はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

カスペルスキー、総合セキュリティソフトウェア「Kaspersky Internet Security 2011」、アンチウイルスソフト「Kaspersky Anti-Virus 2011」を発売

カスペルスキージャストシステムは9月7日、インターネットからの種々の脅威に対抗するための機能強化に加え、未知の脅威からリアルタイムで保護する新機能を搭載した総合セキュリティソフトウェア「Kaspersky Internet Security 2011」および、アンチウイルスソフトウェア「Kaspersky Anti-Virus 2011」を、9月17日より発売すると発表した。

「Kaspersky Internet Security 2011」は、数々の脅威に対抗する高いセキュリティ機能と、速さ・軽さを両立した総合セキュリティソフトウェア。一方の「Kaspersky Anti-Virus 2011」は、ウィルス対策に特化したソフトウェア。

従来は危険なサイトかどうかを検知後に判断していたが、「Kaspersky Internet Security 2011」「Kaspersky Anti-Virus 2011」は、新しいアプローチ機能により事前に危険を検知する。また、オンラインバンキングのURLに接続する際には、自動で仮想実行への切り替えも可能。重要な個人情報をブロックし、クラッカーの脅威からユーザを防御する。さらに、URLフィルターやドメインフィルターに加え、新たに導入されたセーフサーフ機能により、信頼するサイトのみにアクセスし、疑わしいサイトとフィッシングサイトのURLをスキャンし、危険なサイトへのアクセスをブロックする。

動作環境は、共にWindows 7/Vista/XP(SP2以上)の各日本語版(32bit/64bitの双方に対応)。販売価格は、「Kaspersky Internet Security 2011」の1年3台パッケージ版が7,140円、同ダウンロード版が6,279円。「Kaspersky Anti-Virus 2011」の1年3台版が4,400円(いずれも税込)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
「Kaspersky Internet Security」製品情報

三和シャッター、指静脈認証装置を一体化したセキュリティドアを発表

三和シヤッター工業は7月20日、ワンアクションでスピーディに解錠できる指静脈認証装置を組み込んだスチールドア「ヴィーナスロック」を8月2日より全国発売すると発表した。

「ヴィーナスロック」は、指静脈を利用した認証装置を扉の枠に組み込み、一体化した製品。ニュースリリースによると業界初(特許・意匠出願中)だという。枠に認証装置が組み込まれているため設置が簡単で、配線は枠の中を通すため、意匠的にもすっきりしている。同製品は、小規模オフィスや医療・福祉施設など、入室管理が必要な箇所に設置されることを想定して開発された。スタンドアロンでの設置のほか、ネットワーク化にも対応できるという。また登録のためのパソコンやサーバを必要としないため、1つのドアから簡単に設置できる。

また、認証装置の上に指を置くだけのワンアクションで解錠できるため、カードや登録番号などで個人を特定する必要がない。指静脈情報の登録・削除は、室内の認証コントローラで行い、99人まで登録可能。

設計範囲は片開きで、幅800~1000mm、高さ1800~2000mm、扉厚は36・40mm。参考価格は幅800mm×高さ2000mm、認証装置枠組み込みタイプ、電気錠、他金物一式を含み、660,000円(税込)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
製品情報

オリエントコンピュータ、指紋認証USBメモリ「Finger Print USBメモリ」を発売

オリエントコンピュータは6月22日、指紋認証USBメモリ「Finger Print USBメモリ」を発表した。

「Finger Print USBメモリ」は、重要なデータの持ち運びに最適なUSBメモリ。指紋による認証で登録者以外の利用ができないため、第三者によるデータの盗み見、紛失・盗難などの情報漏洩からデータを守る。USBメモリ内のソフトを使用するので、ドライバーやソフトのインストールも不要。さらに、PC内のファイル・フォルダの暗号化の機能も備えている。

サイズは、72×21.5×11mm。製品ラインナップは、2GB/4GB/8GB/16GB。価格は、2GBが2,200円、4GBが2,800円、8GBが 4,100円、16GBが6,800円(いずれも税込)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

オープンソース侵入検知システム「Suricata 1.0.0」リリース

The Open Information Security Foundation(OISF)は7月1日、オープンソースの侵入検知防御システム「Suricata 1.0.0」をリリースした。

OISFは、次世代の侵入検知・防御システムの開発を目指して設立されたNPO。Suricata 1.0.0は、侵入検知システム「Suricata」の、最初の安定版リリースとなる。Suricataは、侵入検知・防御システムに新しい技術を採り込むことを目指して開発された。Suricataは、侵入検知システム「Snort」のルールセットを利用しており、マルチスレッド、自動プロトコル検知などの機能を持っている。

Suricataの対応プラットフォームはLinux/Mac OS X/FreeBSD/Windows。GPLv2ライセンスの下で公開されている。「Suricata 1.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

日立製作所、クラウドサービスに指静脈認証サービスを追加して提供開始

日立製作所は6月7日、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップに、クラウドサービスに指静脈認証サービスを追加して提供開始すると発表した。

今回提供を開始する「指静脈認証サービス」は、高いセキュリティと利便性を両立し、確実な本人認証を目指すサービス。日立製作所が運用・管理を行うクラウド環境下のサーバにて、指静脈認証サービスを提供する。本サービスを導入することにより、ユーザは生体情報の運用管理が不要になるとともに、確実な本人認証を迅速かつ低コストで実現できる。また、利用者は、パスワードやカードが不要となり、忘失や盗難などの心配なく、装置に指を置くだけでサービス利用する際の認証が可能となる。

今回実用化した技術は、生体情報を暗号化したまま、事前に登録してある生体情報と照合でき、暗号化された登録済み生体情報を更新する際にも復号化することがないため、クラウド環境下でも安全な生体認証サービスの運用・管理を実現する「キャンセラブルバイオメトリクス技術」を、世界で初めて実用化した。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
指静脈認証ソリューション製品情報
「Harmonious Cloud」製品情報

マカフィー、仮想化環境向けセキュリティソリューションを発表

マカフィーは6月10日、仮想化環境のセキュリティ管理最適化ソリューションを発表した。

この仮想化環境向けセキュリティソリューションは、ユーザーが今後の仮想化への投資を最大限活用できるよう、セキュリティオプションを拡大させ、セキュリティ管理を強化・最適化するもの。プラットフォームのオープン化と管理の最適化により、コスト削減を実現している。

従来、仮想マシンやゲスト内のセキュリティは資源集約的であるため、単一のホストで展開可能な仮想マシンの総数には限界があった。同時に、このような問題が、組織における業務コスト削減を妨げていた。

同社が現在開発中の新プラットフォーム「McAfee Management for Optimized Virtual Environments(略称MOVE)」は、マカフィーとパートナーが活用できるプラットフォームにより、仮想化環境向けに特化されたセキュリティを実現することを目的に開発された。各ハイパーバイザーベンダーの開発方式を共通化し、各仮想マシンの外にセキュリティポリシーチェックなどの資源集約的作業をオフロードする。ハイパーバイザー全体の状態に基づいて、各作業のスケジューリングを最適化することも可能。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

プレスリリース

Google、Web検索に暗号化機能のオプションを提供開始

Googleは5月21日(現地時間)、同社が提供するWeb検索に、暗号化機能のオプションを提供開始した。

このサービスは、URLとして”https://www.google.com/“と入力することで、SSLで暗号化された接続が確立され、これによって検索するフレーズや、表示される結果が暗号化されて傍受されないようになる。

なお、このサービスはまずベータ版として米国が公開され、数日のうちに世界中に公開される予定。また、最終的には同様の暗号化サービスを、同社が提供する全サービスに対して提供する計画だという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

リンクとエーティーワークス、Webサイトの改竄を早期に発見する検知ツール「改竄チェッカー」を専用ホスティングサービスにて提供開始

リンクエーティーワークスが共同で展開している専用ホスティング「at+link」は5月19日、Webサイトの改竄被害を定期的にチェックしてメールで通知し、その記録をブラウザで一元管理できる「改竄チェッカー」を、 at+linkの専用サービスとして提供開始した。「改竄チェッカー」は、インフォリスクマネージとat+link が共同で展開している「Gumblar Watch」としても提供される。

「改竄チェッカー」は、改竄の事実を迅速に把握し、サイト内のファイルが追加・更新・削除されると、通知メールが即座に管理者に送信される。通知を受信した後、ブラウザの管理画面にアクセスし、追加・更新・削除されたファイルの一覧から、自らが行った更新作業の記録を削除することで、心当たりのない更新記録が把握できる。すべての作業がメールとブラウザで管理できるため、手間をかけずに改竄の有無がチェックできる。これにより、改竄の事実がわかりにくいGumblarの被害などから守ることが可能。

改竄チェッカーの利用料金例は、初期費用が10,500円、月間利用料が1ドメイン7,350円となっている。Gumblar Watchの利用料金例は、改竄被害調査と改竄チェッカーのセット料金が初期費用525,000円~、月間利用料7,350円(いずれも1ドメインまで)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

チェック・ポイント、機能とプロセス両面からデータ損失防止を実現する「Check Point DLP」を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは4月16日、ネットワーク・ベースの情報漏洩対策ソリューション「Check Point DLP」を発表した(DLP=Data Loss Prevention)。

Check Point DLP は、法規制の対象となる情報や機密情報、知的財産など重要情報の意図せぬ漏洩を未然に防ぐソリューション。データ侵害を検知できるマルチデータ相関分析エンジンと、ポリシーに抵触する潜在的な違反に対してユーザが適切にデータを保護できるように人的ミスをリアルタイムに是正する機能も備える。トラフィック転送タイプはSMTP、HTTP、FTPを含む、多くのプロトコルに対応している。

Check Point DLPの機能は、ユーザ対応型の問題是正機能「UserCheck」、3層型のエンジンにより知的財産や個人を特定可能な情報やデータの相関分析と分類を行う「MultiSpectエンジン」、事前定義された250種類以上の「ベストプラクティスポリシー」、単一のインタフェースからセキュリティ・ポリシーを管理できる「ポリシーの集中管理機能」などからなる。これらの機能により、不正な意図の有無にかかわらず企業の機密情報の漏洩を防ぐ。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

HDE、中小企業向けWeb&Mailセキュリティアプライアンスサーバ「tapirus Mv1000/2000」発表

HDEは3月10日、WebとMailのセキュリティ対策をゲートウェイで実現するアプライアンスサーバ「tapirus Mv1000/2000」を3月31日より販売開始すると発表した。

「tapirus」は、HDEとエフセキュアの緊密なアライアンスにより、WebとMailのセキュリティ対策を一括で行うセキュリティアプライアンスサーバです。ハードウェアの購入やアプリケーション・OSのインストールが不要なため、低コストで導入することができ、サポート更新費用も他社類似製品に比べて割安な価格を設定している。

「tapirus Mvシリーズ」は、昨年から猛威を振るうGumblar対策として、ゲートウェイでのHTTP通信チェック機能を標準で搭載した(改ざんされたサイトへのアクセスをブロックする)。ウイルス/マルウェア対策(smtp/http/ftp/pop)、迷惑メール対策を1台のサーバーで賄う。

製品ラインナップは、従業員数1,000名程度をターゲットにした「tapirus Mv1000」と、2,000名程度をターゲットにした「tapirus Mv2000」の二種類。製品価格は「tapirus Mv1000」が798,000円(次年度サポート更新費用が294,000円)、「tapirus Mv2000」が1,298,000円(次年度サポート更新費用が472,500円、いずれも税込)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
「tapirus」
プレスリリース

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress