はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

レッドハット、RHCEの上位の技術認定資格「RHCA」のトレーニング及び認定試験を開始

レッドハットは2月15日、同社の最上位の技術認定資格プログラムRHCE(Red Hat Certified Engineer)のさらに上位に位置づけられる認定資格、「RHCA(Red Hat Certified Architect)」を新たに設定し、トレーニングコースを2006年3月から提供すると発表した。

RHCAは、Red Hat Enterprise Linuxでより高度なシステム運用・管理技術を身につけたい技術者を対象にした、大規模システム管理技術認定資格プログラム。すでに提供されているRHCEの上位に位置づけられ、RHCEのスキルレベルをさらに上回る複雑かつ高度な運用・管理、障害解析、およびセキュリティ対策技術を獲得できる。また、レッドハットが提供しているサービスソリューションソフトウェア( Global File System, Cluster Suite, Directory Server, Red Hat Network Proxy/Satellite)連携していることも特徴。

RHCAは、5つのサブ試験(エンドースメント試験)により構成され、すべてのサブ試験に合格して、はじめてRHCAを取得することができる。すべての試験およびトレーニングコースはRed Hat Enterprise Linux 4で行われ、RHCEと同様に「実技・実習形式」にて提供される。

受講に際しては、RHCE取得が前提条件ではないが、RHCEレベルの技術/知識が要求される。

新規に開始されるコースと認定試験は次の通り(価格はいずれも税込)。

○トレーニングコース(いずれも4日間)
・エンタープライズ セキュリティネットワークサービスコース (315,000円)
・エンタープライズシステムの導入・運用コース(420,000円)
・エンタープライズディレクトリサービスおよび認証コース(346,500円)
・エンタープライズストレージ管理コース(504,000円)
・エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニングコース(420,000円)

○RHCA試験(いずれも1日)
・エンタープライズ セキュリティネットワークサービス試験(94,500円)
・エンタープライズシステムの導入・運用試験(94,500円)
・エンタープライズディレクトリサービスおよび認証試験(94,500円)
・エンタープライズストレージ管理試験(94,500円)
・エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニング試験(94,500円)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
RHCA取得コース

ターボリナックス、低価格なIP電話環境構築ソフトウェア「InfiniTalk」を発売

日本Linux協会、Linux Conference 2006の発表論文を募集

日本Linux協会は2月8日、5月31日(水)〜6月2日(金)に開催されるLinux Conference 2006の開催にあたって、カンファレンスで発表する論文の募集開始を発表した。

Linux Conference は、同協会が主催するオープンソースソフトウェア、自由ソフトウェアに関する話題を討議するカンファレンス。ソースコードレベルでの議論を自由に行える場として例年開催されてきた。今回募集する論文は、オープンソースソフトウェア・自由ソフトウェアの技術に関するもの、ソフトウェアと社会に関する提言など。テーマの例として、Linux、uClinux、GCC、Apache、Zope、Kahua、LL (Gauche, Ruby, Perl, Python等)、GTK+、Qt、FreeType、GNOME、KDE、DirectFBなど(テーマはこれに限らない)が挙げられている。

応募要綱は、
○応募締切: 2006年4月4日(火) 00:00:00 +0900
○提出形式: フルペーパ、A4 6〜10ページ程度 (フォーマットはPDF)
○提出先: 同協会宛E-mailにて
○採否通知: 2006年4月21日(金)
○カメラレディ提出期限: 2006年5月8日(月)
○言語: 日本語または英語

となっている。さらに、会期終了までにEメールでPDFフォーマットのプレゼンテーション資料を提出する必要がある。また、採用された論文の応募者は、カンファレンスで論文の発表を行う。投稿された論文の著作権は著者に帰属するが、採択された論文の各著作権者は、日本Linux協会による当該論文の再配布(論文集やWebへの掲載など)を許諾するものとする。

優秀論文 (1 論文) には、副賞 (賞金 20 万円) が授与される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

SeaMonkey Council、Mozilla Suiteの後継となる「SeaMonkey 1.0」リリース

SeaMonkey Councilは1月30日、Mozilla Suiteの後継となる「SeaMonkey 1.0」を発表した。SeaMonkeyは、Web ブラウザ、メールクライアント、WYSIWYG の Web ページ作成機能、IRC チャットクライアントが同梱されている、インターネットスィート。Web 開発者向けののDOM インスペクタやJavaScript デバッガツールも同梱される。

SeaMonkeyは、先代の Mozilla Application Suite や Netscape Communicatorの外見・操作性を備えつつ、ドラッグ・アンド・ドロップで並び替えができるタブ、電子メールのフィッシング検出機能、複数アカウントを管理するためのグローバルボックス、Scalable Vector Graphics(SVG)のサポートなど、いくつかの新機能が搭載されている。

SeaMonkey Councilは、Mozilla Foundationがスイート製品の開発を中断した際に、Mozillaのスイートコードベースを中核にして立ち上げられた。今後も、このスイートの開発を続けていくという。

SeaMonkey 1.0は、Windows、Mac OS X(10.2以降)のほか、Red Hat Linux、Debian 3.0などのディストリビューションに対応している。SeaMonkey 1.0は、Mozilla FoundationのWebサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
ダウンロード

Namazu Project、オープンソースの全文検索システムNamazuの最新版を公開

Namazu Projectは1月29日、オープンソースの日本語全文検索システムNamazuの最新版となる「Namazu 2.0.15」を公開した。

Namazu は、手軽に利用できることを目指した日本語全文検索システム。CGIとして動作させることによって、小/中規模のWWW全文検索システムを構築できるほか、コマンドラインから利用することもできる。Linux、FreeBSD、Solaris、Mac OS X、OpenBSD、NetBSD、Win32での動作確認が取れているという。

「Namazu 2.0.15」は、Gnumeric文書、KOffice文書(KWord, KSpread, KPresenter, Kivio)、メール内の添付ファイル、MHTML文書、OpenOffice.org2.0 OpenDocumentフォーマット文書、MailMan/Pipermail文書、Microsoft Visio文書(Windows限定)、Zip文書を新たにサポートした。また、Windows環境下での動作改善や、機能強化、いくつかのバグフィクスなども施されている。

Namazu 2.0.15は、NamazuのWebサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Namazu
リリースノート

産総研、ネットワークからOSをダウンロードして起動するXenoppix、「HTTP-FUSE Xenoppix試験版」を公開

産総研は1月24日、ネットワークからOSをダウンロードして起動するHTTP-FUSE KNOPPIXと、仮想マシンXenを組み合わせた「HTTP-FUSE Xenoppix試験版」を公開した。これを利用すると、6.5MBの起動CD-ROMを利用するだけで、Xenoppixを利用することができる。

従来のXenoppixはサイズが大きかったためDVDによる提供となっていた。CD-ROMサイズのXenoppixも提供されていたが、ゲストOSが限られるという難点があったため、ゲストOSとしてPlan9やNetBSDなどを利用するためには、DVDドライブ搭載のコンピュータが必要であった。今回公開されたHTTP-FUSE xenoppixを利用すれば、ネットワーク経由でHTTPを利用してOSをダウンロードし、OSを起動するため、CD-ROMドライブを搭載したコンピュータでXenoppixが利用できる。

Xenoppixは、ワンCD LinuxであるKNOPPIXと仮想マシンXenを組合わせたもので、ゲストOSをあたかもスタンドアロンで起動したかのように利用できるのが特徴。今回のHTTP-FUSE Xenoppixを利用すれば、仮想マシン上でゲストOSとしてNetBSD、Plan9が利用できる。

HTTP-FUSE Xenoppixの起動CD-ROMのイメージは、産総研のWebサイトから入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
HTTP-FUSE Xenoppix

The Free Software Foundation、「GPLバージョン3」の最初の草案を公開

The Free Software Foundationは1月16日(現地時間)、GNU GPLバージョン3の最初の草案を公開した。GPLバージョン3の草案では、ライセンスの特許やデジタル著作権管理条項の改定などが盛り込まれている。

GPLバージョン3の草案は、FSFのWebサイトから取得可能。FSFのWebサイトによると、
○デジタル著作権管理機構によるソフトウェアの自由剥奪の阻止
○ソフトウェアを再配布する者による特許権の明示的付与
○GPLに則ったソフトウェアに対する新たなライセンス供与条件の追加を著作権所有者に認める
○特許に関する、更に厳しい罰則
などの条項について、変更が加えられている。

今回発表されたものは「草案」であり、これ以降、議論が重ねられ改定されていく。これまでのGPLは「バージョン2」であるが、GPLバージョン2は、1991年に定められたものであり、15年の時間が経過していることから、随所を現状に合わせる必要性が出てきた。今後、GPLバージョン3については討議を重ねた上、2007年1月の完成を目指すという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GPLバージョン3
GPLバージョン3ドラフト(草案)

米Mozilla Corporation、メールクライアント「Thunderbird 1.5」をリリース

Mozilla Corporationは1月11日(現地時間)、E-メール/RSS/ニュースグループクライアントの最新版、「Thunderbird 1.5」を発表した。

Thunderbirdは、柔軟なカスタマイズ性を持つメールクライアント。POPとIMAP双方のプロトコルをサポートし、HTML形式のメールにも対応している。RSS リーダー、ニュースグループリーダーも兼ね備えており、迷惑メールフィルタ、フィッシング詐欺対策など様々な機能を持っている。

今回、新たに追加された主な機能は次の通り。

○メール送信回数に応じたアドレス補完リストの自動ソート
○検索フォルダで複数アカウントを対象とした検索が可能に
○メッセージ作成中のスペルチェック機能
○フィッシング詐欺判別・警告機能
○ポッドキャスティング対応などのRSS リーダーの改良
○メッセージから添付ファイルの削除が可能に
○サーバサイドスパムフィルタとの統合
○Kerberos 認証
○メッセージ作成中の下書き自動保存
○メッセージフィルタが共通受信トレイに対応
○ユーザビリティの向上(オプションウィンドウの再設計、SMTPサーバ管理など)
○セキュリティ面の向上

今回リリースされたThunderbird 1.5は、Windows版、Linux版、Mac OS X版の3つ。いずれも、Webサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Mozilla Thunderbird(英語)
リリースノート(mozilla-japan.org)

エイムラック、グループウェアAipo2のLinux環境向けパッケージを発売開始

エイムラックは2006年1月5日、Linux 環境向けポータル型グループウェアパッケージ製品「Aipo 2」のダウンロード販売を開始したと発表した。

「Aipo 2」は、PC利用の経験が少ない企業でも活用できるグループウェアで、ダウンロードしてすぐに利用できる。インストールはスクリプトを実行するだけで環境が構築できる。「Aipo 2」はWebサーバ、データベースなども同梱しており、インストールにあたって特別なソフトウェアを必要としない。管理も容易な管理用スクリプトが用意されている。

「Aipo 2」 は、一般的なWebブラウザだけでなく、携帯電話(i-mode、vodafone、EZweb)からもスケジュールやタスクなどの管理ができるところが大きな特徴だ。外出が多いユーザでも、携帯電話を利用して、スケジュールの確認や調整、タスクの管理ができる。

「Aipo 2」は既にサーバにWindowsを利用するWindows版が出ているが、今回Linux対応版がリリースされたことにより、ユーザは利用できるプラットフォームの幅が広がった。

「Aipo」の想定している利用対象は、5〜10人前後の小規模SOHOから30〜200人前後の企業、もしくは社内の部署やグループであり、価格を29,800円から(5ユーザの場合)と低価格に設定している。販売形態はダウンロード形態であり、同社の「Aipo 2」のWebページからダウンロードできる。また、60日間無償で試用することもできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Aipo 製品情報ページ
ニュースリリース

ワイズノットとオープンソース総合研究所、資格認定制度「LAMP Expert」を共同開発

Webページから行うことができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
「LAMP Expert」詳細

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress