はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

AWS、オープンソースのTLS実装「s2n(Signal-to-Noise)」リリース

Amazon Web Services(AWS)は6月30日(現地時間)、オープンソースのTLS実装「s2n(Signal-to-Noise)」をリリースした。

「s2n」は、シンプルかつ高速で、サイズが小さくなるように設計されたTLS実装のライブラリ。「s2n」はほとんど使用されないオプションと拡張機能は極力搭載せず、コードは現在のところ、わずか6,000行程度に留まっている。

AWSは今後数ヶ月かけていくつかのAWSサービスにs2nを統合開始する予定。TLSは標準化されたプロトコルなので、s2nはすでにAWSが使用する機能を実装しているため、独自のアプリケーションの変更を必要とせず、すべてが相互運用可能となる。

「s2n」は、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
s2n

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress