はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

日本スケーリックス、Linuxで動作するメール/グループウェアサーバ「Scalix」を発表

日本スケーリックスは3月12日、Linux上で動作するメールサーバ、グループウェアサーバ製品「Scalix」を発表した。同製品は、複数のサブシステムのソースコードが、オープンソースとして公開されている。

Scalixは、「クライアント選択の自由」を重視しており、現在利用可能なメールクライアントのほとんどをサポートしている。さらに、シンクライアント環境や外出先からのアクセスに対応するために、AjaxベースのWebメールシステムを提供する。このため、メールシステムをScalixに切り替えても、ユーザは今まで使っていたクライアントをそのまま使い続けることができる。

Scalixは、エンタープライズクラスのスケーラビリティもサポートする。1台のScalixサーバで数千のユーザがサポートできるが、数万単位のユーザも、必要な台数のScalixサーバを用意すればよい。1台の管理サーバから全ユーザを一括管理できる。Active DirectoryやLDAPとの連携も可能。

価格は、「Scalixスモールビジネスエディション」が初期費用164,000円(50プレミアムユーザまで)、「Scalixエンタープライズエディション」が初期費用795,000円から(50プレミアムユーザでの価格)。また、無償でダウンロード・利用できる「Scalixコミュニティエディション」も提供されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
日本スケーリックス
Scalix製品情報

ムービット、サーバを通過したメールを指定アドレスへ転送する「コピーメール for TLAS」を発売開始

ムービットは3月13日、「Turbo Linux Appliance Server」に対応した「コピーメール for TLAS」の販売開始を発表した。

同製品は、メールサーバーを通過したメールを、あらかじめ指定したアドレスへBCC(ブラインドカーボンコピー)を自動的に付加し、自動転送する機能を有するソフトウエア。この機能により、メールの監査、監視、保管、証拠保全、メールでの情報漏洩の抑止効果などに活用できるという。また、社員と顧客とのやり取りや、相手企業との交渉などのメールを、監査担当者がメールを受信することもできる。サーバのSMTPで自動処理を行うため、クライアントでの特別な操作は必要ない。サーバの環境を変更することなく導入でき、設定もTLASの管理画面に対応している。

動作環境は、ターボリナックスの「Turbo Linux Appliance server 1.0 Hosting Edition/Work group Edition」「Turbo Linux Appliance server 2.0」。価格はオープン。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

日本エフ・セキュア、「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」2.30をリリース

産総研、Xenoppixに各種仮想化ソフトを収録した「VMKNOPPIX」を発表

Webサイトから無償で入手・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
KNOPPIX(VMKNOPPIX)

アルファシステムズ、Linux向けDLNA機器開発キット「alpha Media Link SDK」を発売

アルファシステムズは3月6日、「DLNA Network Device Interoperability Guidelines expanded:March 2006」に対応したLinuxプラットフォーム向け開発キット「alpha Media Link SDK」の発売開始を発表した。DLNAとは、Digital Living Network Allianceの略で、AVコンテンツを取り扱うデジタル機器間の相互使用を策定する団体。

「alpha Media Link SDK」は、複数のデバイスクラスに対応するSDKを1パッケージで提供する。更に、様々なユースケースに応じて相互接続の確認ができる。

同製品は、DLNAガイドラインで規定するDMR(Digital Megia Renderer:音量調整・コンテンツ再生を行う)、DMS(Digital Media Server:コンテンツの公開・配信を行う)、DMC(Digital Media Controller:DMS/DMRの検出、ディレクトリ検索などを行う)といったデバイスクラスレベルでのソフトウェア部品、デコードシステムやレンタリングシステムなど、サブシステム単位での実装可能なインターフェイスなどが定められている。これによって、ユーザが既に所有しているアプリケーションソフトウェア・ハードウェア資産を直接接続することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Perlで記述されたフリーのWebスケジューラ「GSMoN ver1.0」公開

Perlで記述されたフリーのWebスケジューラ「GSMoN ver1.0」が公開された。作者はhoran.seiko氏

GSMoNは、perlで記述された小規模オフィス向けWebスケジューラ。GSMoN自体の販売や、GSMoNを使用したサービスの提供などを除けば、原則無償で利用できる。「とにかく機能はシンプルに、操作は簡単に」という点が特徴的で、商用のスケジューラとの差をつけている。

データベースを利用しておらず、データはプレーンファイルに記録されるため、 管理対象が多くなれば処理に時間がかかるが、通常利用ではかなりの人数で利用しても数秒で処理が行われるという。

主な機能は、
○スケジュール管理、設備予約、掲示板、TODOリスト
○カレンダー形式と時間表示形式
○予定種別、組織(グループ)の自由設定が可能
○コミュニティ(BBS)機能
○cronを利用したメール通知機能
○電話帳
○回覧機能
○データのCSV送信
○Webメール機能
○掲示、回覧に添付ファイルを可能に
○出退記録機能
などとなっている。

確認された動作環境は、
○1.
OS:Vine Linux 3.1
WebServer:Apache 1.3.33
Perl:5.8.2

○2.
OS:WindowsXP Personal 日本語版
WebServer:Apache 1.3.33
Perl:ActivePerl5.8.6

となっている。

同ソフトウェアは、GSMoNのWebサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GSMoNのWebサイト
ソフトウェア使用条件

SELinux Policy Editor Project、SELinuxの設定を簡易化するツール「SELinux Policy Editor 2.1」をリリー

SELinux Policy Editor Projectは2月26日、SELinuxの設定を簡易化するツール「SELinux Policy Editor 2.1」をリリースした。

SELinux Policy Editorは、日立ソフトウェアエンジニアリングによって開発された、SELinuxのポリシーを編集するためのツール。SELinux Policy Editorは、GUIによる設定と、単純化ポリシーから構成される。このツールは、難解で煩雑なSELinux設定を簡略化することが目的。GUIによるツールであるというだけでなく、単純化ポリシーを搭載しているというところも特徴の一つだ。

今回のリリース、バージョン2.1では、rpmパッケージの品質が向上しており、Fedora Core 6に対応している。また、Fedora Extrasに取り入れられたため、yumを利用して簡単にインストールすることができる。他に、不具合の修正などが施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
SELinux Policy Editor Project(日本語)

日本LDAPユーザ会、4月1日に設立へ OSC2007 Tokyo/Springにて設立準備セミナーを開催

日本LDAPユーザ会設立準備委員会は2月26日,「日本LDAPユーザ会」を4月1日に設立すると発表した。

日本LDAPユーザ会は、LDAPに関する技術情報、製品情報などの交換、普及促進活動などを活動目的として設立される。

個人情報保護法の浸透や日本版SOX法の施行により、ユーザ認証の基盤となるLDAPサービスが中小企業や官公庁、大学の情報システムに普及し始めている。またオープンソースで入手・利用できるOpenLDAPの普及により、プラットフォームにかかわらずLDAPユーザが増加してきた。日本LDAPユーザ会は、こうした背景を受けて設立される。

発起人代表はオープンソース・ソリューション・テクノロジの小田切 耕司氏。同ユーザ会は、日本LDAPユーザ会の運営協力者、スタッフを募集している。また、3月16日と17日に開催される「オープンソースカンファレンス2007 Tokyo/Spring」で、日本LDAPユーザ会の設立趣旨の説明、およびLDAP初心者にLDAPの概要を解説するセミナーを行う。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
日本LDAPユーザ会(現在は設立準備委員会)

産総研と筑波大、サイバー攻撃から大規模ネットワークを防御するシステムの試作に成功、10ギガbpsに拡張可能に

IPA、「Linuxディストリビューション仕様記述様式に関する調査」公募開始、Linux導入のバリア解消へ取り組み

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress