はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

KDEベースの統合開発環境「KDevelop 5.0」リリース

KDE Development Enviromentは8月23日(現地時間)、KDEベースの統合開発環境「KDevelop 5.0」をリリースした。

KDevelopは、LinuxなどUNIX系OSにおける統合開発環境 (IDE)。GPLライセンスの下で提供されており、無償で入手・利用できる。Linuxのほか、Solaris、FreeBSD、Windowsなどをサポートしている。また、プレビュー版がWindowsおよびMac OS Xで利用できるようになっている。

KDevelopは、Ada、Bash、C、C++、FORTRAN、Java、Pascal、Perl、PHP、Python、Ruby、SQL など、多数の言語をサポートしている。KDevelopでは、kateなどの組み込みのテキストエディタコンポーネントを採用しており、コンパイラには外部のGNUコンパイラなどを使う。

「KDevelop 5.0」では、C++解析エンジンがclangに変更となったほか、診断機能の更新など、いくつかの機能改善とバグフィクスが施されている。

「KDevelop 5.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress