はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

JPCERT/CC、制御システム向けの簡便なセキュリティ自己評価ツール「日本版SSAT」を公開

JPCERT/CCは2月28日、制御システム構築・維持・運営に携わる関係者のためのセキュリティ自己評価ツール、「日本版SCADA Self Assessment Tool(SSAT)」の提供を開始した。

日本版SSATは、英国CPNIが開発したSSATをベースに、質問項目や判定結果の表示など利用者インターフェース部分を日本語訳するとともに、日本の環境に合わせてチューニングを施したもの。Microsoft Excel が動く環境であれば、簡便に利用できる。100程度の管理項目に関する設問に対して、調査対象システムの状況を回答することによって、改善すべき問題が「見える化」される。日本版SSATを利用する担当者は、JPCERT/CCのWebサイトで公開中のグッド・プラクティス・ガイドと併用することで、必要なセキュリティ対策について、より深い理解を得ることができる。

日本版SSATは、JPCERT/CC情報流通対策グループ制御システムセキュリティ担当宛に、氏名、会社名などを添えて申し込むことで、無償で入手することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(pdf)
「日本版SSAT」詳細情報

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress