はじめる人のびぎねっと。

プライバシーポリシー

びぎねっとITニュース

富士通、世界最小・最薄の非接触型静脈センサーを実用化

富士通富士通フロンテック富士通研究所は4月19日、世界最小・最薄となる非接触型手のひら静脈認証センサーを実用化したと発表した。

このセンサーは、非接触かつ反射方式で認証する手のひら静脈認証の優位性を活かし、幅29.0mm、高さ11.2mm、奥行き29.0mmという世界でも最小・最薄のサイズを実現した。また、手のひら静脈を毎秒約20枚連続撮影できる高速撮影機能、その中から認証に最適な画像を瞬時に選び出して自動的に照合する機能を搭載している。これにより、従来のようにセンサーの上で手のひらを静止させるのではなく、タッチさせるような感覚で認証できるようになり、高精度、かつ軽快な操作性を実現している。

「静脈認証」は、通常は目に見えない手のひらや指などの静脈パターンを読み取る方式ゆえ、高い精度を持ちながら、「偽造」や「なりすまし」などの不正行為に対して強堅。また、手のひら静脈は指静脈などと比べて静脈の本数が多く複雑な形状のため情報量が多く、本人拒否率 0.01%、他人受入率 0.00008%といった高い認識率が実証されているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
手のひら静脈認証

« | »

 

このページのTOPへ

Powered by Wordpress