はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ディアイティ、ログの相関分析により不審な行動をキャッチする統合ログ管理ソリューション「McAfee SIEM」を販売開始

ディアイティは9月3日、内部犯罪や標的型攻撃の分析に有効なログの統合分析を可能とするマカフィー製統合ログ管理ソリューション「McAfee Security Information and Event Management(McAfee SIEM)」の販売を開始したと発表した。

「McAfee SIEM」は、各種サーバ、ネットワーク機器、セキュリティ製品などのログを収集、一元管理するとともに、それらのログの相関関係を分析するソリューション。ログの分析に特化したデータベースを利用するため、大量に収集されたログを高速で処理することが可能。また、1日に20億件以上のマルウェア情報を収集しているMcAfee社の外部脅威情報データベース(GTI)と連携することで、最新情報に即したログの相関分析を通して、標的型攻撃の迅速な発見が可能となる。これにより、ファイアウォールやウィルス対策、不正侵入検知システムなどのセキュリティ対策で対処するのが困難な内部犯罪を発見することができるようになる。さらに、マカフィーのファイアウォール「McAfee Firewall Enterprise」やWebセキュリティ「McAfee Web Gateway」、「McAfee Email セキュリティ」、「McAfee Email Gateway」などと組み合わせることで、マカフィーの培ったハイレベルなセキュリティ技術を利用したセキュリティ監視システムを構築することができる。

販売価格は、オールインワンのアプライアンスモデルで640万円(税別)からとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress