はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

LPI Japan、サン・マイクロシステムズ、日本オラクルが共同でエンジニア育成支援プログラム『トリプル・クラウン』を実施

Web上でトリプルクラウンアンケートに答えることによって、プロモーションコードが発行される。このプロモーションコードを受験時に通知することによって、特典を受けることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
トリプルクラウン(LPI Japan)
トリプルクラウン(サン・マイクロシステムズ)
トリプルクラウン(日本オラクル)

ぷらっとホーム、OpenBlockSの意匠を受け継ぐマイクロサーバ「OpenMicroServer」を発表

ぷらっとホームは11月25日、OpenBlockSの意匠を受け継ぐOpenMicroServerを発表した。OpenMicroServerは、OpenBlockSの機能・仕様を維持向上し、カスタマイズが容易になっている。

同社のWebページによると、同製品の活用例として、タグ付きVLAN、ギガビットネットワーク検証用機器、簡易ロードバランサ、認証サーバ、BLOGサーバなどが挙がっている。

同製品に搭載されるOSは、標準ではOpenBlockSで利用されていた「SSD/Linux」が継承されている。SSD/LinuxはOpenBlockS専用のディストリビューションで、ぷらっとホームとユーザグループによって開発されていたもの。カーネルには2.6系が採用され、USB-VGAアダプタやUSB-Wirelessなどが利用できる。また、OpenMicroServerでは、「SSD/Linux」のほか、「Debian 3.1 (sarge)」にも対応しており、ハードウェアリリース時点でインストール方法が公開される。

ハードウェア面ではは、ギガビット×2+10/100×1(PoE受電対応)の計3ポートのネットワークポートを備え、USB2.0、DIOの拡張性の高い外部インターフェースを搭載、JumboFlame、タグ付きVLAN、IPv6等に正式対応している。メモリは、FLASH ROMがこれまでの倍の16MBに、ユーザエリアは2MBとなっている。同製品は、カスタマイズ可能なネットワーク機器として、またアプライアンスベースとして必要な機能を備えている。

価格は、本体が56,400円(税込)。受注は既に開始となっており、出荷時期は2006年1月下旬となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

産総研、仮想マシン「Xen」を搭載したKNOPPIX、「Xenopix」の新版をリリース

産総研は、仮想マシン「Xen」を、1DVD-LinuxのKNOPPIXに搭載した「Xenoppix」の新版をリリースした。これを利用すると、ゲストOSをスタンドアローンで起動したかのように扱うことができる。ゲストOSとしては、NetBSDとPlan9の二つが利用できる。

Xenoppixは、KNOPPIXの特長であるautoconfigによりデバイス自動認識・ドライバ組み込みを行い、XenのゲストOSをブートする。X Window SystemはKNOPPIXにより起動され、そのX Window Systemを利用してゲストOSのGUI環境がVNCのフルスクリーンモードで利用できる。これによって、ゲストOSがスタンドアローンで起動したように見える。

今回の新機能には、ターミナルサーバー機能とWindowsインストーラがある。ターミナルサーバ機能を利用すると、ゲストOSをPXEネットワークブートできるように見える。また、Windowsインストーラを利用すると、XenoppixをWindows XP/2000 のファイルシステムに保存し、DVDを作成することなくマルチブートできるようになる。

XenoppixのDVDのISOイメージは、産総研のXenoppixのページから無償でダウンロードできる。

また、産総研は、XennopixのWebページの中で、今後の重要プランとして、HTTP-FUSE KNOPPIXと統合し、5MB CDブートでXenoppixを利用できるようにする、他のOSへの対応 (候補: OpenSolaris, GNU/Hurd) を挙げている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Xenopix(産総研)
KNOPPIX(産総研)

「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2005」、12月7〜9日東京ビッグサイトにて開催 ユビキタスに焦点

ユビキタス社会、すなわち一人が複数のコンピュータを利用する時代に合わせた社会のビジネスをテーマとした「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2005」が、2005年12月7〜9日の3日間、東京ビッグサイトにて開催される。

ユビキタス社会の到来によって、情報収集や知的生産がいつでも・どこでも可能となる。「C&Cユーザフォーラム&iEXPO2005」では、既存のビジネス強化、今後期待される新たなビジネス領域の拡大を目指した新しいテクノロジーやソリューションが紹介される。

『今、ユビキタスでビジネスに「勝てる力」を!』をキャッチコピーとし、ユビキタスに焦点を当てた展示、ワークショップなどが開かれる。

主催はNEC・日経BP社、会場は(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2005

デルとミラクルリナックス、OSSを含めたLinuxソリューション・ポートフォリオの提供で協業

ユニアデックスとの協業も公表している。MIRACLE LINUXとデルのPowerEdgeサーバ、およびPowerVault、Dell|EMCストレージといったエンタープライズ製品のサポートだけでなく、「MIRACLE LINUX V4.0」に関するソフトウェアサポートを、有償サービスとして提供する。これにより、3社は「MIRACLE LINUX V4.0」を搭載したPowerEdgeサーバに、データ保護、システム運用管理、データベース製品などの各種ソフトウェアを組み合わせたソリューション・ポートフォリオを共同で提供することになる。

今回の協業により提供されるソリューション・ポートフォリオは以下の3種。

○ミッションクリティカルソリューション(NEC CLUSTERPRO/データベース)
○ファイルサーバ(Samba)
○インベントリ管理とパッチ適用ソリューション(Net-ADM + Qloc)

また、上記以外にもデータベース統合、セキュリティ強化、アプリケーションサーバなどのポートフォリオを充実させていく予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース(デル)

NTTコミュニケーションズ、個人向けIPv6接続サービスを12月に提供開始、手軽にIPv6接続が利用可能に

NTTコミュニケーションズは11月21日、OCNのオプションサービス、「OCN IPv6」を2005年12月上旬に提供開始すると発表した。

このサービスは、インターネット接続環境のあるユーザであれば誰でもIPv6を利用したインターネット通信が可能になるサービス。既存のインターネット環境をそのまま利用し、ユーザー認証によるトンネリングサービスによりIPv6通信を可能にする。

このサービスの特長は次の通り。
○従来のインターネット接続(IPv4)との併用が可能
○リモートでの利用が可能
○同時に2セッションの利用が可能(固定と非固定のグローバルIPアドレスブロックが1セッションずつ利用できる)
○接続プログラムの無償提供(Windows XP版のみ)
○NATの内側から利用可能
NATの内側から利用可能なので、一般的に利用されている個人宅ブロードバンドルーターの宅内側からPC経由で接続を行うことで、ブロードバンドルーターに設定を追加しなくても、外出先からルーター内のLANにアクセスできるようになる。これによって、外出先から家内のPCやIPv6対応の家電製品にアクセスできるようになる。

今回、接続プログラムはWindows XP版のみの公開だが、接続のために必要な仕様も公開される予定であり、Linux、FreeBSDなどについても、接続機能の開発が可能だという。

本サービスの料金は月額300円(税別)、サービス提供対象はOCN会員となっている。サービス公開は12月上旬で、正式な開始日はOCNのWebページで後日発表される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

NEC、クラスタ型サーバの障害復旧を高速・低コストで実現する技術を開発

NECは11月18日、1000台クラスの大規模クラスタ型サーバの障害を、高速かつ低コストに復旧する「高速リカバリ技術」を開発したと発表した。

この技術では、障害を短時間に発見し、プロセスを高速で復元する技術を採用している。これにより、Linuxによる同規模のクラスタの障害を10秒未満に短縮したという。

「高速リカバリ技術」の特徴は次の通り
○大規模構成に対応したクラスタ監視方式
従来は、監視用サーバでの処理がボトルネックとなっており、監視対象のコンピュータ数が増やせなかった。本方式では、監視用サーバに送るモニタリングデータのサイズを通常時と高負荷時で変えることで、監視用サーバの負荷を削減し、1000台規模のクラスタ型サーバの監視と、数秒以内の障害発見を実現した。

○高速かつ低コストなプロセスリカバリ方式
プロセスの複製データ中で、最近アクセスされていない部分をストレージに保持することで、複製を保持するためのメモリの使用量を1/3〜1/10に削減する。これによって、障害が発生したときの復旧時間を数秒程度に短縮した。

同社では、この技術により、電子政府やショッピングモールなどの情報サービスを提供する大規模なサーバの停止時間を短縮し、信頼性を大幅に向上することを目指すという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

情報処理推進機構、2005年度オープンソースソフトウェアの信頼性・性能評価手法及び障害解析ツールを公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月16日、オープンソースソフトウェア(OSS)の性能・信頼性評価手法及び障害解析支援ツールを開発し、その2005年度の成果を公開した。本プロジェクトは2004年度に引き続いて実施され、今回公開される成果は昨年度の成果を拡充するもの。

今回本プロジェクトによって公開されたのは、おもにWebサーバ、データベースサーバ向けの性能・信頼性評価結果のまとめ、評価手法開発(評価手順書及び環境定義書)と、障害解析支援ツール。開発者はこれらを自由に活用することができ、公開された成果物を活用して作業を行うことができる。

本プロジェクトはIPAからの委託により、下記の11社によって実施された。

(株)日立製作所(幹事会社)、(株)SRA、(株)NTTデータ、新日鉄ソリューションズ(株)、住商情報システム(株)、ターボリナックス(株)、(株)テンアートニ、日本電気(株)、(株)日立システムアンドサービス、ミラクル・リナックス(株)、ユニアデックス(株)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
プロジェクト詳細

インテル、新しい仮想化技術を導入したPentiumプロセッサを発表

インテルは11月15日、デスクトップPC向けに、ハードウェアによる仮想化を実現する、新しいPentiumプロセッサを発表した。この仮想化技術により、単一のプラットフォームで、独立した複数のパーティションや“コンテナ”を設定でき、その中で独立した処理を行うことができる。

この技術を応用すると、ユーザの作業を中断させることなく、また重要なアプリケーションに変更を加えることなく、PC の一部分を完全に制御しつつ、セキュリティサービスや管理サービスを実行することができる。これにより、管理性とセキュリティ機能の向上が期待できるという。

仮想化技術からもたらされる利点は、将来的には家庭やエンターテイメントの領域にも応用できるようになるという。たとえば、仮想的なパーティションを利用し、専用のWeb閲覧リソースやビジネス・アプリケーション、個別ユーザのビデオ録画環境などに対して、個々の専用リソースを割り当て、複数のユーザ環境に分離することが可能になる。

新しい仮想化技術を搭載したプロセッサは、「インテル Pentium 4 プロセッサ 672」と「インテル Pentium 4 プロセッサ 662」の2モデル。どちらも11月14日より発売となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

米IBMら、Linux関連特許を無償で提供する新会社「米Open Invention Network」を設立

米国で、Linuxに関する特許を買い取り、特許利用料なしで提供するための新会社「Open Invention Network」(略称OIN)が設立された。出資したのは、米IBM、米Novell、米RedHat、オランダPhilips Electoronics、ソニーの5社。

OINが買い取った特許は同社の保有物となり、「Linux OSやLinuxに関連するアプリケーションの特許権を主張しない」という条件に合意すれば、誰でも無償で利用できるようになる。

OINは、昨今問題になっている、Linuxの特許などに関する問題を解決するのが狙いで設立された。ソフトウエア開発の推進を行うため、Linuxに関する新しい知的財産管理モデルの確立を狙う。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
米Open Invention Network(OIN)

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress