はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

コンパイラ基盤「LLVM 6.0」リリース

LLVM Developer Groupは3月8日(現地時間)、「LLVM Compiler Infrastructure(LLVM)6.0」をリリースした。

LLVM(Low Level Virtual Machine)は、コンパイル時、リンク時、実行時など、さまざまな時点でプログラムを最適化するよう設計された、さまざまなプログラミング言語を網羅しているコンパイラ基盤。仮想マシンをターゲットとした中間言語を生成し、その仮想マシンに向けたコードを特定のコンピュータに最適なコードに変換する。この作業は言語・アーキテクチャの双方から独立しているため、様々な言語およびアーキテクチャに対応できる仕組みになっている。

「LLVM 6.0」では、Googleが提供するCPU脆弱性「Meltdown」と「Spectre」への対策「Retpoline」をサポートしたほか、スケジューラーモデルの改善、「llvm::sys::ExecuteAndWait」「llvm::sys::ExecuteNoWait」におけるRedirects引数がArrayRefへ変更されるなど複数の変更が加わっている。

「LLVM 6.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress