はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

日本オラクル、分散トランザクション処理基盤「Oracle Tuxedo」製品群の機能強化を発表

日本オラクルは6月25日、「Oracle Tuxedo」製品群の機能強化を発表した。

今回の発表では、プライベート・クラウドや従来のデータセンター環境において、C、C++、COBOL、Javaで開発されたアプリケーション向け分散トランザクション処理基盤「Oracle Tuxedo 12c」および、IBMメインフレーム専用のアプリケーションをオープン環境に移行する「Oracle Tuxedo ART 12c」の機能強化が行われる。

「Oracle Tuxedo 12c」は、機能強化によってアプリケーションの信頼性、可用性、パフォーマンスなどが向上するという。「Oracle Tuxedo 12c」の機能強化によりドメイン間通信の遅延が解消され、「Oracle Exalogic Elastic Cloud」と「Oracle Tuxedo 12c」を組み合わせた環境で稼働するアプリケーションの処理速度が最大4倍向上する。

「Oracle Tuxedo ART 12c」の機能強化では、IBMメインフレーム専用アプリケーションの移行を迅速化し、リホストしたアプリケーションの管理とサポートを強化し、またコストとリスクが低減できるようになる。大規模メインフレーム・アプリケーションの移行が迅速化されることによって、アプリケーションが従来のLinuxまたはUNIXサーバ、同社のエンジニアド・システム、クラウド環境上でより効率的に実行できるようになる。更に「Oracle Exalogic」へ最適化すると、従来のx86サーバに比べ、最大7倍のパフォーマンス向上を実現するという。

価格は、「Oracle Tuxedo 12c」が1プロセッサあたり6,521,700円、「Oracle Tuxedo ART 12c」が1プロセッサあたり978,300円(いずれも税別)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress