はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

インターネットセキュリティシステムズ、Linuxサーバを攻撃から守るホスト型IPSを発表

インターネットセキュリティシステムズは5月23日、LinuxベースのWebサーバやアプリケーションサーバを、外部からの不正な攻撃、内部からの悪意あるファイルの変更、改ざんから守るホスト型IPS、「Proventia Server Intrusion Prevention System for Linux」を発表した。

この製品は、脆弱性研究機関「X-Force」が提供する脆弱性情報をパッチとしてリアルタイムに反映する、プロトコル分析モジュールによる高精度な不正侵入防御機能、どのユーザがどのファイルにどのような操作を行ったかなどを調査・追跡できる監視機能、及びApache Webサーバで利用されるSSL通信(HTTPS)を監視・分析し、通信に含まれる攻撃を検知する、Webアプリケーションプロテクション機能を備えている。

更に今回、「Proventia Server Intrusion Prevention System for Linux」には、同社が開発した新技術、「Buffer Overflow Exploit Prevention」機能が搭載された。この技術は、バッファオーバーフローを起こすウィルスやワームなどの動作を検知し、その実行を遮断する。また、OSのシステムコールを監視し、バッファオーバーフローの脆弱性からアプリケーションを保護する。

価格は1ライセンス20万円(税抜、別途年間保守費用が必要)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress