Amazon S3、Google Cloud Storage、Rackspace Cloud Filesなどのオンラインストレージにも対応している。

「Cyberduck 7.0」では、複数の接続を使って1つのファイルをダウンロードする「マルチセグメントダウンロード」をサポートした。これにより、ダウンロードの速度向上や信頼性の向上などが図られた。また、「OneDrive」「Google Drive」「Dropbox」で共有リンクの作成ができるようになった。

「Cyberduck 7.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ChangeLog

Intelの複数の製品に脆弱性、アップデートが提供される

Intelは6月11日(現地時間)、同社の複数の製品に脆弱性が存在すると発表した。また、同時にアップデートを提供した。

アップデートが提供された製品は以下の通り。ユーザはアップデートの適用が強く推奨される。

〇Intel NUC Firmware(深刻度「HIGH」)
〇Intel RAID Web Console 3 for Windows(深刻度「HIGH」)
〇Intel Omni-Path Fabric Manager GUI(深刻度「MEDIUM」)
〇Open Cloud Integrity Technology and OpenAttestation(深刻度「MEDIUM」)
〇Partial Physical Address Leakage(深刻度「LOW」)
〇Intel Turbo Boost Max Technology 3.0(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel SGX for Linux(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel PROSet/Wireless WiFi Software(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel Accelerated Storage Manager in Intel Rapid Storage Technology Enterprise(深刻度「HIGH」)
〇Intel Chipset Device Software (INF Update Utility)(深刻度「LOW」)
〇ITE Tech Consumer Infrared Driver for Windows 10(深刻度「MEDIUM」)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNの情報

Zorin Group、Linuxディストリビューション「Zorin OS 15」をリリース

 Zorin Groupは6月5日、Linuxディストリビューション「Zorin OS 15」をリリースした。

 「Zorin OS」は、デスクトップ環境をWindowsやMac OS Xと似たものに簡単に変更できるLinuxディストリビューション。軽量、高速であり、セキュリティにも力を入れた、デスクトップ用途向けのディスとリビューションとなっている。 

 「Zorin OS 15」は、「Zorin OS 12」に続くメジャーリリースとなっている。カーネルには「Linux 4.18」が採用されており、Gnome Shell 3.30が搭載されている。「Zorin OS 15」では、Androidとの連携機能「Zorin Connect」が採用されている。この機能により、スマートフォンの通知をデスクトップに表示したり、デスクトップからSMSメッセージを送るといったことができる。その他、機能強化やパフォーマンスの改善、ルックアンドフィールの変更など、さまざまな変更が加わっている。

 「Zorin OS 15」は、Webサイトから入手できる。
 

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

サイバートラスト、「MIRACLE CLUSTERPRO X 4.1」を発表

サイバートラストは6月12日、HAクラスタソリューション・パッケージ製品「MIRACLE CLUSTERPRO X」の最新版、「MIRACLE CLUSTERPRO X 4.1」を発表した。

「MIRACLE CLUSTERPRO X 4.1」は、NECのクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X」と、Linux OS「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V7 SP3」を組み合わせたパッケージ製品。「MIRACLE CLUSTERPRO X 4.1」では、製品導入や構成変更のユーザビリティが改善されているほか、デバイスドライバのアップデートによって、第8世代のXeonプロセッサなど最新のハードウェアに対応した。その他にも複数の機能改善・不具合修正が施されている。

価格は、MIRACLE CLUSTERPRO X (MIRACLE LINUX V6) [2CPU/2VM]が600,000円、Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA[1CPU/1VM]が90,000円(いずれも税別)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるソフトウェア「Wine 4.10」リリース

Wine HQは3月2日(現地時間)、x86アーキテクチャ上の LinuxなどでWindows向けアプリケーションを動作させるソフトウェアWineの最新版、「Wine 4.10」をリリースした。「開発版」としてのリリースとなる。

Wineは「Wine Is Not an Emulator」の略称であり、エミュレータを動作させるのではなく、Windowsアプリケーションをネイティブ動作させるソフトウェア。X Window Systemを利用して、Windows向けのGUIアプリケーションを動作させることができる。

「Wine 4.10」では、複数のDLLがPE形式で新しく加わったほか、ドライバのインストールサポートの拡大など、複数の強化が図られている。

「Wine 4.10」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス(英語)

バージョン管理システム「Git 2.22.0」リリース

バージョン管理システムGitの最新版、「Git 2.22.0」が6月7日(現地時間)リリースされた。

Gitは、Linux kernelのソースコード管理を目的として、Linus Torvaldsらによって開発が開始された、高速の分散型バージョン管理システム。ワークディレクトリがすべてのリポジトリ履歴を持っているため、中央サーバへのアクセスを行わなくてもリビジョン間の履歴を調べることができる。

「Git 2.22.0」では、「git rebase」コマンドの再構築、コマンドの挙動の一部変更、追跡の強化など機能がいくつか強化されたほか、安定性向上、バグフィクスなどが施されている。

「Git 2.22.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

「phpMyAdmin 4.9.0」リリース

MySQLサーバの管理ツール「phpMyAdmin 4.9.0」が6月4日(現地時間)、リリースされた。

「phpMyAdmin」は、Webブラウザで管理できるようにするデータベース接続クライアントツール。PHPで実装されており、SQLのコマンドを実行することなくデータベースに対する操作を行うことができる。様々なフォーマットにデータをインポートおよびエクスポートしたり、データベースレイアウトのPDFグラフィックスを作成することなどができる。

「phpMyAdmin」はWebサーバに置かれるため、セキュリティに厳格である必要がある。「phpMyAdmin 4.9.0」はセキュリティフィクスであり、ユーザはアップデートが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress