はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

フリービットとfreebit mobile、東京大学大学院情報学環とSDN/NFVを用いたMVNOの実証実験を開始

フリービットは6月30日、東大大学院情報学環にて開発した、SDNとNFV(Network Functions Virtualization)に対応したプログラマブル・ネットワーク・ノード「FLARE」を用いて、ネットワークオペレータが柔軟にネットワークサービスを構築可能にする次世代の仮想移動体通信事業者「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator)の実証実験を開始したと発表した。

今回の実証実験では、国内全エリアでインターネットサービスが利用可能なスマートフォン(freebit mobile PandA 次世代開発機)を実験参加者に無料で貸与し、付加価値サービスを動的に追加可能な次世代のMVNOビジネスモデルを検証する。従来のMVNOに見られる、低帯域・低価格のインターネット接続などの価格競争からの脱却を目指し、新しいビジネスモデルの検証を行う。

東大大学院情報学環では、これまで、エンドユーザの端末とネットワーク内で動作するネットワークサービス機能を連携させることが可能な、SDNとNFVに対応したプログラマブル・ネットワーク・ノード FLAREの研究開発を推進してきた。本共同研究では、FLAREを用いて、低価格競争が進むMVNOの分野へ応用し、差別化に繋がる様々な端末とネットワークの連携技術の研究開発を進めていく。今回、日本全国をカバーする実験用MVNOをフリービットと東大大学院情報学環で共同運用しながら、異常通信を迅速に検知する高度なセキュリティ機能など、実ネットワークに対応した新規技術の共同開発に取り組んでいくという。この取り組みにより、大学発のアイデアを迅速に商用化可能とする、キャリアと大学の産学連携の仕組みの確立や、次世代のMVNOのあり方とマーケティング戦略の共同開発に取り組んでいく。

実証実験期間は、2014年6月15日~2015月3月31日。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress