はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ターボリナックス、カーネル2.6の技術者認定制度「Turbo-CE 2.6Master」を発表

ターボリナックスは、最新カーネル2.6版の技術者認定制度「Turbo-CE2.6Master」の認定制度を制定し、2005年5月31日から認定試験を開始する。 これは、ウィルスの蔓延、個人情報保護法施行などによるSELinux(Security-Enhanced Linux)への注目が高まっていること、およびカーネル2.6ベースのシステムが急速に普及しており、システムの構築や管理スキルを持つ技術者の育成が急務とされていることを受けたもの。これを受け、同社は最新カーネル2.6そのものの汎用的な知識とスキルを有すエンジニアの育成と認定を目的としてこの認定制度を制定した。

2.6Masterは、ターボリナックスの技術者認定制度「Turbo-CE」の最新版に相当する。本認定制度は、ターボリナックスのサーバーOS「Turbolinux 10 Server」をベースにしているが、特定製品に依存しない最新カーネル2.6の知識を有すエンジニアのスキルを証明するという点から、今回新たに名称に「2.6Master」を加えた。

2.6Master認定制度は、技術者支援プログラムでもあるという観点から、従来のTurbo-CE取得者に提供しているテクニカルサポートやセキュリティアナウンス等の各種技術情報に加え、
・優待価格によるターボリナックス製品の購入
・取得者専用Webサイトでの情報提供(2005年7月公開予定)
・製品βテストへの参加や先行ダウンロード
などの提供を予定している。また、他ベンダー資格との提携も予定しているという。

2.6Masterは、実際のビジネスの場に必要なLinuxの概要からカーネル2.6システムの導入と管理、カーネル2.6の新機能の理解、セキュリティに関する基礎知識、主要ネットワークサービスの構築と管理に関する基本的な知識を習得することで認定される。認定試験は、2005年5月31日開始となる。なお、2005年1月より、2.6Master認定試験対応のトレーニングプログラムが全国のオフィシャル・エデュケーションセンターで実施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ターボリナックス
Turbo-CE Master2.6

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress