はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

US-CERT、IoT機器を悪用したDDoS攻撃の増加傾向について注意喚起

US-CERTは10月14日(現地時間)、IoTを悪用した大規模DDoS攻撃が増加傾向にあると警告した。

今回の発表によると、IoT機器を悪用したDDoS攻撃の増加は、MiraiやBashliteが猛威を振るっていることが要因と見られるという。MiraiやBashliteは、よく利用されるデフォルトのユーザ名とパスワードでネットワーク機器への侵入を試み、ボットネットを構築する。ホームルータや、ネットワーク接続機能を持ったカメラなどの家電製品は、パスワードがデフォルトのものから変更されずに利用されるケースが多く、これらの機器がマルウェアに感染し、ボットネットとなってしまうと考えられる。

なお、同記事の中では感染した場合の対策を紹介している。

1.デバイスをネットワークから切り離す
2.ネットワークとの接続を切った状態でデバイスを再起動する
3.パスワードをデフォルトのものから、強力なパスワードに変更する
4.ネットワークに接続する

IoTのシェア拡大に伴い、今後IoTデバイスを悪用したDDoS攻撃は増加すると予想されているため、US-CERTは管理者に攻撃に対する注意およびIoTデバイスの対策を呼びかけている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
注意喚起本文

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress