プログラミング

npm、Node.js向けパッケージマネージャ「npm 9.0.0」リリース

npmは10月24日(現地時間)、Node.js向けパッケージマネージャ「npm 9.0.0」をリリースした。

 「npm 9.0.0」は、Node.jsのバージョン「14.17.0以降」「16.13.0以降」「18.0.0以降」向けのパッケージマネージャ。「npm 9.0.0」では、生成したファイルの所有権が変更できなくなったほか、エラーメッセージをJSON形式で標準出力に出力するようになるなど、さまざまな新機能が追加されている。一方で、いくつかの古くなった機能の廃止および挙動の変更なども加わっている。

 なお、「npm 9.0.0」は、「Generally Available」リリースとはなっていない。今後、Node.jsの開発プロジェクトと協議しながら、Node.jsの古いバージョンでも動作することを確認しつつ、「Generally Available」(latest)に近づけていくという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]

Blogによる記事