はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

TIOBE、2019年の「Language of Year」に「C言語」を選出

TIOBE Softwareは、2019年にもっともインデックスを伸ばした「C言語」を2019年の「Lagnuage of Year」として発表した。

インデックス値を伸ばした言語としては、1位がC言語(増加率2.4%)、2位がC#(同2.1%)、3位がPython(同1.4%)、4位がSwift(同0.6%)となっている。

予測としては2019年のLanguage of Yearは、長期増加傾向を見せていた「Python」が有力視されていたが、「C言語」が1位となった。C言語が1位となった要因としては、IoTや小型デバイスでの利用が多いためだという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
TIOBE index

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress