はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

クラスキャット、IBM SoftLayer パートナーサービスおよびSoftLayerクラウド対応ソリューションの提供を開始

クラスキャットは5月12日、IBM SoftLayer パートナーとして各種サービスの提供を開始すると共に、SoftLayer クラウド対応ソリューションを順次提供していくことを発表した。

クラスキャットは、IBM SoftLayer パートナーとして、(1) SoftLayer オーダー代行サービス (2) SoftLayer ユーザ向け日本語ポータルサービス (3) SoftLayer パートナー向けトレーニング の3つを主に提供する。これらのサービスと共に、同社のソリューションを SoftLayerクラウドに対応させた上で順次提供していく。

提供するソリューション第1弾として、インターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Ex」シリーズの SoftLayer クラウド対応の新ラインアップ「ClassCat Cute Server Manager Cloud Edition Ex 6.5 for SoftLayer」の提供を開始する。同製品は、Cobalt RaQ550の操作性を継承したLinux サーバ管理ツール「ClassCat Cute Ex」シリーズの SoftLayer クラウドサービス向けの最新ラインアップ製品。オープンソース化されたCobalt RaQ550の運用管理ツールをベースに、メールセキュリティ機能を大幅に強化し、侵入検知/防御(IDS/IPS)・改竄検知ソリューションを統合し、SoftLayerクラウドサービス上の利用に最適化されている。同製品は、Red Hat Enterprise Linux 6 および CentOS 6 の両者に対応している。

価格はオープン。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

富士通、SDNによる広域ネットワーク向け仮想化製品を提供開始

富士通は5月9日、SDNによる広域ネットワーク向け仮想化製品「FUJITSU Network Virtuora NC」「FUJITSU Network Virtuora SN-V」を発売開始した。

「FUJITSU Network Virtuora NC」は、ネットワークの構成情報を集中管理し、サービスごとに最適な通信環境となる仮想ネットワークの構築を一元的に行う集中管理型ソフトウェア。広域ネットワーク事業者の、複雑な仮想ネットワークの効率的運用を支援する。同製品は、富士通独自の経路設計エンジンによって、中継ノードの段数や確保可能な帯域幅などの情報に基づいて最適な経路を決定し、広域ネットワークにおけるファイアーウォールやロードバランサなどの機能を選択し自動でつなぐサービスチェーニング機能を有する。さらに、サービスごとの通信経路情報を可視化し、仮想ネットワークの運用を簡素化する。

「FUJITSU Network Virtuora SN-V」は、「Virtuora NC」が設定した情報に基づき、仮想ネットワーク制御およびユーザーデータ転送処理を行うソフトウェア。汎用IAサーバで動作し、従来はネットワーク構築で必要とされた専用通信機器の利用を減らすことで、CAPEXを削減できる。ソフトウェア処理において同社独自の実行制御技術を採用しており、高速データ通信処理を実現した。また、自律的な経路障害監視、および障害検出時の即時切替え機能も併せて備えており、「Virtuora SN-V」の制御インターフェースとして、標準プロトコルOpenFlow1.3をサポートしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

Oracle、OpenStackのSolarisへの統合を発表、独自ディストリビューションもリリースへ

Oracleは5月13日(現地時間)、OpenStackのSolaris 11への統合と、x86向け独自ディストリビューションの開発を発表した。

OpenStackは、Solaris 11.2においてSolarisに統合される。これによって、SolarisでOpenStackの全機能が利用できるようになるほか、OpenStackを含むSolarisを中心としたプライベートクラウドを構築することもできる。

また、同社はOracle Linuxに対応したOpenStackディストリビューションも独自に発表。プレビューを公開した。このディストリビューションでは、Oracle Kspliceの機能を利用することができる。製品版では、Oracle Linuxの有償サポートでこのディストリビューションのサポートを受けることができるようになる予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(Oracle Solaris 11.2)
プレスリリース(独自ディストリビューション)

日本テキサス・インスツルメンツ、IoTクラウド・エコシステム結成を発表

日本テキサス・インスツルメンツは4月14日、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)向けのクラウドサービス・プロバイダ各社によるサードパーティ・エコシステムを結成した。

IoTクラウド・エコシステムのメンバー各社は、データ統合、データ解析、ユーザー・ポータルやスマートフォンのアプリ、複数のワイヤレス・テクノロジとの互換性など、IoTのニーズに適合する各種サービスを提供する。エコシステムの初期メンバーには、2lemetry、ARM、Arrayent、Exosite、IBM、LogMeIn、Spark、 Thingsquareなど。他にも加入を希望するクラウド・サービスプロバイダの加入を募る。

このシステムにより、同社のサービスを利用する各社は、IoTの接続を容易に実現できるようになる。IoT分野は、2020年には500億件のコネクテッド・デバイスが予測されており、急速な成長が見込まれ、これにより一人一人のユーザのために動作するテクノロジが提供されるようになるという。同社は、有線や無線のテクノロジ、マイコン、プロセッサ、センサやアナログ・シグナル・チェーン、電源ソリューションなどの製品ポートフォリオを供給し、様々なIoTにアクセスできるよう設計された、クラウド対応のシステムソリューションを提供する。家庭、産業用や車載向けの高性能アプリケーションから、電池動作のウエアラブルやポータブルの製品、エネルギーハーベストのワイヤレスセンサ・ノードまで、TIでは、あらゆる製品をIoTに対応させるハードウェア、ソフトウェア、ツール群とサポートを供給し、アプリケーションの開発を容易にする。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
サービス概要

NEC、統合型システム「NEC Solution Platforms」の仮想化・クラウドサービス基盤の新製品を発売

NECは4月11日、統合型システム「NEC Solution Platforms」の仮想化・クラウドサービス基盤の新製品、「Cloud Platform Suite R4」を販売開始した。

同製品では、従来の「エンタープライズパッケージ」、「スタンダードパッケージ」に加え、中小規模の仮想化基盤構築向けに仮想サーバ1台から始められる「ベーシックパッケージ」がラインアップに追加されている。

「Cloud Platform Suite」は、事前に設計・構築・検証済みの製品(サーバ、ストレージなどハードウェアとOS、仮想化ソフトなどソフトウェア)と、説明書や運用ガイドラインなどのドキュメントをまとめて提供する。これによって短期間で手軽にシステムを導入でき、増設・拡張も容易だという。

ラインナップは、仮想サーバとしてラックマウントサーバ1台から始められるベーシックパッケージから、最大64台のサーバ拡張が可能なエンタープライズパッケージまで、システム規模や要件に合わせた選択が可能となっている。業務アプリケーション基盤としてスモールスタートで導入し、複数年で基盤に載せる業務アプリケーションの範囲を徐々に広げるなどという使い方もできる。

また、SDNスイッチを搭載した「SDN対応セット」および、ネットワークや仮想サーババックアップシナリオなどの設定を追加で行う構築サービスと、仮想化基盤の日常監視手順などを記述した運用手順マニュアルをセット化した「追加構築セット」も併せて提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
製品情報

シトリックスとパロアルトネットワークス、統合マルチテナントネットワークセキュリティとADCサービスを共同提供

シトリックス・システムズ・ジャパンは3月12日、同社のサービスデリバリーネットワーキングプラットフォーム「Citrix NetScaler SDX」に、パロアルトネットワークス が提供する仮想化ファイアウォール・脅威保護製品「Palo Alto Networks VM-Series」を統合可能にすると発表した。これにより、単一のマルチテナントプラットフォーム上で、個々のアプリケーションに合わせて調整された専用のアプリケーションデリバリーコントローラ (ADC) と次世代ファイアウォールを統合して運用することが可能になる。

「Citrix NetScaler SDX ADCクラウドサービスプラットフォーム」は、数多くの大規模パブリック/プライベートクラウドで採用されており、モバイルとクラウドの世界で必要とされるアプリケーションの可用性、高速化、セキュリティを提供するマルチテナント型アプライアンス。「Palo Alto Networks VM-Series」は、PAN-OSソフトウェアを実行することで次世代のファイアウォールおよび脅威保護機能を実現する。「NetScaler AppFirewall」によるWebアプリケーション保護機能は、Palo Alto Networks VM-Seriesが提供する次世代ファイアウォールの機能を補完する。

シトリックスとパロアルトネットワークスの両社は今後も、Citrix XenAppとCitrix XenDesktopに対応する実証済み共同ソリューションを推進していく方針。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
Citrix NetScaler SDX
「Palo Alto Networks VM-Series」

「Xen 4.4」リリース

The Xen Projectは3月10日(現地時間)、仮想化ハイパーバイザXenの最新版「Xen 4.4」をリリースした。

「Xen 4.4」では、ARMアーキテクチャが正式にサポートされた。Xen 4.3でもサポートされていたが実験的という位置づけで、今回のXen 4.4で正式にサポートされたことになる。ARM 64bitアーキテクチャへの対応も強化され、ARM上で64bit仮想マシンを稼働させることもできるようになった。また、libvirtに対応し、これによってCloudStackやOpenStackから操作できるようになった。その他、サポートするアーキテクチャの拡充、機能強化、安定性向上など、いくつかの変更が施されている。

Xen 4.4では、ソースコードおよびバイナリパッケージが用意されている。ソースコードおよびバイナリパッケージは、Webサイトからダウンロード・入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

コンテナ型仮想化ソフトウェア「Docker 0.9」リリース

dotcloudは3月10日(現地時間)、コンテナ型仮想化ソフトウェア「Docker 0.9」をリリースした。

Dockerは、コンテナ技術による仮想化ソフトウェア。コンテナと呼ばれる独立した空間を作り、そこで仮想マシンを動作させる。DockerはLXC・AUFSなどの技術をベースとしており、Ubuntuなどの上で動作する。

「Docker 0.9」では、プログラムを変更し、従来LXCによってカーネルを呼びだしていた形式を変更。LXCなしで直接OSを稼働できるようになった。なお、起動オプションによって、LXCを経由して稼働させることもできる。

「Docker 0.9」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

NECなど5社、SDNにより広域ネットワークを実現する基本技術を確立

日本電気(NEC)日本電信電話(NTT)NTTコミュニケーションズ富士通日立製作所は3月7日、複数の広域ネットワークインフラを統合管理するプラットフォームや、その上で動作する汎用ネットワーク制御アプリケーションなど、広域ネットワークのSDN化につながる基本技術を確立したと発表した。

NECなどの5社は共同で、通信事業者が提供するモバイルネットワークやインターネットなど広域ネットワークインフラの総合的なSDN化を目指す世界初の研究開発プロジェクト「Open Innovation over Network Platform」を、総務省の「ネットワーク仮想化技術の研究開発」の委託研究として、2013年6月から推進している。今回の発表は、本プロジェクトの成果物として発表された。

今回確立した成果は、ネットワーク情報の統一的な表現を定義し、これを扱うデータベースを構築することで、光ネットワークなど下位レイヤのネットワーク資源をパケットトランスポートなど上位レイヤから簡単に扱えるようにした。これにより、種類の異なる複数のネットワークを対象に、共通項目に基づいた運用管理や制御が可能なソフトウェアの提供が可能となり、通信事業者は、光、パケット、無線などを組み合わせた仮想ネットワークを簡単かつ迅速に提供できるようになった。サービスプロバイダは、Webでの簡単な入力などにより、希望するネットワーク構成を通信事業者へ伝えることが可能になる。通信事業者は、光ネットワークとパケットトランスポートネットワークを柔軟に組み合わせてサービスプロバイダの要求に合わせた仮想ネットワークを構築することや、仮想ネットワークの上で、「いつ」、「どこで」、「何が」起こっているかを瞬時かつ的確に把握することができるようになる。さらに各レイヤのネットワーク装置を連携させることで、将来的に通信事業者は、サービスプロバイダの要求に応じた広域ネットワークの設計・構築・変更を、従来の約10分の1の時間で実現できる。

今後、同プロジェクトは、ネットワーク仮想化に関する研究開発成果の実用化を目指し、グローバルな普及や、標準化を推進する。また、2013年度中にホームページなどにより情報公開を開始し、2014年度中には成果の一部をオープン化、2016年3月までには研究成果内容及び実証実験等の結果を明らかにし、国内外の通信事業者・サービスプロバイダ・ベンダへの提供を目指す。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

「VirtualBox 4.3.8」リリース

VirtualBoxの最新版、「VirtualBox 4.3.8」が2月25日(現地時間)リリースされた。

VirtualBoxは、ホスト上に仮想マシンを作成し、その上で別のOSを実行することができるソフトウェア。Windows版、Linux版、 BSD版などが用意されており、個人利用または評価目的の場合は無償で利用可能。また、ソースコードがOSE版としてGPLの下で公開されている。

VirtualBoxでは、仮想マシンからUSB機器を利用したり、Windowsのリモートデスクトップ接続を仮想マシンへ接続する、などが可能。3Dアクセラレーションをサポートしており、64ビットゲストにも対応している。

「VirtualBox 4.3.8」は、SSE 4.1/4.2パススルーが実験的ながらサポートされたほか、pingプロキシの実装、キャプチャにおける3Dコンテンツのサポートも追加された。

VirtualBoxはWebサイトから入手できる。非オープンソースのバイナリが含まれる「Extension Pack」は、個人利用に限り無償で利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »
 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress