はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

エクセルソフト、Javaアプリケーションの高速化、最適化を行う「Excelsior JET 11.3」発表

エクセルソフトは11月11日、Javaアプリケーションの高速化・最適化などを行うソリューション「Excelsior JET 11.3」を発表した。

「Excelsior JET」は、Java アプリケーションの高速化、保護および配布のためのソリューション。ソースコードの変更やハードウェアのアップグレードを行うことなく、Javaアプリケーションを高速化するほか、性能を損なうことなくJavaコードをリバース エンジニアリングから保護する。また、Javaアプリケーション用に、JREに依存しないインストーラを作成することもできる。日本語インストーラも作成できる。

「Excelsior JET 11.3」では、Java SE 8に対応したほか、Windows10への対応が強化された。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

テキストエディタ「Atom 1.12.0」リリース

GitHubは11月9日(現地時間)、オープンソースのテキストエディタ「Atom」の最新版、「Atom 1.12.0」をリリースした。

Atomは、Mac OS X用にGitHubの内部で開発が進められてきたプログラミング向けテキストエディタ。CSS、HTML、JavaScriptなどのWeb技術が応用されて構成されたエディタとなっている。また、ビルドシステムやワークスペースなど、開発に当たって有用なツールも同梱されている。現在では、Mac OS X版のほか、Windows版、Linux版が開発されている。

「Atom 1.12.0」では、キーバインディングのユーザビリティの変更、インターナショナルキーボードのサポート、Windows向けにいくつかのインスタンスのサポート、その他複数のバグフィクスが施されている。

「Atom 1.12.0」は、公式サイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
「Atom」

「OpenSSL」に複数の脆弱性

「OpenSSL」の各バージョンに複数の脆弱性が発見された。

発見された脆弱性は、CVE-2016-7053、CVE-2016-7054、CVE-2016-7055。重要度は高(High)、中(Medium)、低(Low)。複数の脆弱性が存在するため、ユーザにはアップグレードが強く推奨される。

影響を受けるバージョンは、「OpenSSL 1.1.0b以前のバージョン」「OpenSSL 1.0.2h以前のバージョン」。「OpenSSL 1.1.0系列」の利用者は「1.1.0c」にアップグレードする必要がある。なお、「1.0.2系列」には重要度の低い脆弱性のみ(CVE-2016-7055)が存在するため、公式には次回のリリースで脆弱性が修正されるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVN

アールエスコンポーネンツ、「Raspberry Pi」の国内生産モデルを販売開始

アールエスコンポーネンツは11月10日、ワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」シリーズの国内生産モデル「日本製Raspberry Pi 3 Model B」の150個セットの販売を開始すると発表した。

「Raspberry Pi」は、イギリスのラズベリー・パイ財団が開発している名刺サイズのワンボードコンピュータ。昨今では「試作だけではなく実製品へ組み込みたい」というニーズが高まっていたが、従来の海外製造ラインでは国内の厳しい製造管理要求に対応することができなかったという。

今回リリースした「日本製Raspberry Pi 3」は、日本国内で数多くの実績がある製造業社にて製造管理を行っているため、国内の各種管理要求に柔軟に対応できるようになり、ユーザ製品への組み込み販売が容易に行えるようになる。これによって、サイネージ、組み込み機器、産業機器、IoT端末など、幅広いエンタープライズソリューションでRaspberry Piを組込み部品として活用することが可能となるという。

販売方法はRSオンラインによる通信販売となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

「Xen 4.7.1/4.6.4」リリース

The Xen Projectは11月7日(現地時間)、仮想化ハイパーバイザー「Xen 4.7.1/4.6.4」をリリースした。

「Xen 4.7.1」「4.6.4」は、それぞれXen 4.7および4.6系列の最新リリース。マイナーアップデートリリースの位置付けとなっており、不具合の修正や安定性の向上が主な変更点となっている。

「Xen 4.7.1」「4.6.4」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
The Xen Project
リリースアナウンス

日本IBM、プライベートクラウド向け新アプライアンス「IBM Bluemix Local System」を発表

日本IBMは11月7日、プライベートクラウド向け新アプライアンス「IBM Bluemix Local System」を発表した。

「IBM Bluemix Local System」は、「IBM PureApplication System」と「IBM Bluemix」を組み合わせた製品。企業が運用する既存の業務システムをクラウド環境に実装して稼働させるクラウド・イネーブルドの基本設計や設計思想と、クラウド環境でのアプリケーション開発・実行を前提とするクラウド・ネイティブという2つのクラウド・アーキテクチャをオンプレミスで統合している。これによって従来の資産を継承して、高品質かつ迅速な開発と統一した運用環境を提供するほか、クラウド化においてセキュリティとコンプライアンスに関する重要な要件に対処するために、オンプレミスで保持しなければならない機密データやワークロードを抱える企業の課題を解決するという。ユーザ企業は、これによってプログラミング工数を削減し、短期間で高機能なアプリケーションの開発と稼働を実現できるとしている。

価格は個別見積もり。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

プログラミング言語「Scala 2.12」リリース

scala-lang.orgは11月3日(現地時間)、プログラミング言語「Scala 2.12」をリリースした。

「Scala」は、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を合わせ持つ、オブジェクト指向型プログラミング言語。Java仮想マシン上で動作するため、Javaのライブラリを利用できたり、既存のJavaのプログラムと連携させることができる。

「Scala 2.12」では、「Java 8」のJava仮想マシンに対応し、Java 8の機能が利用できるようになった。また、最適化機能も強化されたほか、ライブラリの増強など複数の機能強化が加わっている。

「Scala 2.12」は、Webサイトからダウンロードできる。なお、Scala 2.12の利用には「Java 8」が必須となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

ノベル、ARMアーキテクチャ向け「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」を発表

ノベルは11月7日、ARMアーキテクチャ向けのLinuxディストリビューション「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」を発表した。

「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」は、ARM AArch64サーバ向けに最適化された商用エンタープライズ向けLinuxディストリビューション。x86-64、PowerPC、System zなどのアーキテクチャ向けに提供してきたものと同じソリューションがARM AArch64システムでも実現するという。

同製品では、ARM AArch64システム向けLinuxソリューションのコンパイル、パッケージング、導入をより迅速に行うツールを搭載しているほか、ARM SoC (System-on Chip)の機能を活用したストレージ最適化、ネットワーク統合の基盤と暗号化/圧縮エンジンやカスタムFPGA機能のサポートなどが特徴となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

Red Hat、サーバ設定フレームワーク「Ansible 2.2」リリース

Red HatのAnsibleチームは11月1日(現地時間)、サーバ設定フレームワーク「Ansible 2.2」をリリースした。

Ansibleは、Pythonで実装されたサーバ設定の自動化を目指すフレームワーク。サーバにAnsibleをインストールすることなくSSHを介して操作を行うことができる。

「Ansible 2.2」はDockerコンテナ環境の扱いが強化されたほか、クラウド、ネットワーク関係の機能が強化されている。そのほかにもいくつかの機能改善が施されている。

「Ansible 2.2」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

MySQLに不正な特権昇格の恐れがある脆弱性、MariaDBなどにも存在

Threatpostは11月2日(現地時間)、MySQLに不正な特権昇格の恐れがある脆弱性が存在すると発表した。

この脆弱性(CVE-2016-6663)は、MySQLだけでなく、MariaDBやPerconaといったRDBMSにも存在しており、悪用されると任意のコードが実行されたり、システムが乗っ取られる危険がある。なお、影響を受けるのはMySQL 5.5.51およびそれ以前、5.6.32およびそれ以前、5.7.14およびそれ以前のバージョン。ユーザは早急な対応が必要とされている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress