はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

富士通とLPI-Japan、OSSデータベース技術者育成で提携、「富士通ミドルウェアマスター」にLPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験」を採用

 富士通エルピーアイジャパンは3月31日、オープンソースのデータベース管理システム(DBMS)「PostgreSQL」の技術者育成に向けてパートナーシップを締結したと発表した。

今回の提携によって、富士通のミドルウェア関連の技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」の資格試験の一部に、基準のRDBMSとして「PostgreSQL」を採用しているLPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験 Silver(以下、OSS-DB Exam Silver)」を取り入れ、4月1日より試験の申し込みを開始する。これによって、「OSS-DB Exam Silver」に合格することで、「富士通ミドルウェアマスター」の一つとして「PostgreSQL」の導入・運用が可能な技術者を認定する新しい資格「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」とLPI-Japanの「OSS-DB Silver」の2つの資格を同時に取得することが可能になる。

 富士通とLPI-Japanは、今回の連携を通じて双方の資格認定者を増加させることで、ニーズが高まるOSSデータベース技術者の技術力向上に貢献していく。受験申し込みは4月1日から。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress