はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

富士通研究所、Linuxコンテナにおいて仮想ネットワークを高速に自動構築する技術を開発

富士通研究所は8月5日、Linuxコンテナにおいて、仮想ネットワークを高速に自動構築する技術を開発したと発表した。世界で初めて、ユーザごとに分離したコンテナ間の仮想ネットワークを高速に自動構築する技術となるという。

従来、コンテナ間のネットワーク構築には物理スイッチ設定を含めると数秒を要し、各ユーザが多数のコンテナ環境を利用するのは現実的ではなかった。今回開発した技術では、ネットワーク情報をあらかじめ物理スイッチに配布しておき、コンテナ起動を検知してネットワークを自動構築することで、1秒以内にコンテナとそのユーザごとに分離されたネットワークを構築する。これにより、数百台規模のコンテナ起動に追随してシステム利用が可能となり、たとえばイベントやキャンペーンなど、短時間で急激にアクセスが増加するWebサービスなどで瞬時にシステムの増強が可能になる。

富士通研究所は、OSSのクラウド基盤ソフトウェア群であるOpenStackへの統合も検討し、同技術の2016年度中の実用化を目指す。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress