はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

ミラクル・リナックス、オープンソースを活用したバックアップサービスを提供開始

ミラクル・リナックスは4月6日、サーバ管理コストの削減と既存ソフトウェアの資産活用を目指す顧客を対象ににしたバックアップサービス「P2V移行サービス」の提供開始を発表した。

「P2V」は「Physical to Virtual」の略で、物理環境から仮想化環境への移行を提供する仕組み。「P2V移行サービス」では、物理サーバの保守期間が終了した後、引き続き利用したいIT資産をOSレベルからアプリケーションまで仮想化環境に移行するサービス。移行作業にはオープンソースのバックアップソフト「Mondo Rescue」を利用し、ヒアリングから現地作業までワンストップで提供される。

移行対象OSは、「MIRACLE LINUX」および「RedHat Enterprise Server 2.X~4.X」。仮想化環境には「VMware Server」、「VMware ESX」、「VMware ESXi」を利用する。物理サーバ1台から仮想マシン1台への移行、事前パラメータ検討、Mondo Rescueによる既存システムの吸い上げ、仮想化環境への既存システムの移行、動作確認、実作業2日(現地作業1日)を含む。

価格は525,000円から(税込、ハードウェアの設定料金は含まない)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
「P2V移行サービス」概要
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress