はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

日本エフ・セキュア、Linuxサーバ向け統合ソリューション、「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表

日本エフ・セキュアは10月18日、Linux向けセキュリティソリューション、「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」を発表した。11月1日よりオーダーを受付し、11月15日より出荷開始する。

「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」は、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション。
○リアルタイムのウィルス検査
○ファイアウォール機能
○不正侵入防止機能(IDS)
の機能を実装しており、Linuxサーバに対して高度なセキュリティを実現する。また、無償オプションの「F-Secureポリシーマネージャ」を利用すると、10,000システム以上のWindowsおよびLinuxのサーバ、PCを集中管理することができる。

また、日本語GUIによる設定、管理が可能で、操作しやすいWebベースのGUIインターフェイスが利用できる。Linuxに詳しくないユーザでも、ローカル及びリモートから容易に設定、管理が可能だという。

対応ディストリビューションは、RedHat AS/ES 2.1、3.0、4.0・MiracleLinux 2.x、3.0・Debian 3.1・SuSE 8、9となっている。

価格は、1サーバ8万8000円(初年度、税別)、数量割引により10サーバで7万円/サーバ、100サーバで3万5000円/サーバとなる。Windows、Linuxの集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」は無償提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

Linuxコンソーシアム、「セキュアOS」の選択基準となるガイドラインを公開、セキュリティセミナー開催

Linuxコンソーシアムのセキュリティ部会は、セキュアOSの選択基準を示すガイドライン「セキュアOS評価項目Ver1.0」を10月19日付で一般公開した。

このガイドラインは、Linuxコンソーシアムのセキュリティ部会の活動成果として公開された。「セキュアOS評価項目」は、セキュアOSを導入する際に必要となる機能や運用環境などを総合的に評価する指標として、有効な選択基準をまとめたものとなっている。

なお、公開された「セキュアOS評価項目Ver1.0」は、Linuxコンソーシシアムのセキュリティ部会の、「活動実績」のページからダウンロードすることができる。

今後、セキュリティ部会は、「セキュアOS評価項目」のバージョンアップや、代表的なサーバ用途のアプリケーションを特定し、セキュアOSの設定を評価する「特定アプリケーションのセキュリティ設定」を中心に、セキュアOSやLinuxセキュリティの普及・促進を図っていく予定。

また、Linuxコンソーシアムは、「セキュアOS」の啓蒙活動の一環として、「セキュリティ・セキュアOS」セミナーを11月9日に東京・品川にて開催する。このセミナーでは、国内の主要Linuxディストリビューター、ターボリナックス、ノベル、ミラクル・リナックス、レッドハットの4社によるパネルディスカッション、最新の導入事例を含む各セキュアOS製品のトレンド、セキュリティ部会の活動等を紹介する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Linuxコンソーシアム セキュリティ部会
セミナー情報

アルファシステムズ、KNOPPIX利用のシンクライアント端末構築サービス「あんしんモバイル」を提供開始

アルファシステムズは10月17日、企業・自治体向けに1CD Linux「KNOPPIX」を利用したシンクライアント端末の構築サービス、「あんしんモバイル」の提供を開始した。

シンクライアント方式は、顧客情報などのデータを全てサーバに起き、クライアント側はサーバの操作結果のみを画面に映し出す方式。このような方式をとることにより、モバイルPCにデータを持ち出すことなく作業を行うことができる。この方式をとることにより、データを社外に持ち出すことなく作業を行うことが可能になる。これによって、データの機密性が高まり、ノートPCの盗難などによる情報漏えいを防ぐことができる。

これまでのシンクライアント方式は、常時接続を前提としており、接続が切れると使えなくなるというデメリットがあった。今回、1CD Linuxである「KNOPPIX」を利用することにより、OSとアプリケーションはCD-ROMから起動することができるため、接続が切れても作業を続行することができるというところが大きな特長。この方式のメリットは、携帯電話などを利用した、短時間の接続であっても、シンクライアント方式が利用できるということにある。

今回提供する「あんしんモバイル」では、企業や自治体の要望に応じて、KNOPPIXの設定や収録アプリケーションなどをカスタマイズする。また、様々な認証方式に対応するなど、セキュリティ面も強く意識した作りとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース(pdf版)
「あんしんモバイル」情報

Ubuntu Team、サーバ向けディストリビューション「Ubuntu 5.10」を公開

 Ubuntu Teamは10月13日、サーバ向けLinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 5.10 “Breezy Badger”」をリリースしたと発表した。
 
 「Ubuntu」は、主にサーバ向けに開発されたLinuxディストリビューション。今回発表された「Ubuntu 5.10 “Breezy Badger”」は、最新の各種アプリケーションのほか、デスクトップ環境も充実。デスクトップ用途にも利用しやすくなっている。

 また、Ubuntuの日本における普及活動を行うUbuntu-jaプロジェクトは、このリリースにあわせ、「日本語版Ubuntu 5.10 インストールCD isoイメージ」を公開した。このisoイメージは、同プロジェクトのWebページで公開されており、ダウンロードすることができる。「日本語版Ubuntu 5.10」では、日本語表示環境、入力環境などが整備されている。また、今後は、、ライブCDイメージ、coLinux用イメージなども順次リリースされる予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Ubuntu Team
Ubuntu-jaプロジェクト

サン、統合オフィスツールの最新版「 StarSuite 8 」エンタープライズ版とOEM版を提供開始

サン・マイクロシステムズは10月13日、 Microsoft Officeとの高い互換性を持ち、 XMLに対応している低価格統合オフィスツールの最新版「 StarSuite 8 」を提供開始すると発表した。Microsoft Office とのデータ互換性、使用感の互換性が向上しており、より使い易くなっている。

今回提供開始されるのは、企業への一括導入向けの「 StarSuite 8 エンタープライズ版」およびPCへのプリインストール・バンドルを想定した「 StarSuite 8 OEM 版」。市販向けには、OpenOffice,org)からのフィードバックにより、他のオフィスツールとの互換性も一段と強化された。また、Microsoft Windowsのほか、SolarisやLinuxにも対応しており、複数のOS環境を運用するユーザが一貫性ある文書管理することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

ミラクルリナックス、Asianux2.0を同梱した「MIRACLE LINUX V4.0」を11月7日から発売

ミラクルリナックスは10月6日、カーネル2.6採用の「Asianux2.0」を同梱したLinux サーバOSの最新版、「MIRACLE LINUX V4.0 – Asianux Inside」を、11月7日より出荷開始すると発表した。

「Asianux2.0」は、中国(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報
ミラクルリナックス
中国レッドフラッグ
韓国ハーンソフト

MCJとターボリナックス、デスクトップPCとSkype対応USBハンドセットのパッケージ製品を低価格で販売

ネットワーク応用通信研究所、オープンソースCRM「SalesLabor」を収録したKNOPPIXを公開

SalesLaborの公式サイトから、isoイメージとして入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ネットワーク応用通信研究所
SalesLabor
KNOPPIX日本語版

OSDN、東京赤坂でカンファレンス「Open Source Way 2005」開催

Berry Japan、シンクライアント専用 Linux OS 「Berry OS Enterprise」を販売

Berry Japanは9月28日、シンクライアント専用 OS「Berry OS Enterprise」と、「Berry OS Enterprise Mobile」(ノートPC向け)を製品化し、販売を開始したと発表した。

シンクライアントとは、ハードディスクなどデータの保存領域をもたないクライアント。情報漏えいなどの恐れが少なく、セキュリティへの重要性が増している昨今、大きな注目を浴びている。この情勢を受けて、同社はシンクライアント専用OS「Berry OS Enterprise」ならびに「Berry OS Enterprise Mobile」を製品化した。基本構成は、ブラウザ、メールソフト、オフィスソフト、PHS接続ツール(Berry OS Enterprise Mobileのみ)とシンプルな構成となっている。USBメモリ、コンパクトフラッシュに同製品を搭載すれば、既存の資産を改変することなく利用できる。

同製品の特徴として、『カスタマイズが可能なOS』である、ということが挙げられる。起動画面にロゴを付け付加価値を加える、希望のアプリケーションの追加や削除を行なった上で納入するといったことが可能で、例えばブラウザのみを搭載したOSを実現することもできる。

現在、開発をすすめている案件は、
・SSLでクライアントとサーバーを結び、WebDAVを用いてユーザー認証した上で、社内サーバーにファイルを保存。クライアント側にはデータを保存できない仕様にカスタマイズする
・VPNクライアントを搭載し、エンドユーザー開発の自社アプリケーション用いてWebブラウザでファイル操作。メーラー、オフィスソフトは搭載しない
・IP-VPN接続でエンドユーザー開発の自社システムにのみネットワーク接続。エンドユーザー開発のクライアント証明書を搭載し認証に用いる。IP-VPN接続以外の端末からの接続は制限する
などがある。

価格は、基本価格「Berry OS Enterprise」が7,980円、「Berry OS Enterprise Mobile」が9,980円。これに、搭載するメディア代金やオプションなどが加算される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Berry OS Enterprise紹介ページ
ニュースリリース

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress