はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「VirtualBox 5.1.0」リリース

VirtualBoxの最新版、「VirtualBox 5.1.0」が7月12日(現地時間)リリースされた。

VirtualBoxは、ホスト上に仮想マシンを作成し、その上で別のOSを実行することができるソフトウェア。Windows版、Linux版、 BSD版などが用意されており、個人利用または評価目的の場合は無償で利用可能。また、ソースコードがOSE版としてGPLの下で公開されている。

VirtualBoxでは、仮想マシンからUSB機器を利用したり、Windowsのリモートデスクトップ接続を仮想マシンへ接続する、などが可能。3Dアクセラレーションをサポートしており、64ビットゲストにも対応している。

「VirtualBox 5.1.0」は、2015年7月以来のアップデートリリースとなっており、マルチCPU構成の仮想マシンへの対応が強化されたほか、ネットワークの改善、デバッグなどに向けたログ・情報の収集ツールの採用、バグフィクスと安定性の向上など、多数の変更が加わっている。

VirtualBoxはWebサイトから入手できる。非オープンソースのバイナリが含まれる「Extension Pack」は、個人利用に限り無償で利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress