はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

「BIND 9」にサービス停止となる脆弱性、修正版がリリース

DNSサーバBINDに、深刻度「高(High)」となる脆弱性が発見された。この脆弱性は、CVE-2016-2776にて指摘されている。

この脆弱性は、実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となることに起因し、悪用されると、提供者が意図しないサービスの停止が発生する可能性がある。

対象となるバージョンは、ISC BIND 9.0.x以降の全バージョン。

ISCは、この脆弱性を修正した「BIND 9.9.9-P3」「BIND 9.10.4-P3」をリリース。ユーザは早期のアップグレードが推奨される。なお、BIND 9.8系列およびそれ以前の系列はサポート終了となっているため、系列のアップグレードが推奨される。

修正されたバージョンのISC BINDおよびISC DHCPは、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JPRSによるアナウンス

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress