はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「Scientific Linux 7.6」リリース

Fermi National Accelerator Laboratoryは12月3日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Scientific Linux」の最新版、「Scientific Linux 7.6」のリリースを発表した。

Scientific Linuxは、Red Hat Enterprise LinuxのソースコードをリビルドしたものをベースにしたLinuxディストリビューション(Red Hatの商標に関する部分は取り除かれている)。「Scientific Linux 7.6」は、RHELの最新リリース「7.6」に対応したもの。

Scientific Linuxは、高エネルギー物理学などの分野で利用されるパッケージが追加されており、高エネルギー物理学実験や原子核実験のプロジェクトでも採用されている。

対応プラットフォームはx86_64。32bitプラットフォームはサポートしていない。Scientific Linux 7.6のISOイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

Microsoft、「TypeScript 3.2」リリース

Microsoftは9月28日(現地時間)、JavaScriptをベースとしたプログラミング言語「TypeScript 3.2」をリリースした。

「TypeScript」はJavaScriptをベースとしたオープンソースのプログラミング言語。JavaScriptと互換性を持ち、大規模な開発にも適している。

「TypeScript 3.2」では、関数メソッドの型推論の強化、新しい型システムコンセプト「object spread type」の導入など、複数の機能強化が施されている。

「TypeScript 3.2」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
TypeScript

コーソル、中堅中小企業向け非常駐型DB監視サービス「リモートDBA with Zabbix」を提供開始

コーソルは12月4日、中堅中小企業向け非常駐型DB監視サービス「リモートDBA with Zabbix」を提供開始した。

「リモートDBA with Zabbix」は、オープンソース監視ツール「Zabbix」を使った「DB監視ツール導入」と「非常駐型DBA」を組み合わせたサービス。プロの視点でDB監視項目を設定、監視の自動化により障害を未然に防ぎ、障害発生時にはDB専門のエンジニアがリモートで24時間365日復旧対応する。これにより、人手不足解消だけでなく、昼夜問わず監視や障害対応に追われていたDB専門外の担当者の負担が軽減される。さらに、夜間休日運用のアウトソーシング化で運用コストを低減し、システムの安定稼働・品質維持も実現する。

参考価格は初期費用が1,460,000円から、月額費用が165,000円から(税別)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
サービス概要

インターネット電話ツール「Skype 8」にリアルタイム字幕付加機能を追加

12月4日(現地時間)、Skypeの最新版、「Skype 8」にリアルタイム字幕を付加する機能が追加された。

「Skype」は、インターネット電話サービス。テレビ電話の形式、すなわち通話機能にWebカメラを利用して互いの顔を見ながら通話することが可能。今回のリアルタイム字幕付加機能は、発言をリアルタイムで認識し文字起こしした上で、通話画面に表示する機能。1対1の通話だけでなくグループチャットでも利用できる。翻訳機能も近々リリースされる予定となっている。

この機能は、聴覚障害などを持つユーザのための機能だが、外国語をヒアリングする際の補助などの利用もできる。

「Skype 8」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

「Dragonfly BSD 5.4」リリース

DragonFly BSDの最新版、「DragonFly BSD 5.4」が12月3日(現地時間)リリースされた。

DragonFly BSDは、FreeBSDから派生したBSD系OS。x86およびx86-64アーキテクチャに対応している。

パッケージ管理システムには、独自のパッケージ開発システム「DPorts」がデフォルトとなっている。「DragonFly BSD 5.4」では、デフォルトのコンパイラが「GCC 5」から「GCC 8」に変更された(「GCC 4.7.4/5.4.1」もサポートしている)ほか、Non-Uniform Memory Access(NUMA)設定の改善、SMPとの親和性向上など、複数の機能強化が施されている。

DragonFly BSDのISOイメージおよびUSBメモリ対応イメージは、Webサイトからダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
DragonFly BSD公式ページ
リリースアナウンス

AWSが「AWS Lake Formation」を発表–データレイクを簡単に構築

 Amazon Web Servicesは11月28日(現地時間)、データレイクのセットアップを数日で完了する製品「AWS Lake Formation」を発表した。

 データレイクは、ストレージの用意、S3バケットの設定、データのマイグレーションなど、数多くの作業が必要で、現状では相当な時間を要する。また、コストおよびパフォーマンスの最適化、セキュリティ、アクセスポリシーの準備など、クリアしなければならないことは多く、これまでデータレイクのセットアップには数ヶ月かかっていた。

「AWS Lake Formation」は、データレイクのセットアップについて、ダッシュボードの簡単な操作で全ての作業が行えるという。データの効率的な移動、メタデータタグの設定、見本となるセキュリティポリシーやアクセス制御のリストも備えている。

 また、同社は同時に安全なマルチアカウント環境「AWS Control Tower」のプレビュー版と、AWS環境のセキュリティを集中的に管理できる「AWS Security Hub」も発表した。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
AWS Lake Formation

ソフトバンク、「5G×IoT Studio」をリニューアル

 ソフトバンクは11月30日、第5世代移動通信システム(5G)の実験機器や周辺機器、エッジコンピューティングを想定した高性能サーバなどを設置した屋内トライアル環境として、2018年5月18日にオープンした「5G×IoT Studio」のお台場ラボを、11月30日にリニューアルしたと発表した。

 今回リニューアルオープンした「お台場ラボ」では、5Gのネットワーク環境を、4.5GHz帯から28GHz帯の周波数を使用したノンスタンドアローン標準仕様に構成を変更して再構築した。5Gを活用したサービスの導入を検討する法人のユーザは、今回構築した5Gのネットワーク環境で、5Gの技術検証や5Gと高性能サーバを組み合わせたサービス、アプリケーションの検証などを実施することができる。ソフトバンクは、法人のお客さまとの実証実験を通してノウハウを蓄積し、5Gネットワークの商用展開時に安定したサービスの実現を目指す。

 また、製造業や建設業など、業種別の5Gのユースケースをイメージしたデモンストレーションを新たに用意した。今回、京都の大江能楽堂で上演された「土蜘蛛」を撮影して、5Gの実験用VRコンテンツを制作した。このコンテンツは、舞台に向かって正面、左、左奥、2階席の4カ所から360度カメラで撮影した高精細な8K映像で構成されており、立体音響技術を採用したことで、ユーザーが見る方向に合わせて音が追随し、舞台の奥行きを感じることができる。高速大容量・低遅延でデータ通信が可能な5Gを活用して、ユーザはこのコンテンツを遅延なくスムーズに視聴できるとともに、違う視点の映像に瞬時に切り替えることが可能なため、遠隔地にいながらでもその場にいるかのような臨場感が得られるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

レッドハット、ハイブリッドクラウドのデータ管理強化のためNooBaaを買収

Red Hatは11月27日(現地時間)、ハイブリッドクラウドのデータ管理強化のため、NooBaaを買収したと発表した。

「NooBaa」は、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)に取り組む企業。Noobaaの主要プラットフォームは、分散環境にある非構造化データの可視性を向上させる機能などを提供し、管理しやすくできるよう設計されている。「Red Hat」が「NooBaa」を買収することによって、ユーザは複数のプラットフォームについて詳細を把握することに囚われることなく、ストレージを管理することができるようになるとしている。

 プライベートクラウドと複数のクラウドにまたがって構築、デプロイしている場合に、データポータビリティは不可欠となる。NooBaaの持つ技術によって、Red Hatのポートフォリオを強化し、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドへの対応を推進する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

AWS、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」への機能追加を発表

Amazon Web Servicesは11月29日(現地時間)、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」に「Lambda Runtime API」と「Lambda Layers」を追加したと発表した。

「AWS Lambda」は、サーバレスコンピューティングを可能にするサービス。このサービスを利用することによって、自前のサーバを運用することなくクラウドを利用したコンピューティングが可能になる。

「Lambda Runtime API」は、、現在サポートされていないプログラミング言語に対応させるAPI。今回は、C++とRustが利用できるようになった。今後、ほかのプログラミング言語に対してもランタイムが提供される。「Lambda Layers」はLambdaにおいて独自のライブラリを利用できるようにするもので、コードの共有および管理を支援する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
AWS Lambda

テキストエディタ「Atom 1.33.0」リリース

GitHubは11月28日(現地時間)、オープンソースのテキストエディタ「Atom」の最新版、「Atom 1.33.0」をリリースした。

Atomは、Mac OS X用にGitHubの内部で開発が進められてきたプログラミング向けテキストエディタ。CSS、HTML、JavaScriptなどのWeb技術が応用されて構成されたエディタとなっている。また、ビルドシステムやワークスペースなど、開発に当たって有用なツールも同梱されている。現在では、Mac OS X版のほか、Windows版、Linux版が開発されている。

「Atom 1.33.0」では、構文解析ライブラリ「tree-sitter」に「Rust」のパーサーが追加されたほか、スニペット無効化が可能となるなど、いくつかの機能強化、改善が図られている。

「Atom 1.33.0」は、公式サイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress