はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

Microsoft、Windowsのコマンドラインシェル「PowerShell」をLinuxやMac OS Xにも対応化

Microsoftは8月18日、Windowsコマンドラインシェル「PowerShell」をオープンソース化し、LinuxとMac OS Xにも対応したことを発表した。

「PowerShell」は、.NET Frameworkベースのコマンドラインシェル。今回、LinuxやMac OS Xにも対応したことで、LinuxやMac OS Xで動作するアプリケーションも共通のスクリプトで管理などができるようになった。これにより、異なるOSが混在している環境での管理ができるようになる。その他にも、「PowerShell Editor Service」を作成し、VS CodeやSublime Textなどのエディタと連携できるようにした。これによって、たとえばOpenSSHをネイティブトランスポートとして利用できるようにする予定。る。

「PowerShell」のアルファ版やソースコードは、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
PowerShell(GitHub)

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress