はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

GitHub、オープンソースのソースコードが1000年単位で保存する取り組み「GitHub Archive Program」を発表

GitHubは11月13日(現地時間)、オープンソースソフトウェアのソースコードを1000年単位で保存する取り組み「GitHub Archive Program」を発表した。

 今回発表された計画では、GitHubに公開されているリポジトリおよび重要な休眠リポジトリをコピーし、ノルウェーの企業Piqlがデータを耐久性の高い2次元フィルムに記録する。このフィルムを、ノルウェーのスヴァールヴァル諸島に存在する炭鉱跡(地下250m)に保存する。これにより、データは永久凍土の下に保存されることになる。

 今回の取り組みは、Internet ArchiveやMicrosoft Researchなどの協力の下で遂行される。1万年保存することを目標とし、石英ガラスにレーザーでデータを書き込むプロジェクトとも連携するとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub Archive Program

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress