はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Linuxディストリビューション「OpenMandriva Lx 4.0」リリース

OpenMandriva Associationは6月16日(現地時間)、Linuxディストリビューション「OpenMandriva Lx 4.0」をリリースした。

 「OpenMandriva Lx(OMLx)」は、フランスのMandriva社が開発していたMandrake Linuxから派生したLinuxディストリビューション。現在ではOpenMandriva Associationが開発に当たっている。

 「OpenMandriva Lx 4.0」は、2016年8月の「3.0」リリース以来のメジャーアップデートリリースとなる。カーネルにLinux 5.1.9を採用し、デスクトップ環境は「KDE Plasma 5.15.5」が採用された。OpenMandriva Lxでは、KDEデスクトップ環境に合わせた最適化が複数施されている。その他にもパッケージマネージャが「DNF」「RPM v4」に変更されるなど、数多くの変更が加わっている。ハードウェア面ではarmv7hnlに対応したほか、AMDプロセッサ向けのディストリビューションも公開されている。

 「OpenMandriva Lx 4.0」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress