はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「PHP 7.1.6/7.0.20」リリース、「PHP 7.2 Alpha版」も

The PHP development teamは6月8日(現地時間)、「PHP 7.1.6」および「7.0.20」のリリースを発表した。また同時に新系列「PHP 7.2」のアルファ版も発表された。

PHPの現在の最新系列は「7.1」。「PHP 7.1.6」、「7.0.20」ではバグの修正などが施されており、ユーザにはアップグレードが推奨されている。

また、「PHP 7.2 Alpha版」も同時に発表された。PHP development teamでは、このアルファ版のテストをユーザに依頼している。ただし、アルファ版は開発者向けのプレビュー版であり、重要なバグが修正されずに残っている可能性が大きいため、あくまでテストに留めるように注意が必要。

「PHP 7.1.6」「7.0.20」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(PHP 7.1.6)
プレスリリース(PHP 7.0.20)
プレスリリース(PHP 7.2 Alpha 1)

Doctor Web、Raspberry Piを狙うマルウェア「Linux.MulDrop.14」を発見

 Doctor Webは6月6日(現地時間)、Raspberry Piを狙うマルウェア「Linux.MulDrop.14」を発見したと発表した。

「Linux.MulDrop.14」は、Raspberry Piデバイスに搭載された機能に狙いを定め、暗号通貨をマイニング(採掘)するマルウェア。Doctor Webが同社のハニーポットに感染した「Linux.MulDrop.14」を解析したところ、このマルウェアはSSHを利用してリモートのRaspberry Piを狙う。このとき狙われるのはデフォルトのアカウント「pi」。感染に成功すると、マルウェアはネットスキャンツール「ZMap」とユーティリティツール「sshpass」をインストールし、他の感染先を探すという。

 Raspberry Pi財団は、Raspberry Piのユーザに対し、OSのアップグレード、デフォルトのパスワードの変更、無用なSSHサービスの公開停止などの施策を呼び掛けている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

プログラミング言語「Rust 1.18」リリース

Mozillaは6月8日(現地時間)、プログラミング言語Rustの最新版、「Rust 1.18」をリリースした。

Rustは、並列計算・関数型かつマルチパラダイムのプログラミング言語。C/C++ライクな文法を持つ。純関数型、並列計算モデル、手続き型、オブジェクト指向をサポートしており、安全性、速度、並列性にフォーカスしている。

「Rust 1.18」では、「pub(crate) bar:」に似たスタイルコンパイラによって速度が向上したほか、rustcコンパイラの強化など性能の向上を中心とした複数の改良が施されている。

対応プラットフォームは、Windows、Linux、Mac OS X、FreeBSD。ライセンスはMITライセンス。「Rust 1.18」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
rust-lang.org

通信経路秘匿技術「Tor」を搭載したブラウザ「Tor Browser 7.0」リリース

Tor Projectは6月7日(現地時間)、通信経路の秘匿化を行う技術「Tor」を搭載したFirefoxベースのWebブラウザ、「Tor Browser 7.0」をリリースした。

「Tor Browser 7.0」では、ベースとなるWebブラウザが「Firefox ESR 52.1.2」にアップデートされた。これによって安全性が向上している。また、Linux版およびMac OS X版では、サンドボックス機能がデフォルトで有効になった。

「Tor Browser」はカンパウェアで、対応OSはWindows/Mac OS X/Linux。「Tor Browser」は、プロジェクトのWebサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Tor Browser
Blogによる記事

「Perl 5.26」リリース

 プログラミング言語Perl 5系列の最新版、「Perl 5.26」が5月30日付けでリリースされた。
 
「Perl 5.26」は、1994年にリリースされた「Perl 5系列」の最新リリース。なお、現在の最新系列は「Perl 6系列」。

「Perl 5.26」では、新しいヒアドキュメント「Indented Here-documents」の採用、セキュリティ対策のため@INC変数に「.」がデフォルトで含まれなくなった、正規表現内でエスケープされていない「{」の利用が不可になるなど、さまざまな変更が施されている。このほかにも多数の機能や不具合の修正が加わっている。

「Perl 5.26」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

HHVM Project、PHP実行環境「HHVM 3.20」リリース

HHVM Projectは6月7日(現地時間)、PHP実行環境「HHVM 3.20」をリリースした。

「HHVM」は、「HipHop Virtual Machine」の略で、PHPで作成されたコードを実行するための仮想環境。PHPと互換性のある「Hack」にも対応している。PHP Licenseの下で、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

「HHVM 3.20」では、PHP 7との親和性が向上しているほか、いくつかの機能強化および安定性向上が施されている。

「HHVM 3.20」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

オープンソースのデバッガ「GNU Debugger 8.0」リリース

GNU Projectは6月4日(現地時間)、「GNU Debugger 8.0」(GDB 8.0)をリリースした。

GNU Debbugerは、GNU ProjectがGPLライセンスの下で公開しているデバッガ。ソースレベルでデバッグを行うことができ、C、C++、Objective-C、Pascal、Python、FORTRAN、Adaなどの言語に対応している。

「GDB 8.0」では、C++のrvalueリファレンスや、DWARF バージョン5が新しくサポートされた。また、Pythonスクリプティング機能が強化されるなど、複数の機能が強化されている。

「GDB 8.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

CoreOS、コンテナのセキュリティスキャンツール「Clair 2.0.0」リリース

 CoreOSは6月1日(現地時間)、コンテナセキュリティスキャナー「Clair 2.0.0」をリリースした。

Alpine Linux、Oracle Linuxなどコンテナのベースとしてよく利用されるOSの対応が拡充している。

「Clair」は、オープンソースのコンテナ分析ツール。appc/Dockerコンテナイメージを解析し、脆弱性データベースと照合することで、安全性をチェックする。

「Clair 2.0.0」では、コンテナ内容の可視化が強化されたことで、認識できるベースのOSイメージが増えた。これによってAlpine LinuxやOracle Linuxなどへの対応が強化された。

「Clair 2.0.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

玄人志向、Raspberry Pi 3を使ったIoTキット「KURO-IOTEXP/RC0」を発表

玄人志向は6月1日、Raspberry Pi 3を用いたIoTキット「KURO-IOTEXP/RC0」を発表した。6月上旬中に発売される。

「KURO-IOTEXP/RC0」は、自作IoTベースキット「KURO-IOTEXP/KIT3」のための拡張キットとして発売されている。「KURO-IOTEXP/RC0」を利用すると、Raspberry Pi3を取り付けてコントロール可能なロボットカーを構築できる。同製品を利用することで、ロボットカーの組み立てとプログラミング制御の学習を行うことができる。

価格はオープン。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
玄人志向
ニュースリリース

ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 2.2.7/2.0.13」リリース

Wireshark Foundationは6月1日(現地時間)、ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 2.2.7/2.0.13」をリリースした。

Wiresharkは、Ethrealを前身とするネットワークプロトコルアナライザ。パケットキャプチャやプロトコル解析により、ネットワークの解析を行うことができるオープンソースのソフトウェア。

「Wireshark 2.2.7」は、「2.2」系列の最新リリース。「Wireshark 2.2.7」では、12件の脆弱性が修正されている。このうち9件が「2.0」系列にも存在していたため、これらを修正した「Wireshark 2.0.13」もあわせてリリースされた。なお、今回のリリースではプロトコルサポートのアップデートも施されている。

「Wireshark 2.2.7」は、Windows版、Linux版、BSD版、SolarisやHP-UXなどに対応したUNIX版、Mac OS X版パッケージが用意されている。「Wireshark」はWebサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress