はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

日本HP、仮想化環境への移行作業を代行する「VMware Converter P2V移行サービス」を開始

日本ヒューレット・パッカードは2月4日、既存x86サーバ上のOSとソフトウェアを仮想化環境へ移行する作業を代行する「VMware Converter P2V移行サービス」の開始を発表した。

本サービスは、日本HP、または日本HP指定のエンジニアが、ヴイエムウェアの提供する「VMware Converter」を用いて、顧客の既存サーバの仮想化環境への移行作業を行うもの。移行元のサーバの対象OSが前提条件のものであれば、HP製以外のサーバからの移行にも対応する(移行先の仮想化環境を稼動するハードウェアはHP ProLiantのみを対象とする)移行対象のOSは、Windows NT Server 4.0 SP6以上+IE5以上/Windows 2000 Server/Windows Server 2003(32ビット及び64ビット版)/Windows XP Professional(32ビット及び64ビット版)。

VMware Converter P2V移行サービスの参考価格は2,520,000円から(税込)。

また、同社は同時に、仮想化技術導入後の効果測定を行い、さらに推奨構成を提案する「VMware Capacity Planner アセスメント・サービス」の価格改定も発表した。従来、最小規模価格を105万円としていたものを、52万5000円(いずれも税込)に改めた。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress