はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

産総研、「Xenoppix(Xen3.0.2+KNOPPIX5.0.1) CD size」をリリース、iMac CoreDuoなどブート可能な機種が増加

産総研は7月17日、仮想化ソフトウェアXenを搭載したKNOPPIXの最新版「Xenoppix(Xen3.0.2+KNOPPIX 5.0.1) CD size」をリリースした。

Xennopixは、産総研が日本語化・配布を行っているKNOPPIXにXenを搭載したもので、他のOSをスタンドアロンで起動したかのように利用できる。今回発表されたバージョンでは標準のブートローダを変更したことにより、iMac CoreDuoなどのIntel VTや、AMD SVM上の HVM Domainなど、ブート可能な機種が増えている。また、LCATの適用により、起動の高速化が図られている。ただし、iMacでCD起動するためにはSMCのアップデートが必要である、Intelのビデオカード以外のビデオカードが入っている必要があるなどの制限もあるという。

CDサイズであるため、DVDが利用できない光学ドライブからでも起動可能。ISOイメージは、産総研のXennopixのWebサイトからダウンロードして利用することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Xennopix
KNOPPIX 日本語版

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress