はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

EMCジャパン、「EMC Data Domain DD9500」などデータ保護製品群の提供を開始

EMCジャパンは6月18日、「EMC Data Domain DD9500」などのデータ保護製品群の提供開始を発表した。

今回の製品アップデートによって、データセンター内のデータ、クラウド環境へのデータ、クラウド環境内のデータを保護する新しいプラットフォームとサービスを提供する。この新製品群によって、ユーザはコストを削減し複雑さを軽減しながら、データの存在場所に関係なく、すべてのデータを保護することが可能になる。

新製品「Data Domain DD9500」は、58.7TB/時のパフォーマンス(競合製品と比べて1.5倍)と1.7PBの大容量により、、厳しいデータ保護要件にも対応する。「Data Domain DD2200」は小規模オフィス向けの2Uで最大4TBの実効容量を保護し、データ整合性の保護をハイエンドと同じレベルで実現する。

「EMC Data Protection Suite 2015」は、柔軟なライセンスモデルを採用し、多様なデータ保護要件に合わせた最適な組み合わせで個々の製品を利用できる。「CloudBoost Connector」は、ユーザの既存のEMCデータ保護ソリューションとクラウド環境をシームレスに統合し、バックアップの長期保管を実現する。「Data Protection Search」は、オープンソースのElasticSearchテクノロジーを活用して、企業規模のバックアップを「EMC Avamar」と「EMC NetWorker」の両方から検索できるようにする。

価格は、「EMC Data Domain DD9500」が個別見積もり、「EMC Data Domain DD2200」4TBモデルが1,125,000円から(税別)。「EMC Data Protection Suite 2015」が個別見積もりとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress