はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.2」リリース

emberjs.comは7月2日(現地時間)、クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.2」をリリースした。

Ember.jsは、クライアントサイドのMVCフレームワーク。「SproutCore」というMVCフレームワークの派生成果物であり、MVCを生かした高い性能と速度が特徴となっている。GUIアプリケーションの開発手法の考え方をWeb開発に採り入れている

「Ember 3.2」では、letテンプレートの追加、コンピュートプロパティオブジェクトが利用可能になるなど、複数の機能強化が施されている。

「Ember 3.2」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress