はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Canonical、ディスプレイサーバー「Mir 1.0.0」リリース

 Canonicalは9月21日(現地時間)、ディスプレイサーバ「Mir 1.0.0」をリリースした。

 Mirは、X Window Systemの次の世代のサーバとして開発されたディスプレイサーバ。デスクトップのほか、組み込み用途やIoTなどの利用も想定して構築されている。高速、軽量、安全を謳い文句としており、GTK3/4、Qt5、SDL2などでMir対応のアプリケーションが作成できる。なお、メインプロトコルにはWaylandが採用されている。

 「Mir 1.0.0」では、実験的機能としてXWayland経由でX11を動作させる機能がことができるようになったほか、複数のWayland拡張プロトコルを新しくサポートした。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Mir Display server

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress