はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Red Hat、Directory Serverを発表・Fedoraも、オープンソースコミュニティにて利用可能

レッドハットは、LDAP準拠のディレクトリサーバ「Red Hat Directory Server」出荷計画を明らかにした。同社は、このディレクトリサーバで、エンタープライズ向けLinuxの進化と導入促進を図る構え。

また、これと同時に、Fedora Projectが、GPLライセンス付きのディレクトリサーバ「Fedora Directory Server」をリリースしたと発表した。米レッドハットサミットで、Fedora Projectが発表した。Fedora Directory Serverをオープンソース開発コミュニティで自由に利用可能にすることにより、ディレクトリサーバの開発・進化を促進する。

Red Hat Directory Serverは、Red Hatが2004年9月にAmerica OnlineのNetscape セキュリティソリューション部門から買収した技術資産に基づいている。Red Hat Directory Server及びFedora Directory Serverは、高度な拡張性を備えたLDAP準拠のディレクトリサーバ。アプリケーション設定、ユーザのプロファイル、グループデータ、アクセスポリシー、アクセス制御情報を1つのネットワークベースのディレクトリに集中管理させる。これによって、インフラストラクチャのセキュリティと管理性を実現する。管理は、マルチマスタレプリケーションや自動リカバリなどの機能によって簡略になる。

Fedora Directory Serverは、Fedora ProjectのWebページからダウンロードすることができる。

Red Hatは、このディレクトリサーバによって、製品ラインアップと製品機能の拡充を図る構えだ。今、注目が集まっているディレクトリサービスを独自に開発することによって、オープンソース分野の活性化と自社製品導入の促進を狙う。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
ニュースリリース(Fedora Directory Server)
Fedora ProjectのWiki(英語)

アドビシステムズ、Linux対応のAdobe Reader 7.0日本語版を提供開始

ターボリナックス、Skype対応ハンドセット「サイバーフォンK」のLinux版を発売

日本ヒューレットパッカード、SolarisからLinuxへの移行を支援する「Linux Porting Kit」を発表

ミラクル・リナックス、最新カーネル2.6を採用した次期バージョン「Asianux 2.0」のベータ版を公開

Linux World Expo/Tokyoで開催される技術解説は、6月1日 12:40-13:20に、コンファレンス(ビジネス/テクノロジートラック)の【A1-2】「最新Linuxの実力!Asianux 2.0 Technology Overview」と題して行われる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

テンアートニ、「SELinux」および「LIDS」のコンサルティング・導入サービスを開始

テンアートニは、オープンソースのセキュアOSモジュール、「SELinux (Security-Enhanced Linux 」及び「 LIDS (Linux Intrusion Detection System) 」に関するコンサルティングと導入サポートサービスの提供を開始する。LIDSに関するコンサルティングは、国内業界で初となる。

本年4月に施行された個人情報保護法に伴って、社外・社内を問わず、サーバから情報が漏れないよう対策を施すことが重要になっている。 経済産業省から発行されたガイドラインにも、特権ユーザに対するアクセス制御については、セキュアOSの利用が考えられると提言されるなど、今後はサーバOSにセキュアOSモジュールを導入することが、企業インフラの優先課題となると考えられる。

Linux カーネル2.6で採用されたSELinuxは、Red Hat Enterprise Linux 4など、いくつかのLinux ディストリビューションのサポート対象となったため、安価にセキュアOS環境を構築することが可能となり、今後一層の採用が期待される。

一方、LIDSは設定や管理が簡単でありながら、通常のLinuxより強力なアクセス制御を施すことができるLinux用セキュアOSモジュール。これまでサポートサービスを提供する企業が無かったため、導入が遅れていた。

そこで、テンアートニは「SELinux」と「LIDS」において、各種サービスメニューを用意し、セキュアOS導入のサポートを行う。特に「LIDS」については、業界で初めてサービスの提供を開始することになるため、複数の選択肢を用意することで、顧客のニーズを把握し、最適なサービスを提案する。
サービス内容は、導入コンサルテーション・サービス、各種ポリシーのカスタマイズ・サービス、オンサイト導入サービス、導入後の運用保守サービス、システム・インテグレータへのセキュアOS導入時のバックサポートとなっている。

提供開始日は2005年7月1日。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

ニュースリリース
日本SELinuxユーザ会

レッドハット、UNIX互換環境のアプリケーションをLinuxに移植するスキルを学ぶトレーニングを開催

レッドハットは、UNIX互換環境で動作しているアプリケーションを、Linuxプラットフォームに移植する技術や、Linuxで動作する新規アプリケーション開発の知識を習得できるトレーニングコースを開催する。トレーニングは、東京・六本木のレッドハット社内にあるトレーニングルームで行う。開催スケジュールは、2005年6月20日〜23日と8月22日〜25日の2回。

受講対象者としては、Linux、Sun Solaris、SGI IRIX、HP-UXなどのUNIX互換環境に慣れていて、かつC言語によるアプリケーション開発の経験を持つ技術者を想定している。 レッドハットは、このトレーニングによって、エンタープライズ向けLinuxシステムに対するニーズに対応する。

研修コース名は、「RHD256 Red Hat Linuxアプリケーションの開発と移植」で、受講料金は315,000円(税込)。

履修項目は、オープンソースの活用、法律とGNU、コマンドラインシェル、GNUコンパイラコレクション、make、ライブラリの活用、AUTOTOOLS、配布用ソフトウェアパッケージの作成、GCOV、GPROF、OBJDUMP、統合開発環境、実行中プロセスのスタックの表示、メモリリークへの対処、パイプとFIFO、MMAP(2)の特別な機能、LinuxのSIGNAL(2)のリアルタイム機能、Linux環境におけるPOSIXスレッド、Linuxの非同期I/Oの実装、pam、/PROCファイルシステムの使用方法、init(8)とシステムサービス、バージョン管理システム、ビッグエンディアンとリトルエンディアンの対比。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
トレーニングコース RHD256 Red Hat Linuxアプリケーションの開発と移植

Linuxコンソーシアム、総会とセミナーを6月3日にLinux World/Expoと同時開催

ファイルを勝手に暗号化し、復号化のために金銭を要求するトロイの木馬「download-aag」

アメリカのセキュリティ対策企業Websenseが、新手の攻撃方法をとるトロイの木馬「download-aag」の存在を報告した。「download-aag」は、Internet Explorerの脆弱性(既知)を突き、この脆弱性を持ったInternet Explorerを使って悪質なサイトを訪れると、download-aagがダウンロードされ、実行される。すると、コンピュータに保存されているファイルを勝手に暗号化してしまい、暗号を解除するツールが欲しければ金銭を要求するという。ちょうど、「ファイルを人質に取り、身代金を要求するトロイの木馬」ということができる。

なお、このInternet Explorerの脆弱性は、昨年7月にすでに修正プログラムが配布されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
セキュリティ報告(英語)

ミラクルリナックスと日本ストラタステクノロジー、無停止型サーバで提携

Linux World Expo/Tokyo 2005のミラクルリナックスブースで、「MIRACLE LINUX V4.0」搭載ftServerが展示される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress